A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

CRAN パッケージリスト
  CRAN パッケージリスト(A〜E)
  CRAN パッケージリスト(F〜L)
  CRAN パッケージリスト(M〜R)
  CRAN パッケージリスト(S〜Z)


リンク切れになっていたので,エンコーディングの変更とサーバーの変更に対応させた 2017/04/17

CRAN パッケージリスト(S〜Z)




S

s20x: Stats 20x

Stats 20x 関数

sampfling: Sampford サンプリング(不等確率の非復元抽出)

sampleSelection: 標本選択モデル

標本選択モデル推定

sampling: 標本調査

標本抽出およびキャリブレーションをおこなう関数

sapa: 物理アプリのための Insightful 作成のスペクトル分析

書籍 Spectral Analysis for Physical Applications, Donald B. Percival and Andrew T. Walden, Cambridge University Press, 1993 のソフトウェア

SAPP: 点過程の統計分析

点過程の統計分析用関数

sas7bdat: SAS データベースリーダ (experimental)

sas7bdat データ形式の SAS ファイルを読む

SASmixed: "SAS System for Mixed Models"からのデータセット

Littel, Milliken, Stroup and Wolfinger (1996), "SAS Syste m for Mixed Models", SAS Instituteの例に対応した lme 分析のデータセットとサンプル

scapeMCMC: MCMC 診断プロット

マルコフ連鎖モンテカルロ診断プロットは、'scape'パッケージが付属する。本パッケージの目的は'coda' 及び 'lattice'両パッケージより既存のツールを組み合わせて、グラフィックの詳細を容易なものにする。このパッケージは、アプリの如何に関わらず、 MCMC 分析を利用するユーザにとっては有益なものになりうる。

scatterplot3d: 3D 散布図

3次元の (3D) ポイントのcloudをプロット。

scatterplot3d(3D 散布図)パッケージ中のオブジェクト一覧?

sciplot: 要因計画用科学グラフ作成関数

一元ないしは高次の要因計画より収集されたデータについてのエラーバー(error bar)を持つグラフ作成関数コレクション

scout: 共分散正則化回帰のための Scout 法の実装

Journal of the Royal Statistical Society, Series B に掲載された Witten and Tibshirani (2008)の"Covariance-regularized regression and classification for high-dimensional problems"に記述のある共分散正則化回帰回帰のための Scout 法の実装<http://www-stat.stanford.edu/~dwitten>

sdcMicro: 公的及び科学的利用ファイルのための統計データの個票開示における開示制限手法

統計機関及び他の機関からのデータはほとんどが秘匿されたものである。本パッケージは(ミクロ)データの保存作成のために、すなわち公的及び科学的利用ファイルのために利用できる。

sde: 確率微分方程式のためのシミュレーションおよび推定

書籍 'Simulation and Inference for Stochastic Differential Equation(確率微分方程式のためのシミュレーションおよび推定)', Springer, NYの必携パッケージ.本パッケージは素案である.本が出版されるまであまり当てにしないでね.

seacarb: 海洋炭酸塩系のパラメータ計算

海洋炭酸塩系のパラメータ計算

seao.gui: シンプルな進化アルゴリズム最適化:グラフィカル・ユーザ・インターフェース

Graphical interface for seao-package用グラフィカル・ユーザ・インターフェース。関数は別々に呼び出されるが、他の関数をすべて呼び出せる関数もある。グラフィカル・ユーザ・インターフェースを使う関数は、コマンド・ラインより呼び出される関数ほど柔軟性は持っていない。これについては将来変更されるかもしれないが、しかしこれはどうかな...

seao: シンプルな進化アルゴリズム最適化

seao(シンプルな進化アルゴリズム最適化 )パッケージ中のオブジェクト一覧?

sem: 構造方程式モデル(Structural Equation Models)

このパッケージには潜在変数を含む一般線形構造方程式モデルをRAMアプローチを使って最尤法で解く関数と観測変数のみの構造方程式モデルを2段階最小二乗法で解く関数とが含まれます。

sem(構造方程式モデル)パッケージ中のオブジェクト一覧?

