A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

CRAN パッケージリスト
  CRAN パッケージリスト(A〜E)
  CRAN パッケージリスト(F〜L)
  CRAN パッケージリスト(M〜R)
  CRAN パッケージリスト(S〜Z)


リンク切れになっていたので,エンコーディングの変更とサーバーの変更に対応させた 2017/04/17

CRAN パッケージリスト(F〜L)




F

FactoClass?: 要因分析とクラスター分析の組み合わせ

要因分析とクラスター分析によるデータテーブルの多変量探索

fame: FAME 時系列データベースインターフェース

FAME 蓄積/検索関数を含み、さらに FAME 度数と互換性のある時間インデックスおよび時間インデックス付きシリーズの関数および S3 クラスも含む.

faraway: Julian Faraway の本の関数およびデータセット

典拠となる本は、CRAN の "Practical Regression and ANOVA in R(R における実践的な回帰と ANOVA)"、CRC press から 2004 年 8 月に出版された "Linear Models with R (R を利用した線形モデル)" 、そして、準備中の "Extending the Linear Model with R (R を利用した線形モデルの拡張)"。

faraway(Julian Faraway の本の関数およびデータセット)パッケージ中のオブジェクト一覧?

fArma: ARMA 時系列モデリング

「金融工学およびコンピューテーショナル・ファイナンス」教育用環境

fAsianOptions?: EBM およびアジアオプション査定

「金融工学およびコンピューテーショナル・ファイナンス」教育用環境

fAssets: Rmetrics - 資産およびモデリング

「金融工学およびコンピューテーショナル・ファイナンス」教育用環境

fastICA: ICA(独立成分分析) と Projection Pursuit法を実行する FastICA アルゴリズム

fBasics: Rmetrics - マーケットと基本統計

「金融工学およびコンピューテーショナル・ファイナンス」教育用環境

fCalendar: 時間およびカレンダーオブジェクト

「金融工学およびコンピューテーショナル・ファイナンス」教育用環境

fCopulae: Rmetrics - コピュラをもちいた依存構造

「金融工学およびコンピューテーショナル・ファイナンス」教育用環境

fdim: フラクタル次元計算用関数

フラクタル次元計算用関数

fdim(フラクタル次元計算関数群)パッケージ中のオブジェクト一覧?

fEcofin: 経済金融データセット

「金融工学およびコンピューテーショナル・ファイナンス」教育用環境

fExoticOptions?: 非標準型オプション査定

「金融工学およびコンピューテーショナル・ファイナンス」教育用環境

fExtremes: Rmetrics - Extreme 金融マーケットデータ

「金融工学およびコンピューテーショナル・ファイナンス」教育用環境

ff: フラットファイルライブラリ

巨大なベクトルおよび多次元配列用に設計されたフラットファイルデータベース

fGarch: Rmetrics - 自己回帰条件付き分散不均一モデリング

「金融工学およびコンピューテーショナル・ファイナンス」教育用環境

fields: 空間データ用ツール

fields は曲線、曲面およびスプライン、空間データおよび空間統計に重点をおいた関数のあてはめ、大規模データ用三次方程式、ロバストおよび薄板スプライン、多変量クリギングおよびクリギングといった主要な手法を含める。ひとつの主な特徴が、R に実装された共分散関数が空間予測に利用できるということである。空間データを画像として作図および作業する有用な関数もある。本パッケージは大規模データセット用の疎なマトリックス手法の実装も含んでおり、現状では疎なマトリックス(spam)パッケージを必要としている(しかし、これは標準的な空間関数用ではない)。help(fields) 関数から始めて、概要を知ろう。

fields(空間データ用ツール)パッケージ中のオブジェクト一覧?

FieldSim?: ランダムフィールドシミュレーション

本パッケージはランダムフィールドをシミュレートするルーチンを提供する

fImport: Rmetrics - 経済・金融データインポート

「金融工学およびコンピューテーショナル・ファイナンス」教育用環境

FinTS: Tsay (2005) Analysis of Financial Time Series 必携

Tsay (2005) Analysis of Financial Time Series, 2nd ed. (Wiley) の R 必携。例のいくつかを動かすのに必要なデータセット、関数およびスクリプトファイルを含む。バージョン 0.2-x は、テキストやスクリプトファイルで用いるすべてのデータファイルの R オブジェクトを含み、1 章及び 2 章に加え 3 章および 11 章の一部の分析のほとんどを再現する。

