A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

CRAN パッケージリスト
  CRAN パッケージリスト(A〜E)
  CRAN パッケージリスト(F〜L)
  CRAN パッケージリスト(M〜R)
  CRAN パッケージリスト(S〜Z)


リンク切れになっていたので,エンコーディングの変更とサーバーの変更に対応させた 2017/04/17

CRAN パッケージリスト(M〜R)




M

mapdata:追加地図データベース)パッケージ中のオブジェクト一覧

 maps パッケージの追加.サイズ大きなデータベースおよび、または、高精度のデータベースを提供

mapdata(追加地図データベース)パッケージ中のオブジェクト一覧?

mapReduce: 並列計算用の柔軟な mapReduce アルゴリズム

mapReduce は、並列計算用のシンプルなフレームワークを提供する。本実装は、(a)純粋な R 実装、(b)mapReduce の論文に従うシンタックス、(c)柔軟で並列化可能なバックエンドを提供する。 mapReduce(並列計算用の柔軟な mapReduce アルゴリズム)パッケージ中のオブジェクト一覧?

maps:地図描画

地図表示。投影法のコードと大きなサイズの地図は別のパッケージ(mapproj and mapdata)にある。

maps (地図描画)パッケージ中のオブジェクト一覧?

maptools: 空間オブジェクトの読み込みおよび操作用ツール

地理データを操作し読み込むためのツールのセット、特に ESRI シェープファイル用。ここでは shapelib から利用した C コード。本パッケージは、GSHHS 1.5 海岸線ファイルへのバイナリアクセスを含む。本パッケージはまた、PBSmapping, spatstat, maps, RArcInfo?, Stata tmap, WinBUGS, Mondrian, その他のパッケージを用いた空間オブジェクトを交換するインターフェースラッパも提供する。

maptools(Maptools)パッケージ中のオブジェクト一覧?

maptree: 木モデルのマッピング、刈り込み、そしてグラフ化

階層的クラスタリング、分類、そして回帰木からのマッピング、刈り込み、そしてグラフ化用の、例示用データをもつ関数

marginTree: 高次元の分類のマージン木(margin trees)

高次元分類のためのいくつかの関数。2クラス以上で役立つ。

MarkedPointProcess?: マーク付き点過程分析のマークの分析

マーク付き点過程分析のマークのノンパラメトリック分析

Matrix: R用マトリックスパッケージ

Lapackを利用した線形代数のクラスとメソッド

matrixcalc: 行列微分計算法コレクション

Magnus and Neudecker (1999) Matrix Differential Calculus with Applications in Statistics and Econometrics, Second Edition, John Wiley, New York にある行列微分計算法サポートする関数コレクション。関数のいくつかは、実際のモデルおよび計算で役に立つ APL および J 関数と比較できる。

maxLik: 最尤推定

最尤推定のためのツール

maxstat: 最大選択ランク統計量

MBA: マルチレベル B スプライン近似

マルチレベル B スプラインを利用した散布データ補間

MBESS: 行動、教育および社会科学の手法

MBESS は行動、教育および社会科学の研究者(実質的な研究者および方法論者双方)にとって特に役に立つ手法を実装している。MBESSの中に含まれる手法の多くは計量的な調査に一般的に応用できる。

mblm: メジアンベース線形モデル

本パッケージは Theil-Sen メジアンおよび Siegel 繰り返しメジアンベースの線形モデルを提供する。これらの手法は非常に頑健であり(それぞれ 29 または 50 パーセントのブレークポイント)、外れ値がなにもなければ、推定量は OLS に非常に類似したものになる。

mc2d: 2次元モンテカルロシミュレーション用ツール

各種の分布及びユーティリティーで、Rを利用しやすくし、2次元モンテカルロシミュレーションの構築および研究する。

mclust: モデルを基礎とするクラスター分析

mclust1998: モデルを基礎とするクラスター分析

mclust02: モデルベースのクラスター分析(旧バージョン)