SEMModComp?: SEM 用モデル比較

構造方程式モデリング(SEM)にあるような平均と共分散構造モデルについての当てはめの違いのテストをおこなう。

sendplot: 対話的プロットを送るツール

データ可視化ツール sendplot(対話的プロットを送るツール)パッケージ中のオブジェクト一覧?

sensitivity: 感度分析

因子のスクリーニング(ふるい分け)およびモデル出力の大域感度分析のための関数コレクション

SensoMineR: R を使った感覚データ分析

感覚データ分析用 R パッケージ

SenSrivastava?: センとスリヴァスタヴァのデータセット(Datasets from Sen & Srivastava)

センとスリヴァスタヴァによる「回帰分析、理論、方法そして応用」Springer社に登場するデータセット。個々のデータソースについては本の中で説明されています。

serialize:シンプルなシリアル化インターフェース

接続先とのシンプルなシリアル化インターフェース。

session: R セッションとの対話、保存およびリストア用関数。

外部プログラムからRプロセスを運用するための補助関数。このパッケージはセッションの情報を保存、回復する関数を含む。また、Rの命令を含むスクリプトを評価し、実行結果や出力を返す関数を含む。

sets: 集合および一般化集合

通常の集合のためのデータ構造及び基本演算、ならびにファジー集合、マルチ集合及びファジーマルチ集合のようなものの一般化

SGCS: 空間ポイントパターンのための空間グラフベースのクラスタリング要約

空間ポイントパターンのためのグラフベースのクラスタリング要約。次の4つの関数を含む。連結性関数、累積連結性関数及びクラスタリング関数これらに加えてトリプレット強度関数T。

sgeostat: S+の地球統計モデリング用オブジェクト指向フレームワーク

S+の地球統計モデリング用オブジェクト指向フレームワーク

shapefiles: ESRI のシェープファイルの読み書き

ESRIのシェープファイルの読み書きのための関数群 shapefiles(ESRIシェープファイルを読み書きする)パッケージ中のオブジェクト一覧?

signal: 信号処理

一般的な Matlab/Octave 互換信号処理関数セット。フィルタ生成ユーテリティ、フィルタリング関数、リサンプリングルーチンおよびフィルタモデルの可視化を含む。このパッケージは内挿関数およびいくつかの Matlab 互換関数も含んでいる。

simecol: 生態学(および他の)動的システムのシミュレーション

生態学(および他の)動的システムをシミュレートするためのオブジェクト指向フレームワークおよびツール

simecol(生態学シミュレーション)パッケージ中のオブジェクト一覧?

simFrame: シミュレーション・フレームワーク

統計シミュレーション用一般フレームワーク

skills: 知識空間のスキル

Duentsch、Gediga、Doignon 及び Falmagne による、スキルと知識状態との間のコレクション、及び、経験で得られた知識構造

sm: カーネル平滑化メソッド: Bowman & Azzalini (1997)

sma: 統計的マイクロアレイ解析

探索的マイクロアレイのためのいくつかのシンプルな関数を含んだパッケージ。

smacof: 多次元尺度のための /smacof

本パッケージは以下に示す、多数化(majorization)手法ストレス最小化に基づく多次元尺度構成法(MDS)の手法を提供する。すなわち、非類似性行列のための単純な smacof、矩形行列のための smacof(展開モデル)、配置に制約のある smacof、個人差のための3つの smacof( idioscal, indscal, および identity についての制約を含む)および smacof (primal and dual algorithm)

SMPracticals: Davison (2003):Statistical Modelsを用いた演習

本パッケージは書籍 Statistical Models (Davison, 2003, Cambridge University Press)の付録 A に説明のある演習と一緒に使用するデータセット及び少数の関数。演習自体は http://statwww.epfl.ch/davison/SM/ にある。

sn: 歪んだ正規分布と歪んだ t 分布

一次元および多次元の場合の、歪んだ正規分布と歪んだ t 分布を扱う関数と、それらのデータへの当てはめ用の関数

sna: 社会ネットワーク分析用ツール

社会ネットワーク分析用各種ツール。ノードおよびグラフ・レベル・インデックス、構造的距離および共分散手法、構造同値の検出、p* モデリングおよびネットワークの可視化を含んでいる。

sna(社会ネットワーク分析ツール)パッケージ中のオブジェクト一覧?

snow:ワークステーションのシンプルなネットワーク

Rのシンプルな並列コンピューティングのサポート。

snowfall: snowfall

並列 R プログラムの開発を容易にするのための snow 回りのトップレベルのラッパ。クラスターがなにもない場合、すべての関数はシーケンシャルモードで動作する。パッケージはクラスター管理ツール sfCluster コネクターとしても設計されているが、これがなくても使用できる。

SoDA: データ分析用ソフトウェア

書籍"Software for Data Analysis: Programming with R"からのユーティリティおよび例

som(GeneSOM改称):自己組織化マップ

自己組織化マップ(遺伝子のクラスタリングの応用)

som(旧名GeneSOM)(自己組織化マップ)パッケージ中のオブジェクト一覧?