FKBL: ファジー知識ベース学習

本パッケージはファジー推論エンジン R+C の実装。本パッケージはコンパイル済みの C/C++ コードのスピードと統計とグラフィックス表現における R の融通性を組み合わせたもの。いくつかの推論手法をサポート。

flexmix: 柔軟な混合モデル

fMultivar: 多変量マーケット分析

「金融工学およびコンピューテーショナル・ファイナンス」教育用環境

FNN: 高速最近隣探索アルゴリズム及びアプリケーション

高速 K 次最近隣探索アルゴリズム及びアプリケーションの集まり。パッケージクラスには、cover-tree、KD 木及び最近隣アルゴリズムを含む。これに付け加えて、KNN 分類、回帰及び情報測定も実装されている。

fNonlinear: 非線形カオス時系列モデリング

「金融工学およびコンピューテーショナル・ファイナンス」教育用環境

foba: 変数の貪欲な選択

greedy variable selection foba は前進、後退、foba 疎な学習アルゴリズムを実装したパッケージである。このアルゴリズムは論文 "Adaptive Forward-Backward Greedy Algorithm for Learning Sparse Representations"に記述がある。

fOptions: オプション査定の基本

「金融工学およびコンピューテーショナル・ファイナンス」教育用環境

forecasting: forecast, fma, Mcomp のバンドリング

予測用関数およびデータセット

foreign: Minitab, S, SAS, SPSS, Stata, ... で保存されたデータを読み込む

Minitab, S, SAS, SPSS, Stata, ... で保存されたデータを読み書きする関数

foreign(Minitab, S, SAS, SPSS, Stata, ... で保存されたデータを読み込む)パッケージ中のオブジェクト一覧?

forward: 前進検索

線形と一般化線形回帰モデルにおける頑健解析への前進検索

fpc: 不動点クラスター、クラスター回帰、そして判別プロット

fPortfolio: Rmetrics - ポートフォリオおよび最適化

「金融工学およびコンピューテーショナル・ファイナンス」教育用環境

fracdiff: 非整数階差分 ARIMA (p,d,q) モデル

非整数階差分 ARIMA (p,d,q) モデル (Haslett and Raftery, Applied Statistics, 1989) の最尤推定

fractal: Insightful(S-PLUSの開発元) フラクタル時系列モデリング分析

書籍 William Constantine and Donald B. Percival共著, Springer 刊"Fractal Time Series Analysis in S-PLUS and R"の開発中のソフト。

fractalrock: 非正規再現分布をもつフラクタル時系列の生成

時系列のフラクタル生成を導出する基本原理は解像度の増加レベルに基づいたデータの反復生成である。初期の系列はいわゆる初期パターンで定義して、続いて、ジネレータを使って初期パターンの各セグメントを置き換えていく。通常、繰り返しパターンは同じ種とジェネレータを用いて生成する。一組のジネレータを使うことで、非反復時系列を生成する。このテクニックが本パッケージのフラクタル時系列生成の基礎となるものである。

frontier: 確率的フロンティア解析

確率的フロンティア生産コスト関数。2つの仕様が利用できる。すなわち、エラー成分仕様とモデル仕様である。前者は時間変動効率性をもち(Battese and Coelli, 1992)、後者では企業効果が多くの変数によって直接影響を受ける(Battese and Coelli, 1995).

FSelector: 属性の選択

本パッケージは任意のデータセットから属性を選択する関数を提供する。属性のサブセットの選択はできる限り関係のない冗長な情報を識別し、取り除く過程である。 FSelector(属性の選択 )パッケージ中のオブジェクト一覧?

fSeries: 金融時系列オブジェクト

「金融工学およびコンピューテーショナル・ファイナンス」教育用環境

fTrading: 技術トレーディング分析

「金融工学およびコンピューテーショナル・ファイナンス」教育用環境

fUnitRoots?: トレンドおよびルート

「金融工学およびコンピューテーショナル・ファイナンス」教育用環境

fUtilities: ユーティリティ関数

「金融工学およびコンピューテーショナル・ファイナンス」教育用環境

fxregime: 為替制度の分析

(事実上の)為替制度の推定、検証、日時測定およびモニタリングのための為替回帰及び構造変化ツール

G

ga: GA (遺伝アルゴリズム)

非 CRAN パッケージ (マニュアル付き)http://www.dst.unive.it/~claudio/R/index.html#ga

ga(遺伝的アルゴリズム)パッケージ中のオブジェクト一覧?

g.data: 遅延データパッケージ

gafit: 曲線当てはめに対するジェネティックアルゴリズム

ユーザーの定義した式から一群の標本点を評価する。標本点はその式に代入される値をともなったパラメータのリストである。ジェネティックアルゴリズムはこの式をできるだけ小さくししようと試みる(普通この表現式は残差平方和である。)

GAMBoost: 尤度ベースのブースティングによる一般化線形及び加法モデル

本パッケージは尤度ベースのブースティングによる一般化線形及び一般化加法モデルにあてはめるルーチンを提供する。本パッケージは罰則付き B スプラインを利用している。

games: ゲーム理論の統計的推定

戦略的統計モデルのための推定と分析の関数を提供する。

gamm4: mgcv と lme4 を利用する一般化加法混合モデル

Fabian Scheipl のトリックによって推定に lme4 を利用した、mgcv の gamm 関数による一般化加法混合モデルのあてはめ

gbm: 一般化ブースト回帰モデル

このパッケージは Freund and Schapire の AdaBoost? アルゴリズムと J. Friedman の gradient boosting machine の拡張を実装している。最小自乗法による回帰手法、絶対損失、ロジスティック、ポアソン、コックス比例ハザード偏尤度、そして AdaBoost? 指数損失を含む。

