自助努力が基本ですが、物理的、能力的制約で、自分ではなかなか難しいことで、(Rが広まる為に)他の方にやってもらえたらなぁという妄想を書き込んでください。

注意:新規記事用の入力欄は以下の目次の直後にあります。また、各記事への追加コメントの入力欄は、各記事の後にあります。





マルチCPUの対応R

初心者 (2011-12-27 (火) 17:42:51)

ネットのチュートリアルを実行したものです。
どうもCPUの使用率を見ていると、WINDOWS7 64ビット AMD4CPUで25%以上あがりませんでした。
できたら、最大CPU使用率を指定できるようにして、その範囲でRを実行できるといいな。

例)40%とか60%とか80%とか。

このようなCPU使用率の定義して使用するソフトを具体的に忘れましたが、見たので、解析などでCPUを使うRでもできると処理時間短縮につながるかなと思いました。

もっといいのは、CPU使用率を動的に変えることができたり(5分間隔とか10分間隔とかこれも時間がパラメータになっていて、時間や日などに変更できると無駄な処理が減りますね)、一時停止機能があるといいな。(割り込みでちょっと処理をしたいときに便利です)


Rのパッケージについて

(2010-07-26 (月) 15:51:36)

Rの古いパッケージのソース(XXX.tar.gz)をWin用のバイナリー(.zip)に変える方法を教えてください。


cat について

お偉い人にお願い (2007-01-02 (火) 21:35:46)

複数の要素を書き出すための cat ですが,最後に改行するかどうかについてのパラメータがあると良いのではないかと思います。
たとえば,

x <- c(3,1,4,7,2)

を出力するときに

cat(x, "\n)

とすると,行末に半角空白(" ")が残ります。
半角空白を残さないためには,

cat(x); cat("\n")

としなければなりません。
行末に余分な空白が残ろうが残るまいがどうってことないかもしれませんが,もし,数値間に"+"記号を挿入するために,

cat(x, "\n", sep="+")

とすると,実際に実行しなくても,

3+1+4+7+2+

となるのは,明らかです。
意図したことをちゃんとやろうとするためには,

cat(x, sep="+"); cat("\n")

としなければならないでしょう。
このようなことをしなくてもすむように,たとえば crlf のような引数を造設して,crlf=TRUE なら出力後改行復帰(crlf)し,FALSE なら何もしないというよういしてもらえるといいのかな(キータッチは得しないかもしれないけど)

cat(x, sep="+", crlf=TRUE)

みたいになるわけだ。
従来のパッケージや実行例で cat を使った例では,実際に出力例の行末に半角空白を含むものは多数見られる(それで,何が悪いと思われると,どうしょうもないのだが)。 従来の使われ方を見ると,新設の引数のデフォルトは,「改行をしない」という方になるんだろうが。
他の関数で,「なんで,こっちがデフォルトになっているんだろう??」と思う場合があるのは,このようなことがあるからではないかと思うのだが,邪推だろうか。


デジタル信号処理

ワース (2006-05-09 (火) 18:09:25)

ChebychevやButterWorthといったフィルタの計算や、伝達関数モデルのシミュレーションができるパッケージが欲しいなあ。
今のところfilterやARMA等で全部やれっていう感じみたいだけど、matlabと比べるとどうしてもこの点で劣っているのが目立つから残念。(商用のmatlabと比べると他にもいろいろ劣ってる部分はあるだろうけど…)
simulinkのようなGUIで無くても、関数群だけでもそろっているとうれしい。
フリーのscilabのソースなどを誰かすごい人が移植してくれないかなあ…。


R/SQL

arch (2005-05-14 (土) 09:56:26)

SASのSQLprocedureのように、
data frameをsql構文で操作できるパッケージがあったら幸せだと思いませんか?

Rに精通しているひとには無用な長物でしょうか?


学生向けの発表会があったらいいな

mint (2005-03-23 (水) 20:37:09)

こんな感じの発表会があったらいいな.

2004年度 S-PLUS学生研究奨励賞 結果発表
http://www.msi.co.jp/splus/events/student/04kekka.html

SPSS Open House 研究奨励賞
http://www.spss.co.jp/ronbun/index.html


MDS,クラスター分析

まぐさん (2004-12-16 (木) 12:02:48)

マハラノビス距離を用いて,MDSやクラスター分析をしたいのですが.

distには,マハラノビス距離がないですよね.
お願いします.


for文中でコンソール画面に逐次途中経過が表示できると嬉しい

KabuTaro (2004-12-15 (水) 08:42:50)

例えば
for(i in 1:10){重たい処理;print(i)}
とするとコンソール画面をマウスクリック等でアクティブにしたときだけ
iの値が表示されます。特にエディタ上から実行したときなどはコンソール画面を
アクティブにしない限り途中経過が表示されないのでここらへんを改善してほしいです。


weka

お願いするだけ (2004-09-16 (木) 17:14:39)