SortableHTMLTables: データフレームをソート可能なテーブルを含む HTML ファイルに変える

SortableHTMLTables はデータフレームをソート可能なテーブルを含んだ HTML ファイルに出力する。ソートは jQuery プラグインの Tablesorter を使っておこなわれる。体裁は CSS ファイル及びいくつかの GIF で調節される。

sound:Rのサウンド・インターフェース

wavファイルとサウンドのサンプルを扱う基本関数。

sp: 空間データ用のクラスおよびメソッド

空間データ用のクラスと、それらを扱うためのメソッドを提供する。

sp(空間データ用クラスおよびメソッド)パッケージ中のオブジェクト一覧?

spam: 疎なマトリックス

疎なマトリックス代数の関数セット。パッケージ 'fields' v4.1 では必須パッケージとして spam を利用している。SparseM/Matrix との相違点は、(1)マトリックスの形式サポートは1形式のみ、(2)明白かつ単純な構造に基づいている、(3) S3 および S4 互換であること。

SparseM: スパース(疎)な線形代数

スパース(疎)なマトリックスのための基本的な線形代数

spatgraphs: 空間ポイントパターンのグラフ

空間ポイントパターンツールとして使用されるグラフ、グラフの可視化およびグラフベースの要約。空間ポイントパターンの詳細は 'spatstat' パッケージを参照のこと。

spatgraphs(空間ポイントパターンのグラフ)パッケージ中のオブジェクト一覧?

SpatialEpi?: さまざまな空間疫学分析

クラスター検出、疾病地図化 SpatialEpi(さまざまな空間疫学分析)パッケージ中のオブジェクト一覧?

SpatialExtremes?: 空間的極値のモデリング

本パッケージは空間的極値のモデリングのいくつかのアプローチを提案する。 SpatialExtremes(空間極値のモデリング)パッケージ中のオブジェクト一覧?

spatialkernel:多変量空間点過程における空間隔離のノンパラメトリック推定

多変量空間点過程データ用エッジ修正カーネル密度推定およびバイナリカーネル回帰推定(binary kernel regression estimation)

spatialsegregation: マルチタイプ空間ポイントパターン用分離度計測

グラフベースの近隣記述を用いたマルチタイプ空間ポイントパターン用分離度計測用関数と指数。以下の指数を含む。Mingling, Shannon, Simpson (非空間も含む)。関数は以下を含む。Mingling, Shannon, Simpson, ISAR。また近隣は、図形、K 最近隣、Gabriel、 ドロネイ。

spatstat: 空間ポイント・パターン分析

multitype/marked ポイントおよび空間共分散を含めた空間ポイント・パターン分析、モデリングおよびシミュレーション

spatstat(空間ポイント・パターン分析)パッケージ中のオブジェクト一覧?

spBayes:単変量・多変量統計空間モデリン

spBayes は潜在的に複雑な階層型エラー構造(hierarchical error structures)にガウスモデルをあてはめる。spBayes はマルコフ連鎖モンテカルロ(MCMC)を使ってガウスモデルをあてはめる。

spcosa: 空間被覆サンプリング

K平均法で作成したコンパクトな地理的「層」からの空間被覆サンプリング及びランダムなサンプリング spcosa(空間被覆サンプリング)パッケージ中のオブジェクト一覧?

spatcounts: 空間計数回帰

MCMC を用いた空間 CAR 計数回帰モデルのあてはめ spatcounts(空間計数回帰) パッケージ中のオブジェクト一覧?

spdep: 空間従属性: 重み付けスキーム、統計量およびモデル

空間重み付きマトリックス・オブジェクトを、ポリゴンの隣接関係より、および、距離と三角形網による点分布よって生成する関数のコレクション。この関数コレクションはこれらのオブジェクトの要約用であり、かつ、これらのオブジェクトを利用して空間分析を可能にするためのもので、最小木による領域集計も含む。空間自己相関には、グローバルMoranのI、APLE, Gearyの C、Hubert/Mantel 一般積率統計量、経験的ベイズ推定および Assuncao/Reis インデックス、Getis/Ord Gおよび多色ジョイン・カウント統計量、ローカルMoranのIおよびGetis/Ord G、グローバルおよびローカル Moran のIための鞍部近似および正確検定を含む空間的自己相関の検定コレクション、さらには、および空間同時自己回帰モデル(SAR) ズレおよび誤差モデルの推定、重み付きおよび重みなしの SAR および CAR 空間回帰モデル、セミパラメトリックおよび Moran 固有ベクトル空間フィルタリング、GM SAR 誤差モデルおよび一般化空間2段階最小二乗モデルのための関数を含んでいる。

spdep(空間従属性)パッケージ中のオブジェクト一覧?