GDD: gd ライブラリを使った、JPEG,PNG または gif 形式のビットマップグラフィックス作成用 gd デバイス

ビットマップ (png, gif および jpeg)作成のためのプラットフォームおよび X11 に依存しないデバイス GDD(gdライブラリを使ったJPEG,PNGまたはgif形式のビットマップグラフィックス作成用gdデバイス)パッケージ中のオブジェクト一覧?

gdistance: 地理格子上の距離と経路

地理格子上の距離と経路の計算。

geepack: GEEのパッケージ

一般化推定方程式パッケージ

Geneland: 景観遺伝学(Landscape genetics)のシミュレーションおよび MCMC推定

地理参照遺伝データから空間構造の検出

genetics: 集団遺伝学

遺伝子データを扱うクラスとメソッド。複数の染色体と複数の座位における単一マーカーの遺伝子型とハプロタイプを表現するクラスを含む。関数は、対立遺伝子頻度、ホモ・ヘテロ接合子にフラグをたてる、ある対立遺伝子の保有者にフラグをたてる、Hardy-Weinberger 不均衡の推定と検定、連鎖不均衡の推定と検定、等等

GenKern?: 一般化カーネル密度推定の生成と、操作のための巻数

一般化カーネル密度推定を計算

geofd: 関数値データの空間的な予測

クリギングベースの手法を利用した関数値の空間データについての予測

GEOmap: 地形図および地質図の作図

地図投影法(正逆)、投影図、地質図、地質図記号、地質データベース、対話型作図および対象領域の選択作成ルーチン

geomapdata: 地形図および地質図用データ

GEOmap パッケージで使用するデータセット。合衆国、Coso、日本のそれぞれの地図、ETOPO5 および ETOPO2 を含む。

geometry: 格子生成およびサーフェス空間分割

本パッケージは R で、qhull ライブラリ (www.qhull.org) を、Octave や MATLABと同じように利用できるようにする。Qhull は凸包、ドロネイ三角形分割、1点についての半空間交差(halfspace intersections about a poin),ボロノイ図、最遠ドロネイ三角形分割(furthest-site Delaunay triangulation)および最遠ボロノイ図(furthest-site Voronoi diagrams)これらを計算する。本パッケージは2次元、3次元、4次元およびより高次元で動作する。本パッケージは凸包計算には、Quickhull アルゴリズムを実装している。Qhull は制約形ドロネイ三角形分割または非凸(non-convex)オブジェクトのメッシュ生成をサポートしていないが、本パッケージはこのオブジェクトに対応しているいくつかの R 関数を含む。目下のところ、本パッケージは、ドロネイ三角形分割および凸包計算のみアクセスできる。

geoR: geoR - 地球統計データ分析用関数

最尤法ベースの手法およびベイズ手法を含む地球統計分析

geoR(地球統計用データ分析用関数)パッケージ中のオブジェクト一覧?

geoRglm: geoRglm - 一般化線形空間モデルに対するパッケージ

一般化線形空間モデルに対する推測用の関数。事後分布と予測はマルコフ連鎖モンテカルロ法に基づく。パッケージ geoRglm はパッケージ geoR の拡張であり、それを先にインストールする必要がある。

geoRglm( 一般化線形空間モデル)パッケージ中のオブジェクト一覧?

geosphere: 球面三角法

地理アプリのための球面三角法

geosphere(球面三角法)パッケージ中のオブジェクト一覧?

geozoo: 幾何オブジェクトの Zoo

本パッケージにより、geozoo で定義した幾何オブジェクトが rggobi を利用して GGobi で表示できる。

getopt: C ライクな getopt の振る舞い

Rscript と一緒にこれを使い、"#!" shebang スクリプトを書いて、短いのと長いフラッグ/オプションを受け取る。

gglmmBUGS: WinBUGS をもちいた一般化線形混合モデル

R2WinBUGS とともに動作し、モデルファイルの書込みおよび不安定なデータの処理。

glasso: グラフィック lasso

グラフィック lasso

gld: 一般化された(Tukey)ラムダ分布用の基本関数

一般化されたラムダ分布、もしくは Tukey のラムダ分布、は一つの関数形で多様な形を提供する。このパッケージは乱数、クォンタイル、確率、そして密度関数を提供する。

GLDEX: 離散化尤度法および最尤法をもちいた、一般化ラムダ分布 (RS および FMKL)の単一および混合のあてはめ

本パッケージは、当てはめアルゴリズムは 2 つ主要な目的があることを考慮している。一つは、ヒストグラムの棒の幅に基づく、重みつきおよび重みなしの離散的なアプローチを使って、データへ分布を当てはめるという平滑化の手段を提供することである。後一つは、最尤推定を用いてデータセットに限定的な当てはめを提供するものである。QQ プロット、KS 再標本抽出検定、データと当てはめられた分布の平均、分散、歪度および尖度の比較によって、適合度の診断をおこなうことができる。

glmmBUGS: BUGS を使った一般化線形混合モデル及び空間モデル

階層及び空間モデル用の bugs モデルを書き、不安定なデータを不調和配列に入れて整え、開始値を作成する。

glmmAK: 一般化線形混合モデル

GLMMGibbs: ギブスサンプリングを用いた一般化線形混合モデル

glmmML: 一般化線形モデル(ランダム切片のみ)