モデルベースのクラスター分析: MCLUST の 2002 バージョン

MCMCglmm: MCMC 一般化混合モデル

MCMC 一般化混合モデル

MCMCpack: マルコフ連鎖モンテカルロ (MCMC) パッケージ

MCMCpackパッケージ(マルコフ連鎖モンテカルロ)中のオブジェクト一覧?

mda: 混合、そして柔軟な判別分析

混合そして柔軟な判別分析、多変量加法的回帰スプライン(MARS), BRUTO, ...

mco: 多規準最適化アルゴリズム

記述なし

MDD: 最小の検出可能な差分計算

いくつかの連続的なかつバイナリの端点のための最小の検出可能な差分計算をおこなう。このパッケージは MDD と臨床的に有意な差分とを、ほとんど同様なテストについて比較するプログラムももつ。

meanscore: ロジスティック回帰モデルにおける欠損共変量に対する平均スコア法

欠損および補助共変量に対する平均スコア法はバイオメトリカの1995年の Reilly & Pepe の論文に記述されている。この尤度に基づく方法はすべての利用可能なケースを利用可能であり、したがってより効率的な推定を与えるであろう。この手法は cohort, case-control デザインに適用可能である。

mefa: 動物相計数データ処理とレポート作成

動物相計数データ処理とレポート作成用 R パッケージ。'mefa' という名称は,基本データの操作が第一であるが、そのほとんどが重要で時間のかかるデータ分析の部分であるというのを指す 'metafaunistics' という 用語を意味するものである。本のパッケージは基本的な動物相係数データ(標本/種/数)を組み合わせたオブジェクトの作成と管理をおこなう関数を含んでいる。ゼロカウントを含む係数データ及びサンプル内のセグメントが示され、続く操作で使用される。レポートはテキスト形式および LaTeX 形式で生成される。

memisc: 調査データ、グラフィックス、プログラミング、統計およびシミュレーション

本パッケージの目的の一つは、調査データセットを扱う R ユーザの生活を楽にすることである。このパッケージは値のラベル、定義できない欠損値、変数の記録、符号表作成および SPSS および Stata これらのファイル(のサブセット)のインポート含む調査データ管理の基盤を提供する。さらには、記述統計の表とデータフレームおよび回帰モデル推定の(ほとんど)印刷品質の表も提供する。また、グラフィックス、プログラミングおよびシミュレーションのための便利なツールでもある。

MFDA: モデルベースの機能データ分析

本パッケージはモデルベースの機能データクラスタリングをおこなうものである。

mFilter: 各種の時系列フィルター

本パッケージは時系列の傾向と周期要素の平滑化および抽出に有用な時系列フィルターを実装している。ルーチンは経済学及び財政学で共通なものを使用しているが、これらは他の分野においても興味があるはずだ。現在、本パッケージにはChristiano-Fitzgerald, Baxter-King, Hodrick-Prescott, Butterworth, および trigonometric regression が含まれている。

mfp: 多変量分数多項式

分数多項式が回帰モデル曲率利用される。主要参考文献は Royston and Altman, 1994.

mgcv: GCVによる多重平滑化パラメータ推定とGAM

GCV または UBREによる多重平滑化パラメータ推定選択を用いたGAMおよび他の一般化リッジ回帰問題用ルーチン。クローンでないgam()の実装を含む。

mi: 欠損データの補定(インピュテーション)およびモデルのチェック

欠損データの補定(インピュテーション)およびモデルのチェック

micEcon: ミクロ経済学

ミクロ経済学分析およびミクロ経済学モデリング用ツール

mimR: MIM の R のインタフェイス

グラフィカルモデリング解析アプリケーション MIM を R 越しに使う.MS Windows のみ.

minpack.lm: MINPACK に含まれる Levenberg-Marquardt 非線形最小二乗法アルゴリズム用インターフェース

MINPACK ライブラリの lmder および lmdif への R 用インターフェースを提供する。Levenberg-Marquardt アルゴリズムを修正することで非線形最小二乗法問題を解く。 minpack.lm(MINPACKに含まれるLevenberg-Marquardt非線形最小二乗法アルゴリズム用インターフェース)パッケージ中のオブジェクト一覧?

misc3d: 雑多な3Dプロット

等値面を含む雑多な3Dプロットコレクション misc3d(雑多な3Dプロット)パッケージ中のオブジェクト一覧?