spgrass6: GRASS 6.0 地理情報システムと R のインターフェース

GRASS 6.0 地理情報システムと R のインターフェース, GRASS 環境内部より R を実行する

spgrass6(GRASS 6.0 地理情報システムと R のインターフェース) パッケージ中のオブジェクト一覧?

splancs: 空間および時空間の点分布分析

空間および時空間の点分布分析関数

splancs(空間および時空間の点分布分析)パッケージ中のオブジェクト一覧?

spls: 疎な部分最小二乗 (SPLS) 回帰

本パッケージは、疎な部分最小二乗回帰あてはめる関数を提供している。

splus2R: R に欠けている S-PLUS の機能を追加する Insightful(S-PLUSの開発元) のパッケージ

現在多くの S-PLUS の関数が R には欠けている。S-PLUS のモジュールやライブラリを R パッケージに変換することを容易にするために、本パッケージは R に欠落した S-PLUS の機能を提供するのに役立つものである。

spssDDI: SPSS システムファイルを読み、有効な DDI バージョン 3.0 ドキュメントを生成する。

SPSS システムファイルを読み、有効な DDI バージョン 3.0 ドキュメントを生成する。 spssDDIパッケージ中のオブジェクト一覧?

spsurvey: 空間調査計画と分析

アメリカ環境保護庁の環境モニタリング・アセスメントプログラム(EMAP)で利用されている確率調査の計画と分析に必要なアルゴリズムを実装した関数グループ

spuRs: 書籍 "An Introduction to Scientific Programming and Simulation, Using R" のための関数及びデータセット

本パッケージは書籍 "An Introduction to Scientific Programming and Simulation, Using R"からの関数及びデータセットを提供する。

sqldf: R データフレームで SQL による選択を実行する

パッケージ sqldf 1つの関数のみ含んでいる。 sqldf というこの関数は SQL 文の引数を1つ持ち、通常の R のデータフレーム名と同じ名前のテーブル名に対して検索をおこなう。sqldf はデータセットをセットアップ、データフレームをデータベースにインポート、SQL 文の実行と検索結果の受け取りといったことがらを透過的におこなう。検索結果である戻り値のデータフレームの各カラムについて、どのクラスに割り当てるかはヒューリスティックに決める

SQLiteDF: SQLite テーブルにデータフレームやマトリックスを格納

SQLite テーブルに、透過的にデータフレームやマトリックスを格納する

SQLiteMap?: SQLite を使ったベクターグラフィック地図の管理パッケージ

いくつかのサーバーベースのデータベース管理システムは、SQL 用の OpenGIS Simple Features 仕様を実装している。OpenGIS 仕様は、地物をあらわす2つの標準的な方法、すなわち、Well-Known Text (WKT) 形式および Well-Known Binary (WKB) 形式を定義する。WKT と表 WKB は双方とも地物を形作るフィーチャの型と座標についての情報を含む。これらのシステム(たとえば、PostgreSQLPostGIS, MySQL, ORACLE, MSSQL) は、同じデータベースの中に、トポロジーフィーチャと記述データを蓄積できる。しかしながら、これらのシステムは、ユーザーが、空間データを利用する実行サービスに対する許可またはサーバーのインストールを必要としていることを前提としている。いくつかの事例では、ユーザーは、異なるコンピュータおよびプラットホーム上で、地図データベースの利用できれば、有用である。SQLite は、ポータブルなデータベースのいい選択であり、これはプラットホーム独立であり、SQLite データベースを管理する R パッケージがいくつかある。不幸にも、SQLite には空間拡張機能がなにもなく*1、しかし、SharpMap? ライブラリーのための SQLite 拡張機能がある。このソリューションのアイデアに従い、本パッケージはユーザーが、 SQLite で、空間フィーチャを読み書きできるように開発された。地物フィールドをもつ各テーブルはレイヤとして取り扱われる。テーブルは、WKT 形式で、ひとつのジオメトリーフィールドの中にトポロジーフィーチャを含む。標準的な地図ファイルをSQLite テーブルの変換には、maps2WinBUGS を利用できる。

SQLiteMap(SQLite を使ったベクターグラフィック地図の管理)パッケージ中のオブジェクト中の一覧?