最尤法を用いた混合モデル

glpk: GNU 線形計画キット

GNU 線形計画キット (GLPK) バージョン 4.8.このインターフェースは GLPK C API に似せている.GLPK lpx のほとんどすべてをサポートしている.

gmodels: モデルのあてはめのための各種 R プログラミングツール

モデルのあてはめのための各種 R プログラミングツール

gmp: 多倍長演算

多倍長演算 (任意精度整数と有理数, 素数テスト, マトリックス計算)、C ライブラリ gmp を用いた"arithmetic without limitations"

gmt: GMT 地図作成ソフトウエアの R インターフェース

GMT 地図作成ソフトウエアの R インターフェース. R 内で、ユーザが地理データを操作し、GMT のコマンドを呼び出して、ポストスクリプト形式で地図を描画し、注記を付加できる。 gmt(GMT地図作成ソフトウェアの R インターフェース)パッケージ中のオブジェクト一覧?

gmvalid: グラフィカルモデルの検証

従属モデルを与えるデータセットのシミュレート、ブートストラップを用いたグラフィカルモデルの検証、クロスバリデーションを使ってもっともよい予測モデルを見つける。

goalprog: 重みつきおよび辞書編纂の(lexicographical)目標計画と最適化

重みつきおよび辞書編纂の(lexicographical)目標計画を解く関数を集めたもの。この手法は Lee (1972) and Ignizio (1976)に明記されている。

googlebigquery: Google Bigquery サービスとの通信のための R クライアントライブラリ

本パッケージは Bigquery 問い合わせを実行し、R に検索結果を返す関数を含む。

googleVis: R とともに Google Visualisation API を利用

googleVis は、R と Google Visualisation API との間のインターフェースを提供する。ユーザは本パッケージの関数で、R のデータフレームに蓄積されたデータを、 Google Visualisation API を使って可視化できる。出力を見るには、Flash 付きのブラウザーとインターネットへの接続が必要。

gooJSON: R 用 Google JSON データインタープリター

Google Maps API JSON よりデータ取得するため一連のヘルパー関数。Google Maps API を呼び、結果を R データフレームとして返す。

gpclib: R用ポリゴン・クリッピング汎用ライブラリ

Alan MurtaのC ライブラリをベースにしたR用ポリゴン・クリッピング汎用ライブラリ

gpclib(R用汎用ポリゴン・クリッピング・ライブラリ)パッケージ中のオブジェクト一覧?

gplots: データプロット用各種 R プログラミングツール

gputools: GPU 利用可能なデータマイニングのいくつかの関数群

本パッケージは、僅かな数の共通のデータマイニングアルゴリズムへのRインターフェースを提供する。これらのアルゴリズムは nVidiaの CUDA 言語と cublas ライブラリとを混在して使うことで並列で実装されている。nVidia GPU を装着したコンピュータでは、これらの関数は、ネィティブな R ルーチンよりも実質的により効率的なものになる。

gputools(GPU 利用可能なデータマイニングのいくつかの関数群)パッケージ中のオブジェクト一覧?

gRain: グラフィカル独立性ネットワーク

グラフィカル独立性ネットワークにおける確率伝搬用パッケージ

GrapheR: R で高度にカスタマイズ可能な共通のグラフを描画するためのマルチプラットホーム GUI

/GrapheR はR で高度にカスタマイズ可能な共通のグラフを描画するためのマルチプラットホームユーザインターフェース。本パッケージは、R のコマンドの知識なしに印刷可能なグラフをすばやく描画するのをに有益になるようにしている。以下の6種類のグラフが利用可能:ヒストグラム、箱ひげ図、棒グラフ、円グラフ、曲線および散布図。

graphicsQC: R のグラフィックス用の品質管理

本パッケージはグラフィックスファイルを生成、これらと「モデル」を比較し、結果をレポートにまとめる。

grasper: R による一般化回帰分析と空間予測

R-GRASP は一般化回帰分析を用いて、空間予測を自動化する。

GRASS: GRASS 5.0 地理情報システムと R とのインターフェース

 GRASS 5.0 地理情報システムと R とのインターフェースは、GISRC ファイルにセットしている環境変数の値を使って GRASS 環境内部から R を起動することをベースにしている。インターフェースの例はGRASS の外部で動作することになり、他の例はGRASS 内部で動作する。ラッパおよびヘルパー関数はインターフェースのメタデータ構造にマッチしている一連のR関数に提供されている。