どなたか、weka と r の利用例、紹介してくれないかなぁ


MacintoshにおけるRの使用環境

ぱるすき (2004-08-27 (金) 18:30:42)

Mac版のRはAppleScriptに対応していることなどで
かなり使い勝手がいい(よくなる可能性がある)と
思うのですが、そういう記述を見かけません。
他にも例えばmiというフリーのテキストエディタは
TeXやプログラミング言語等の記述に利用されているように
有用なRのモードが公開されればEmacsなどよりも初心者に
薦められるものだと思います。
すでにmiのRモードなど作成された方は居られないでしょうか?

tell application "OpenMenu Prefs" to set selected_str to cmContext as string
-- OpenMenu等を使わずに、クリップボード内のデータを利用
-- tell application "Finder"
--     activate
--     set selected_str to (the clipboard) as string
-- end tell
on theCellList(selectedStr)
    local defaultDelim
    local theList
    local num_row
    set defaultDelim to AppleScript's text item delimiters
    set AppleScript's text item delimiters to return
    set theList to text items of selectedStr
    set num_row to number of every item of theList
    repeat with i from 1 to num_row
        set AppleScript's text item delimiters to tab
        set (item i of theList) to text items of (item i of theList)
    end repeat
    set AppleScript's text item delimiters to defaultDelim
    return theList
end theCellList
set selected_cells to theCellList(selected_str)
set matrixdata to "matrix(c("
set num_col to number of first item of selected_cells
set num_row to number of every item of selected_cells
repeat with i from 1 to num_row
    repeat with j from 1 to num_col
        if ((i = num_row) and (j = num_col)) then
            set matrixdata to matrixdata & (item num_col of (item num_row of selected_cells))
        else
            set matrixdata to matrixdata & (item j of (item i of selected_cells)) & ","
        end if
    end repeat
end repeat
set matrixdata to matrixdata & "), ncol=" & num_col & ", byrow=TRUE)"
--display dialog matrixdata
tell application "R"
    activate
    cmd "cor(" & matrixdata & ")"
end tell

既存の統計学の教科書

学生 (2004-07-21 (水) 08:08:30)

SASやSPSSの統計教科書は既に多く発刊されてますが
それらを,Rのコードでプログラム部だけ公開するのは
著作権に触れますか?


放送大学

(2004-06-11 (金) 00:45:38)

番組で R が使われる日が来るのだろうか?


sem パッケージ

(2004-05-27 (木) 11:50:20)

どなたか、解説書いていただけませんか?


RとC++やFortranのリンクの解説

(2004-05-26 (水) 12:20:33)

Cの例(Rから他言語利用)はあるのですが、他の言語で作成されたパッケージをRから呼び出したいので、その他の言語の例も詳しく。できましたら。


help 関数の改良版求む

(2004-03-27 (土) 07:21:34)

R プログラミングの達人に求む。help(hoge) でオブジェクト hoge が見つからないと、R
は help.search("hoge") を試してみろとサジェスチョンしてくれますが、これを再び入力(もしくは C&P)するのは結構面倒です。Help(hoge) とすると、もしオブジェクト hoge があれば、help(hoge) を実行、さもなければ help.search("hoge") を実行してくれる関数はどうすれば作れるのでしょうか。できれば ??hoge とでもできるといっそう便利(もしくは help 関数そのものを再定義)ですが。ひょっとして既にそうしたものがあるのでしょうか?


Rファイルのアイコン

(2004-02-25 (水) 18:44:02)

 拡張子Rのソースコードファイルに相応しいアイコンを提供していただけないでしょうか。ウインドウズユーザーなのですが、マイクロソフトの旗印アイコンでは日ごろから味気ないと感じてますので。


SにあってRにないもの

(2004-02-25 (水) 13:35:43)

SにあってRにないものについて語りましょう。
例えば、SではlogoでSのマークが表示できるらしいですが、Rにはないみたいです。


R-1.8.1-2vl1.i386.rpmのアナウンス

谷村 (2004-02-05 (木) 11:42:27)

大変お待たせしましたが、R本家へR-1.8.1-2vl1.i386.rpmをアップロードしました。日本語版ではなく、オリジナル版なのでご注意を。

テスト中の新掲示板が消えたようなので、こちらに書きますが、VInePlusへは
日本語版Rをputしたらどうでしょう。私自身は特に必要に迫られているわけではないのですが、Rの普及に、是非と思いました。
sambaのように、R-1.8.1-2_ja_1-0vl1.rpm などと名前を付けられてはいかがでしょうか。VineSeedPlusともどもお願いします。
ほとんど個人宛に近い要望でした。


Ctrl+キーは変更可能?