SSSR: R を使ったサーバーサイドスクリプティング

本パッケージは R をサーバーサイドスクリプティング言語として利用して、セッション、アプリケーション及びクッキーのサポートをおこなう。

stab: 薬物安定性についてのデータ分析

ICH ガイドライン(3バッチプロファイル推定のようなもの)に基づく薬物安定性についてのデータ分析のためのメニュー駆動型パッケージ。

startupmsg: スタートアップメッセージ用ユーティリティ

スタートアップメッセージ用ユーティリティ

stashR: 共有リポジトリ(SHared Repositories)管理ツールセット

共有リポジトリ管理ツールセット

StatDataML: StatDataML ファイルの読み書き

StatDataML ファイルの読み書き

statmod: 統計モデリング

種々の生物統計モデリング関数。

stream.net: バイナリの流路網の構築および解析

サンプルデータを用いた2分木としての流路網の作成・インポート・属性・解析・表示関数。関数の機能には、上下流間の距離行列、流路網の確率的生成、流路分割による到達域、特定の統計分布を使った到達域に属性の追加、疎なデータより到達域属性の内挿、到達域で属性の自己相関分析、属性の凡例付き地図作成が含まれる。ターゲットのアプリケーションは魚の動的モデル化を含む。

stringr: 文字列の扱いを容易にする

stringr は、R の文字列関数をより一貫性があり、単純で、使いやすくするにするシンプルなラッパーセット。これをおこなうために、次のことがらを保障している。関数と引数(及び位置)の一致、すべての関数がNA と文字長が0を適切に扱い、各関数からの出力データ構造が他の入力関数のデータ構造と一致。

strucchange: 構造変化のテスト

一般化変動検定と F (Chow) 検定の枠組からの、線形回帰関係、構造変化特性の検定/手法による、検定、更新、モニタリング。それぞれ、当てはめ、プロット、変動過程の検定(例えば CUMSUM, MOSUM, 繰返し/移動推定)と F 統計量を含む。変動過程を用いて、オンラインで到着するデータをモニタすることが可能である。最後に、構造変化を伴う回帰モデルの転換点を信頼区間とともに推定できる。データを可視化することを常に重視している。

subplex: subplex 最適化アルゴリズム

Tom Rowan により開発された条件なしの最適化のための subplex アルゴリズム

subselect: 変数部分集合の選択

三つの異なる基準 (Yanai の GCD, Escoufier の RV, そして McCabe? のRM) を用いて、完全なデータセットの代理としての変数サブセットの品質を評価する。また、シミュレーティッドアニーリングアルゴリズム、遺伝アルゴリズム、または制限付き改良アルゴリズムを用いて、これらの基準の下で最良なサブセットを探索する。

sudoku: 数独パズルソルバー

数独パズルを解く。

superpc: 教師つき主成分

回帰分および生存分析のための教師つき主成分。マイクロアレイデータを含めた高次データに有用。

SuppDists?: 補助的な分布関数

survey: 複雑な標本調査の解析

階層化、クラスター化、非一様標本調査に対する要約統計量、一般化線形モデル、そして一般化最尤推定。

surveyNG: survey パッケージの実験改定版

複雑な調査サンプル -- データベースインターフェース、疎なマトリックス。

survival: 生存分析、罰則付き尤度を含む。

生存分析: 記述統計、二標本検定、パラメトリックな accelerated failure モデル, コックス・モデル。 すべてのモデルに対して遅延項目(打ち切り)が、パラメトリックモデルに 対しては、区間的打ち切りが許される。

survival(生存分析、ペナルティ付き尤度を含む)パッケージ中のオブジェクト一覧?

survrec: 循環イベントデータのための生存分析

Pe-Strawderman-Hollanderの使用した循環イベントデータのための生存関数の推定、Whang-Chang 推定量およびGamma Frailty モデル下でのMLE 推定。

svcR: svcR パッケージ

svcR はクラスタリングにサポートベクターマシンを実装

systemfit: 同時方程式推定パッケージ

本パッケージは、通常最小自乗法(OLS), Seemingly Unrelated Regressions (SUR), 二段階最小自乗法 (2SLS), そして三段階最小自乗法 (3SLS) を用いて同時方程式系を当てはめるための関数を含む。

systemfit(同時方程式推定パッケージ)パッケージ中のオブジェクト一覧?