GRASS(GRASS地理情報システムとRとのインターフェース)パッケージ中のオブジェクト一覧?

gRbase: gRbase - R のグラフィカルモデルパッケージ

このパッケージは S4 クラスである gmData (グラフィカルメタデータ)、gModel (グラフィカルモデル)を定義し、どのようにして階層型対数線形モデル (hllm) が実装され、dynamicGraph と組み合わされているかを説明する。

gRbase(gRbase - R のグラフィカルモデルパッケージ)パッケージ中のオブジェクト一覧?

gregmisc: Greg の雑関数

gregmisc(Greg の雑関数)パッケージ中のオブジェクト一覧?

grid: グリッド・グラフィックス・パッケージ

グラフィックス・レイアウト性能の書き直したものに、対話型のサポートを付け加えたもの。

GridR: リモートホスト、クラスターまたはグリッド上で関数を実行

GridR はリモートホスト、クラスターまたはグリッド上で、R の関数の実行に使用できる R パッケージである。さらに、ユーザには、他のユーザと変数および関数を共有するインターフェースが提供される。

grImport: ベクトルグラフィックスのインポート

R の plot によるポストスクリプトピクチュアの変換、インポート、描画のための関数。

grnnR: 一般化回帰ニューラルネットワーク

grnnR は トレーニングデータ、P(atterns) および T(argets)から一般化回帰ニューラルネットワークを合成する。

grplasso: Group Lasso 罰則付きユーザ指定モデルのあてはめ

Group Lasso 罰則付きユーザ指定モデルのあてはめ

grplasso(Group Lasso 罰則付きユーザ指定モデルのあてはめ)パッケージ中のオブジェクト一覧?

GSA: 遺伝子集合分析

遺伝子集合分析

gss: 一般的な平滑化スプライン

一般的な平滑化スプラインを用いた構造化多次元関数推定のための包括的なパッケージ

gstat: 多変量地球統計モデリング、予測およびシミュレーション

 日本語マニュアル

gsubfn: 文字列と関数の引数のためのユーティリティ

gsubfn は gsub と同様なものであるが、文字列の置換の代わりに代替機能又は特定の他のオブジェクトをとることができる。マッチングや後方参照(back references)は代替関数への入力であり、関数出力により置き換えられる。gsubfn は、デリミターというよりはむしろ、内容で文字列を分割する、準 Perl スタイルの文字列内挿に用いられる。パッケージはまた式を関数に翻訳して、関数の代わりに関数コール内でこのような式を許す融通性をもっている。これはapply, sapply, lapply, optim, integrate, xyplot, Filter 及び他の関数のような R の関数とともに使うことができる。これらの関数は他の関数を入力引数ないしは、置換したい文字列を含んでもよい cat 又は sql コールのような関数として見込んでいる。

Guerry: Guerry: Guerry(1822) "Moral Statistics of France(フランスの道徳統計)"に関係する地図、データ及び手法

本パッケージは1830年のフランス地図、A.-M. Guerry 他からのデータ及び Guerry の "Moral Statistics of France(フランスの道徳統計)" に関係する統計及びグラフィック手法で構成されている。

gWidgets: ツールキット独立の対話型 GUI 用 gWidgets API

gWidgets は対話型 GUI 構築用のツールキットより独立した GUI を提供する。少なくとも、gWidgetstcltk のような gWidgetsXXX の一つがインストールに必要である。アイコンのいくつかは scigraphica http://scigraphica.sourceforge.net プロジェクト からの借り物である。

gWidgetsRGtk2: RGtk2 用 gWidgets を実装したツールキット

RGtk2 用 gWidgets API のポート

gWidgetsrJava?: rJava 用 gWidgets ツールキットの実装

R と Java 間の rJava インターフェースへの gWidgets API の移植

gWidgetstcltk: tcltk パッケージ用tcltk

tcltk パッケージへ gWidgets API の移植

H

haplo.score: リンケージフェイズが曖昧な時の、表現型とハプロタイプの連関の検定

hdf5: HDF5

NCSA HDF5 ライブラリ・インターフェース

heplots: 多変量線形モデルのテストの可視化

線形仮説および楕円(2次元)と楕円体(3次元)を用いるエラーのための平方積和行列の表現

hexView: バイナリファイルの表示

バイナリエディタのような raw binary のフォームでファイルを表示する関数。任意のバイナリ形式を指定し、読むことのできる追加関数。

HFWutils: CSV のインポート/エクスポート、ガベージコレクション、文字列マッチングおよび参照渡し

本パッケージは、open office の scalc のようなスプレッドシートために R を計算のバックエンドに使ってみることでCSV のインポート/エクスポート用の便利な関数を含む。文字列マッチングや参照渡しも含む。

hier.part: 階層的な分割

多変量データセットの分散分割

Hmisc: Harrell の雑多な関数

Hmisc 関数はデータ分析、高水準のグラフィックス、ユーティリティ操作に有用な関数、標本サイズと検出力の計算、データセットのインポート、欠損値の帰属、高度な表の作成、変数のクラスタリング、文字列操作、S オブジェクトの LaTeX コードへの変換および変数の再コードのための関数を多く含んでいる。バグ報告は 'http://biostat.mc.vanderbilt.edu/trac/Hmisc' へ出してほしい。