Windows ユーザー (2003-10-25 (土) 10:25:03)

 元に戻すのつもりで、ついCtrl+Zなどとしてしまいます。
癖は直せなくてもRを変えられれば良いのですが。


PC-UNIXユーザがwindows版Rを使う際のTips集を求む

(2003-08-27 (水) 11:57:00)

事情によりWindows版Rを使う必要が生じました。
しかし、なんと!write.tableが使えない!

write.table(x,file="c:?hoge.txt")
悩みに悩んだ末、

wirte.table(x,file="c:??hoge.txt")
ということに気がつきました。
Windowsは大嫌いです。
しかし、どうしても使う必要があるときもあるでしょうから、
この際、PC-UNIXユーザがwindows版Rを使う際のTips集を作りませんか。


Wikiシステムバージョンアッププラン

岡田 昌史 (2003-07-24 (木) 01:45:24)


こんなことを考えてます。ご意見お願いします。

  • PukiWiki 1.4系列への移行
  • mimetexの導入
  • Wikiベースでない掲示板の試験的導入
  • GoogleもしくはNamazuによるサイト内検索

ToDo リスト -- 誰か投稿してくれないかな、というリスト

(2003-07-23 (水) 15:59:46)



数式環境

(2003-07-19 (土) 23:27:09)


PukiWiki では mimetex という数式プラグインがあるようですが,これは利用できますか?
他にも同様のプラグインはあるのでしょうか.

R Document にないものは数式と図だと思いますが,この点を Wiki で補完できるのではないでしょうか.


誰か R のマニュアルの改訂に協力してくれないかな

間瀬茂 (2003-07-19 (土) 21:49:56)


題名通りの願望。ここにきて私の訳したマニュアルの存在がやっと外(統計学会というせまい世界の外)の世界に知られてきたような気がします。となると、適当に改訂しないと申し訳ないような気が。小野さんの R intro 改訂ボランティア作業を見ると、そんなに大幅には変わっていないようですが、むしろどこが変わったかを逐一調べる方が作業になりそう。英語版の変更点の調査だけでも歓迎します。


書式付きのprintが欲しいな -> 解決済み

青木繁伸 (2003-07-10 (木) 13:25:15)


本来 R は,そのようなことを主目的にしてはいないのだろうけど,結果を書き出すときに,書式を指定できればいいな

JavaScript も,標準ではそのような機能を持っていないので,作りましたけど,R ではそのときに使ったような下請け(道具)関数がないのかな?

## various formats of pi :
    sprintf("%f", pi)
    sprintf("%.3f", pi)
    sprintf("%1.0f", pi)
    sprintf("%5.1f", pi)
    sprintf("%05.1f", pi)
    sprintf("%+f", pi)
    sprintf("% f", pi)
    sprintf("%-10f", pi)# left justified
    sprintf("%e", pi)
    sprintf("%E", pi)
    sprintf("%g", pi)
    sprintf("%g",   1e6 * pi) # -> exponential
    sprintf("%.9g", 1e6 * pi) # -> "fixed"
    sprintf("%G", 1e-6 * pi)

マクロが使えるようになるといいな -> 解決済み

青木繁伸 (2003-07-10 (木) 13:22:58)


C の #define みたいなもの

mul <- defmacro(a, b, expr={a*b}}
mul(i, j+k)  # i*(j+k) に展開される(らしい)  

C 風には i*j+k に展開されるのでこっちの方が少し良いと書いてあります。これは青木さんが求めているものに近いのでしょうか。-- 間瀬茂 2003-07-10 (木) 23:15:13


RをインストールしたKNOPPIXを作成する方法 -> 解決済み

谷村晋 (2003-07-10 (木) 12:26:10)


KNOPPIXの再構築はVMWareとハイスペックなPCがあれば簡単にできます。
http://kinneko.homelinux.net/wiki/KnoppixOwn
上記URLが参考になります。バージョンが古いため、それなりに読み替えが必要です。

Rのインストールは、apt-get を使う方法と、CRANからdebファイルをダウンロードしてインストールする方法があり、この2つの方法ではインストールされるバージョンが違うので注意が必要です。


KNOPPIX-jp に R を組み込む -> 解決済み

間瀬茂 (2003-07-10 (木) 09:05:47)


CDROM ブート可能なフル Debian+KDE Linux に R を組み込めれば、CDROM 一枚で R を使った統計学の講義が、家庭の MSW 機の使用を前提に、可能になるのですが。電源を切れば、後にはカボチャの馬車しか残らないという優れものです。


日本語が通るRwebを -> セキュリティー等で難しそう

(2003-07-10 (木) 00:35:48)


RwebというWeb上からRが使える環境を作れますが、是非日本語の説明付きの日本語の入出力が出来るRwebをつくれば、Rをインストールするかどうか迷っている人にとってlook and feelが分かっていいのではないでしょうか?あまり大変な計算ばかりされても困るでしょうから、他の業務に差し支えないような範囲のパワーのみRwebに回るようにして、なんとかならないでしょうか?->サーバー管理者



添付ファイル: fileR.ico 3923件 [詳細] fileHelp.R 1792件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-01 (日) 01:15:59