T

taskPR: タスク並列 R パッケージ

タスク並列 R ("task-pR") システム。R パッケージとして、再パッケージ。

tcltk2: Tcl/Tk 補強

スタイル及び様々な関数をもつ一連の追加 Tk ウィジェット(Windows 下で動作: DDE 交換、レジストリ及びアイコン操作へのアクセス)。tcltk を補完するためのものである。

tis: 時間索引と時間索付き系列

時間索引と時間索付き系列のための関数および S3 クラス。これにより FME の度数と比較できる。

tensor: 配列のテンソル積

二つの配列のテンソル積は概念的に、適当な対角軸に沿って総和することにより、特定の量に関して縮退された外積である。

tkrplot: TK Rplot

Tk widgetにRグラフィックスを配置するシンプルなメカニズム

tm: テキストマイニングパッケージ

R内でのテキストマイニングアプリケーション・フレームワーク

tm.plugin.mail: テキストマイニングEメールプラグイン

tm テキストマイニングフレームワーク用プラグイン。メール処理機能を提供。

topmodel: R への水文学モデル TOPMODEL の実装

水文学モデル TOPMODEL の R での実装で、 Keith Beven の 1995 FORTRAN 版に基づくもの。本バージョンは、Huidae Cho が GRASS に移行実装した C 言語のものを作り変えたもの。 topmodel(R への水文学モデル TOPMODEL の実装)パッケージ中のオブジェクト一覧?

torus: トーラス・アルゴリズム

準乱数生成用トーラス・アルゴリズム

tossm:空間構造手法の検証

集団の空間的遺伝構造を検出し、管理する各手法の検証可能なフレームワークを提供する

trajectories: 軌跡

軌跡のためのツール

tree: 決定木と回帰木(CART)

決定木と回帰木(CART)。

trimcluster: トリミングつきクラスター分析

調整された K 平均クラスタリング

tripack: 不規則な間隔の空間データの三角形網の生成

制約付き2次元ドロネイ三角形網パッケージ

tripack(不規則な間隔の空間データの三角形網の生成)パッケージ中のオブジェクト一覧?

TSdbi: 時系列データベースインターフェース

TSdbi は時系列データベースの共通インターフェースを提供する。本パッケージの目的は標準インターフェースの定義である。これにより、ユーザは、単純で、共通のコマンドセットを使って様々なソースから時系列データを検索できる、プログラムをデータソースについてポータブルなものに書くことができる。SQL 実装は、また、データベーステーブルの設計を提供でき、時系列データベースをセットアップする必要のあるユーザーは、これを容易にする無理のない完全な方法をもてる。インターフェースは、R での時系列の表現についてのさまざまなオプションを提供する。また,多言語データドキュメンテーションを扱うメカニズム(まだ十分にはテストされていはない)もある。

tseries: 時系列分析とコンピュテーショナル・ファイナンス

時系列分析とコンピュテーショナル・ファイナンス用パッケージ

tseries(時系列分析とコンピューテーショナル・ファイナンス)パッケージ中のオブジェクト一覧?

tsfa: 時系列因子分析

多変量時系列因子の抽出。詳細については、 ?00tsfa-Introで参照のこと。

TSfame: fame 用時系列データベースインターフェース拡張機能

Sfame は、TSdbi 用 fame インターフェースを提供する。

TShistQuote?: get.hist.quote 用 TSdbi インターフェース

TSdbi パッケージで、総称のために、履歴引用 URL よりデータを検索するメソッドを提供する

TSMySQL: MySQL 用時系列データベースインターフェース拡張機能

TSMySQL は TSdbi に MySQL インターフェースを提供する。

TSodbc: ODBC 用時系列データベースインターフェース拡張機能

TSodbc は TSdbi 用 ODBC インターフェースを提供する

TSP: 巡回セールスマン問題 (TSP)

巡回セールスマン問題 (TSP)用基本基盤およびいくつかのアルゴリズム。パッケージはシンプルなアルゴリズムと Concorde*2(現在のところ最高速の TSP ソルバー)インターフェース。ソルバーそのものはパッケージには含まれていないので、別途入手する必要がある。パッケージは現状では対称 TSPサポートのみの実装であることに注意。