hoa: cond, marg, nlreg, csampling のバンドル

高次尤度ベース推定用各種関数

homals: R による等質性解析

tcl/tk インタフェイスを備えた等質性解析 (HOMALS) のパッケージ。tcltk インタフェイスを使うには Tcltk, tkplot をインストールする必要

hsmm: 隠れセミマルコフモデル

隠れセミマルコフモデルの計算パッケージ

httpRequest: 基本的 なHTTP リクエスト

HTTP リクエストプロトコル。GET, POST および multipart POST リクエストを実装。

httpRequest(基本的 なHTTP リクエスト)パッケージ中のオブジェクト一覧?

HWEBayes: 推定及び検証による Hardy-Weinberg 均衡のベイズ研究

ベイズ手法を用いた HWE の推定及び検証。現時点では3つのモデルが考えられている。すなわち、HWE、対立遺伝子度数及び単一同系交配係数 f によるパラメータ化モデル及び飽和モデルである。検証はベイズ因子についてなされる。

hwriter: HTML ライタ

R オブジェクトを HTML 形式に出力するための使い勝手がよくて融通の利く関数

hydrogeo: 地下水データの表示と解釈

主要イオンの水分析からの Piper 図(別名 Piper-Henn 図)描画関数を含む。

HydroMe?: 実験データより土壌水分特性パラメータの推定

本パッケージは曲線あてはめによって浸透率および水分滞留モデルのパラメータを推定する。考慮されているもモデルは土壌科学ではよく使用されているモデルである。

hyperdirichlet: ディリクレ分布の一般化

hyperdirichlet 分布のためのルーチン一式

I

IBrokers: 対話型 Brokers Trader Workstation 用 R API

対話型 Brokers Trader Workstation API ネイティブ Raccess を提供する

ICS: ICS/ICA 経由の多変量データ探索ツール

本パッケージは Tyler et al.'s と Oja 他の2つの散布マトリックスのメソッドを実装して、不変な座標系または独立要素を取得する。

ICSNP: 多変量ノンパラメトリックツール

多変量ノンパラメトリックツール。周辺ランクによる位置母数の検定、空間メディアンおよび空間サイン計算、Hotelling の T 検定、形状母数の推定。

ifa:独立因子分析(Independent Factor Analysis)

独立因子分析(Independent Factor Analysis)を実行するパッケージ

ifs: 繰返しによる関数系推定量

繰返しによる関数系の分布関数の推定量

ifultools: Insightful(S-PLUSの開発元) 研究ツール

nsightful(S-PLUSの開発元) 研究ツール

ig: 逆ガウシアン分布の頑健で古典的なバージョン用パッケージ

逆ガウシアン型分布(IGTD)として知られる逆ガウシアン分布の頑健で古典的なバージョン用ユーティリティーのコレクション。

igraph: IGraph クラス

簡単なグラフ用ルーチン

iid.test:

データが独立同分布であるかの検定

Imap: 対話型マッピング

地図の拡大縮小又は色、線又は点のポリゴンの塗りつぶしおよび縦横比の制御

inetwork: ネットワーク分析と作図

ネットワークのコミュニティ(ないしはモジュール)を同定するためのネットワーク分割アルゴリズムを実装する。次に,ネットワーク作図関数は同定されたコミュニティ構造を利用して、バーテックスを作図する。パッケージはまたバーテックスの選択性(assortativity)および推移性(transitivity)の計算関数も含んでいる。

ineq: 不平等, 集中および貧困の尺度化

不平等, 集中および貧困の尺度, および Lorenz 曲線 (経験的および理論的な).

ineq(不平等, 集中および貧困の尺度化)パッケージ中のオブジェクト一覧?

infotheo: 情報理論測度

本パッケージはいくつかの実装されたエントロピー推定子に基づく情報理論の様々な測度を実装している。

inline: R より C/C++ のインライン関数を呼び出す

本パッケージは C/C++ のインラインコードで、R の関数を動的に定義する関数を提供する

ipred: 改良された予測法

間接的な分類による改良された予測モデル、分類、回帰そして生存時間解析のためのバギング(bagging)、また予測誤差のリサンプリングに基づく推定量

ISA: R のサンプル付き応用統計入門

イタリア語書籍"INTRODUZIONE ALLA STATISTICA APPLICATA con esempi in R", Federico M. Stefanini, PEARSON Education Milano, 2007 のサポート関数セット。

ismev: 極値の統計モデルの紹介

ISOcodes: ISO 選択コード

ISO 言語、地域、通貨、スクリプトおよび文字コード。ISO 639 言語コード、ISO 3166 地域コード、ISO 4217 通貨コード、ISO 15924 スクリプトコードおよび ISO 8859 / ISO 10646 文字コードおよびユニコードデータ表。