TSpadi: PADI 時系列サーバ(例 Fame)用 Tsdbi インターフェース

時系列データベースへのアプリケーションデータベースインターフェース (PADI)プロトコルを通じて接続する TSdbi パッケージのジェネリック手法を提供する

TSPostgreSQL: PostgreSQL 用時系列データベースインターフェース拡張機能

TSPostgreSQL は、TSdbi 用 PostgreSQL インターフェースを提供する

TSSQLite: SQLite 用時系列データベースインターフェース拡張機能

TSSQLite は TSdbi 用 SQLite インターフェースを提供する

TTR: テクニカル・トレーディング・ルール

R を使ってテクニカル・トレーディング・ルールを構築する関数とデータ

tweedie: Tweedie 指数族モデル

Tweedie 族のための最尤計算

twitteR: R ベースの Twitter クライアント

Twitter ウエブ API インターフェースを提供する twitteR(R ベースの Twitter クライアント)パッケージ中のオブジェクト一覧?

twostage:平均スコア手法を用いた2段階学習の最適化デザイン

平均スコア手法を用いた2段階学習の最適化デザイン用関数

U

UScensus2000: R パッケージのアメリカの2000年のセンサス・スイート

アメリカの2000年のセンサス アメリカの2000年のセンサスのシェープファイル、及び、SF1(要約(集約)ファイル) 100 パーセントファイルからの追加人口データ。本パッケージは、 UScensus2000blk, UScensus2000blkgrp, UScensus2000tract, UScensus2000cdp パッケージのためのヘルパー関数を多く含む。

UScensus2000add: R パッケージのアメリカの2000年のセンサス・スイート:人口データの追加

アメリカの2000年のセンサスのシェープファイル、及び、SF1 100 パーセントファイルからの追加人口データ。本パッケージは、 UScensus2000addblk, UScensus2000addblkgrp, UScensus2000addtract, UScensus2000add パッケージのためのヘルパー関数を多く含む。

UScensus2000cdp: アメリカの2000年の国勢調査指定地域のシェープファイル及び追加人口データ

アメリカの2000年の国勢調査指定地域(CDP(census-designated place))のシェープファイル、及び、SF1 100 パーセントファイルからの追加人口データ。このデータセットは緯度経度座標のポリゴンファイル、及び、これに対応する多くの異なる変数の人口データを含む。

UScensus2000tract: アメリカの2000年の人口調査標準地域レベルのシェープファイル及び追加人口データ

アメリカの2000年の人口調査標準地域レベルのシェープファイル、及び、SF1 100 パーセントファイルからの追加人口データ。このデータセットは緯度経度座標のポリゴンファイル、及び、これに対応する多くの異なる変数の人口データを含む。

V

vardiag: バリオグラム診断用パッケージ

このパッケージは対話型バリオグラム診断(diagnostics)ができる。

vardiag(バリオグラム診断)パッケージ中のオブジェクト一覧?

vbmp: 変分ベイズ多項プロビット回帰

正規過程事前分布(Gaussian Process Priors) を持つ変分ベイズ多項プロビット回帰。(Neural Computation 18, 1790-1817 (2006))

vcd: カテゴリカル・データの可視化

Michael Friendlyの本 "Visualizing Categorical Data" に基づく関数とデータセット。

vegdata: R での植生分析のための植生データベース(Turboveg)を利用する関数。

Turboveg データベースからの植生データセットの処理。ドイツ分類標準リストでデータベースの分類評価。

vegan: 群集生態学パッケージ

群集生態学と植生学用の序列化手法とその他の有用な関数

VIM: 欠損値の可視化と補完

本パッケージは欠損値の可視化のための新しいツールである。このツールは欠損値のデータや構造の探索に利用できる。構造に依存するので、本ツールは欠損値の生成メカニズムの識別に役立つものである。グラフィカルユーザインターフェースにより、実装された手法を容易に操作できる。

VLMC: VLMC -- 可変長マルコフ連鎖

VLMC (可変長マルコフ連鎖) モデルの推定、予測、そしてシミュレーション (ブートストラップ) 用の関数、クラス、メソッド

VR: Venables and Ripley, `Modern Applied Statistics with S' (4th edition) をサポートする関数とデータセット。

パッケージ MASS class nnet spatial からなる。

vrmlgen: 3次元データ可視化用の作図、チャート及びグラフを VRML 形式で作成。

vrmlgen は数値データを3次元表現に変換することで、3次元散布図、メッシュ、棒グラフ及びグラフを、仮想現実マークアップ言語(Virtual Reality Markup Language)、VRML 形式で表示する。

vrmlgen(3次元データ可視化用の作図、チャート及びグラフを VRML 形式で作成) パッケージ中のオブジェクト一覧?

vrtest: 市場弱度効率性の分散比検定

分散比検定コレクション

W

wasim: WaSiM-ETH 用お役立ちツール

水文モデル WASIM-ETH のデータ処理と結果の可視化のためのお役立ちツール

waterfall: waterfall チャートを描画

伝統的な方法と lattice による waterfall チャートを描画する

waveslim: 時系列および画像解析用ウェーブレット基本ルーチン

時系列および画像解析用ウェーブレット基本ルーチン。ここで提供されているコードは Percival and Walden (2000) および Gencay, Selcuk and Whitcher (2001)の開発したウェーブレット手法に基づかれている。 GSW の4章から7章までの図はすべて、このパッケージを使って複製したものであり、Rのコードは本のウェブサイトで入手できる。

wavethresh: ウェーブレット統計と変換を実行するソフトウェア

1次元および2次元のウェーブレット統計と変換を実行するソフトウェア

wccsom: ピークシフトを利用したパターン比較のための SOM ネットワーク

ピークシフトを利用したパターン比較のための SOM ネットワーク

wgaim: 混合モデルを用いた QTL 検知のための全部のゲノム平均間隔マッピング

本パッケージは洗練された混合モデリング手法に、連鎖地図における重要な QTL 検知のための全ゲノム手法を統合するものである。

wild1: 野生生物の調査・管理用 R ツール

野生生物の調査・管理で利用するためのクラス、メソッドおよび例を提供する。

wikibooks: ドイツ語 WikiBook? "GNU R" の関数とデータセット

ドイツ語の WikiBook? "GNU R" は 新しいユーザに R を紹介した。本パッケージはドイツ語 WikiBook? "GNU R" で使われた関数とデータの集まりです。

WINRPACK: WIN 形式のデータの読み込み

WIN ファイルの選択および波形ファイルの読み込み、RSEIS 用のデータの準備。 WINRPACK(WIN 形式のデータの読み込み)パッケージ中のオブジェクト一覧?

wle: 重みつき尤度推定

重みつき尤度経由の頑健性アプローチ。

wmtsa: 時系列分析のための Insightful 作成のウェーブレット手法

書籍 Wavelet Methods for Time Series Analysis, Donald B. Percival and Andrew T. Walden, Cambridge University Press, 2000 のソフトウェア

WWGbook: WWGbook用関数およびデータセット

書籍は Chapman Hall / CRC Press が 2006 年に発行した "Linear Mixed Models: A Practical Guide Using Statistical Software"。

X

xgobi: グラフィカル分析プログラム XGobi とXGvis インターフェース

グラフィカル分析プログラム XGobi とXGvis インターフェース。

XLConnect: R 用 Excel コネクタ

R より、Excel ファイルを操作

XLConnectJars?: XLConnect パッケージのための JAR 依存部分

本パッケージはXLConnect パッケージのための外部 JAR 依存部分を提供する

xlsReadWrite?: Excel ネィティブファイルの読み書き

Excel ファイルをネィティブに読み書き

xlsReadWrite(Excel ネィティブファイルの読み書き)パッケージ中のオブジェクト一覧?

XML: R およびS-Plus内でXMLをパースまたは生成するツール。

任意のXMLファイル、DTDおよびHTMLをパースする機能で、R関数を使ってカスタマイズできるイベントとツリーベースのパースを提供する。

xtable: 表を LaTeX や HTML に移す

データを LaTeX と HTML の表に変換する

Y

yaImpute: k-NN 補間用 R パッケージ

データ補間のために御馴染みの最近隣ルーチンを実行する

YaleToolkit?: Yale 大学のデータ探索ツール

データ探索ツールのこのコレクションは複雑な多変量データのグラフィカル探索用に Yale 大学で開発されたもの。提供される関数は以下のものを含む。barcode(),gpairs(),corrgram(),whatis(),sparkline(),sparklines(), および sparkmat()。

yaml: R - YAML 相互変換方法

本パッケージは、R 用の why (http://www.whytheluckystiff.net/syck) によるSyck YAML パーサを実装している。また、R オブジェクトを YAML に変換する方法もある。

yest: ガウス独立モデル

ガウス独立モデルのモデル選択と分散推定

Z

ZIGP:ゼロ強調一般化ポアソン (ZIGP) 回帰モデル

ZIGP 回帰モデルのあてはめてと分析


*1 最近 SpatiaLiteという空間拡張モジュールが公表された。
*2 利用は学術研究用のみ

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google
WWW を検索 OKADAJP.ORG を検索
Last-modified: 2017-04-17 (月) 18:14:33 (126d)