ISwR: 'Introductory Statistics with R'のデータセットとスクリプト

P. Dalgaard (2002)著、'Introductory Statistics with R', Springer Verlagのテキストの例と演習用のデータセットとスクリプト。

J

JADE: JADE および ICA パフォーマンス規準

本パッケージは joint diagonalization のための JF Cardoso の JADE アルゴリズムおよび彼の関数を移植したものである。本パッケージは ICA アルゴリズムのパフォーマンス評価規準もまた含まれている。

JavaGD: Java グラフィックスデバイス

グラフィックスデバイスはすべてのグラフィックスコマンドをJavaプログラムに送る。JavaGD の実際の機能は Java サイドの実装に依存する。Simple AWT および Swing の実装が含まれる。

JGR: JGR - R 用 Java Gui

R 用 Java GUI。R 用クロスプラットホームで、汎用かつ統一されたグラフィカルユーザーインターフェース。Windows および Mac OS X のためのフル機能には OS 依存の実行アプリが必要になる。これは、JGR のウェブサイト: http://www.rosuda.org/JGR よりダウンロードできる。

JGR(JGR - R 用 Java Gui)パッケージ中のオブジェクト一覧?

jit: ジャストインタイムコンパイラ

ジャストインタイムコンパイルを可能にする。本パッケージの関数は Ra の下でのみ有効で、R の下では効果がない。jit パッケージのこのバージョンは Ra 1.0.5 用です。

JM: 経時データ及び生存データの統合モデリング

経時データ及び事象までの( time-to-event)時間データの統合モデリングのための共有パラメータモデル

K

kernlab:カーネル手法ラボ

サポートベクトルマシンを含むカーネルベースの機械学習手法

kernlab(カーネル手法ラボ)パッケージ中のオブジェクト一覧?

KernSmooth?: Wand & Jones (1995)のカーネル平滑化関数

Wand, M.P. and Jones, M.C. (1995) "Kernel Smoothing"本に対応したカーネル平滑(密度)関数。

klaR: 分類と可視化

Dortmund大学の統計学科で開発された分類と可視化用の色々な関数

KMsurv: Klein and Moeschberger (1997), Survival Analysis 中のデータセット

Klein and Moeschberger (1997), "Survival Analysis, Techniques for Censored and Truncated Data", Springer, 中の関数とデータセット

knnflex:

 より柔軟な KNN KNN の実装で連続的な応答、最近隣の計算に使用する距離の指定(ユークリッド、2値等)、反応の要約に必要な集計法(多数クラス、平均等)および関係の処理法(すべて、ランダム選択等)が利用できる。 A KNN implementaion which allows continuous responses, the specification of the distance used to calculate nearest neighbors (euclidean, binary, etc.), the aggregation method used to summarize repsonse (majority class, mean, etc.) and the method of handling ties (all, random selection, etc.).

knnTree: ツリーの葉中の変数選択を伴う k-nn 分類

k をクロスバリデーション(前進・後退選択)で選んだ、k- 再近接近傍により構築、予測を行なう。そしてスケーリングを行なう(スケーリング無し、その SD で各コラムをスケーリング、もしくはその MAD で各コラムをスケーリング、から選ぶ)。 最終的な分類子はそれぞれの葉の中にそうした一つの k-nn 分類子を持つ分類木からなるであろう。

kohonen: 教師付き・教師なし自己組織化マップ

教師付き・教師なし自己組織化マップ

kohonen(教師付き・教師なし自己組織化マップ)パッケージ中のオブジェクト一覧?

kst: 知識空間理論

知識空間理論とは集合理論の枠組みで、数理形式主義(athematical formalisms)提案して、特定の領域の知識構造を操作可能にするものである。kst パッケージは基本機能を提供して、知識構造及び知識空間の生成、処理及び操作するものである。

kzs: Kolmogorov-Zurbenko スプライン平滑化およびアプリケーション

有限矩形カーネルの畳み込みベースの空間平滑化アルゴリズム。このパッケージは高水準のノイズがある場合シャープな解像度を提供する。

L

laercio: Duncan テスト, Tukey テスト and Scott-Knott テスト

本パッケージは、群の平均値の多重比較をする関数を含む。

llandsat: 衛星画像のラジオメトリック/地形補正

Landsat ま補正および地形補正を含む。

languageR: 言語学データ分析用データセットおよび関数

統計手法の例示用データセットおよびいくつかの手助けとなるユーティリティ関数

lars: 最小角回帰。Lasso そしてForward Stagewise

単一の最小自乗フィットを用いた全体の lasso 系列を当てはめるための効率的な手順。最小角回帰と無限小前進 stagewise 回帰は lasso に関連する。

lasso2: L1 制約推定、又の名を `lasso'

推定量に L1 制約を課した回帰問題を解くためのルーチンと文書。Osborne et al. (1998) のアルゴリズムに基づく。

lattice: ラティス・グラフィックス

Trellisグラフィックスの実装。?latticeでヘルプを参照のこと。

latticeExtra: Lattice をベースとする追加グラフィカルユーティリティ

Lattice をベースとする追加グラフィカルユーティリティ

latticist: 探索的可視化のための Lattice ベースのツール

Latticist は、探索的可視化のためのグラフィカルユーザインターフェースである。本パッケージの第1の目的は Lattice グラフィックシステムのインターフェースであるが、カテゴリカルデータ用の vc パッケージからの表示もおこなう。多変量データセット(データフレームまたはテーブルいずれかの)があれば、Latticist はデータのプロパティに基づく有用な表示の作成を試みる。

lawstat: 生物統計、公共政策および法律のための R パッケージ

生物統計、公共政策および法律で広範に利用されている統計学的検定に関する R ソフトウェアパッケージ.平均や分散の等しさ、ランダム性、相対的な変動の測度などについてよく知られた検定とともに、パッケージは対称性の新しい頑健な検定、包括的で方向のある正規性検定と、そのグラフィカルな頑健 QQ プロット、分散等の頑健な傾向検定も含んでいる。実装されている検定および手法すべてが、法律統計、経済および生物統計よりシミュレーションおよび実際の例で説明されている。

LearnBayes?: 学習ベイジアン推論用関数

LearnBayes? は、ベイジアン推論の基本原理の学習に役立つ関数コレクションをもつ。本パッケージは基本的な1パラメータ及び2パラメータ事後分布および予測分布を要約する関数をもつ。本パッケージは、利用者の定義する事後分布を要約するまた MCMC アルゴリズムももつ。さらには本パッケージは回帰モデル、階層モデル、ベイジアン検定および Gibbs サンプリングの図解のための関数ももつ。

leaps: 回帰変数の部分集合選択

網羅的探索を含む回帰変数の部分集合選択

lgtdl: 経時的データオブジェクトに対する幾つかの手法

limma: マイクロアレイデータの線形モデル

マイクロアレイデータのデータ解析、線形モデルおよび微分式

linprog: 線形計画/最適化

本パッケージはシンプレックス法を使って線形計画/線形最適化問題の解法に利用できる

lme4: S4クラスを使った線形混合効果モデル

線形および一般化線形混合効果モデルに適合させる。

lmtest: 線形回帰モデルの検定

線形回帰モデルの診断チェック用検定、データセットおよび例のコレクション。

lnMLE: クラスタ化バイナリ(二項)データについてのロジスティック正規モデル

クラスタ化バイナリについての最尤推定

locfit: 局所回帰、尤度および密度推定。

局所回帰、尤度および密度推定。

locfit(局所回帰、尤度および密度推定)パッケージ中のオブジェクト一覧?

locpol: カーネル局所多項回帰

カーネル局所多項回帰の推定量の計算。

LogConcDEAD: 対数的凹形密度の最尤法による推定

ある次元数の対数的凹形密度より i.i.d サンプルデータより最尤法推定計算。1次元および2次元データの作図ができる。

LogicReg?:論理回帰分析(Logic Regression)

論理回帰分析ルーチン

logilasso: 罰則アプローチを使った疎な分割表の分析

罰則アプローチを使った疎な分割表の分析

logspline: 対数スプライン推定。

対数スプラインによる密度関数推定。

lokern: 局所的、大局的なプラグインバンド幅を持つ核関数回帰平滑化

適応的な局所的、大局的なプラグインバンド幅選択を持つ核関数回帰平滑化

lpridge: 局所多項(リッジ)

"lpridge" および"lpepa" は、局所的な帯域幅の利用を含む局所多項回帰アルゴリズムを提供する。

lpSolve: 線形・整数問題解法用Lp_solveインターフェース

Lp_solve は線形、整数および混合整数問題の解を得るための自由に入手できる(LGPL 2 下で)ソフトウェア。この実装では、C のラッパ関数といくつかの R 関数を提供することで、一般線形/整数問題、割り当て問題および輸送問題を解くようにする。本バージョンは lp_solve version 5.5 を呼び出している。

lpSolveAPI: lp_solve v. 5.5 用インターフェース

lpSolveAPI パッケージはlp_solve ライブラリ API 用 R インターフェースを提供する。lp_solve は混合線形問題(MILP)のソルバーである。すなわち、純粋な線形、(混合)整数/バイナリ、半連続および特定順序付集合(SOS)モデルを扱う。

ltm: 項目反応理論にもとづく潜在特性モデル

2値あるいは多値のデータに対して周辺最尤推定アプローチによる項目反応理論を行う汎用フレームワーク。Missing At Randomな欠損値に対しても推定値を算出できる。

ltm(潜在特性モデル)パッケージ中のオブジェクト一覧?

ltsa: 線形時系列分析

線形時系列分析モデリングの開発手法。手法は、対数尤度計算、予測およびシミュレーションに関するものである。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google
WWW を検索 OKADAJP.ORG を検索
Last-modified: 2017-04-17 (月) 18:13:55 (126d)