MiscPsycho?: 精神測定の寄せ集め

精神測定者に有用な統計分析の計算

mitools: 欠損データの多重代入ツール

多重代入のデータセットの分析をおこない、結果を組み合わせるツール

mix: カテゴリカル、連続データの混合モデルに対する推定・補完

mixlow: 薬剤の相乗効果を評価する mixlow 手法

薬剤の相乗/拮抗効果を評価する mixlow 手法

mixnet: ランダムなグラフクラスタリング

グラフについての Erdos Reni 混合の推定をおこなう

mixtools: 混合モデル分析ツール

混合モデル分析用 R 関数コレクション

mlogit: 多項ロジットモデル

代替的なまたは個々の特定の変数を使った多項ロジットモデル推定

mlogit(多項ロジットモデル)パッケージ中のオブジェクト中の一覧

 

MKLE: 最大カーネル尤度推定

最大カーネル尤度推定 (mkle) の高速計算パッケージ

mlbench: 機械学習ベンチマーク問題

人工および現実世界の機械学習ベンチマーク問題。これは、例えば、UCI リポジトリからのいくつかのデータセットを含む。

mlegp: ガウス過程の最尤推定

診断プロット及び感度分析つき単変量及び多次元出力用最尤推定ガウス過程モデル。

mlmmm: 欠損値を持つ多変量線形混合モデル下の ML 推定

欠損値を持つ多変量線形混合モデルの計算戦略、Schafer and Yucel (2002), Journal of Computational and Graphical Statistics, 11, 421-442.

mnormt: 多変量正規/T 分布

本パッケージは、多変量正規分布及びT 分布より、ランダムなベクトル生成の及びそのための密度及び分関数を計算関数を提供する。本パッケージは 'mvtnorm' パッケージのものの範囲と同様な関数を提供すが、相違点がいくつかある。すなわち、確率を非モンテカルロ手法で計算するのである。

moc: 曲線の一般的非線形混合

ユーザー定義の分布とプロファイルによる多変量観測値に対する様々な混合モデルの当てはめ

modeltools: 統計モデルのツール及びクラス

統計も出る処理ツール集成。機能は実験的なもので、ユーザインターフェースは将来変更があるようである。記述はむしろ簡潔明瞭ではあるが、パッケージ 'coin' および'party' にはいくつかの演習用の例がある。しかし、興味ある実装のアイデアをみつけたら、その申し出についての議論には興味がある。パッケージへの貢献は大歓迎!

mokken: R の Mokken 尺度分析

mokken パッケージは検定およびアンケートデータに関する Mokken 尺度分析を実行する関数を含んでいる。本パッケージは自動項目選択を含んでいる。

moonsun: R を使った基本天文学計算機

Peter Duffet-Smith の"Practical astronomy with your calculator" に基づいたR 用の基本天文学ルーチンのコレクション。

mpm: スペクトルマップ分析

多変量データ、異なる投影手法をもつ特に遺伝子発現データの探索的グラフィック分析。すなわち、主成分分析、対応分析、スペクトルマップ分析。

MPV: Montgomery, Peck and Vining の本からのデータセット

mra: Mark-Recapture データの分析

個々の、時間の、および個々に時間変動する共変数を使う mark-recapture (capture-recapture) データの分析。

msm: 連続時間におけるマルチスケール・マルコフモデル

任意の時間で観測されたカテゴリカルな過程への連続時間の多状態空間マルコフモデルの当てはめ用の関数。オプションで誤判別反応量や、推移や誤って判別された比率への共変量を伴っても良い。

MUCflights: Munich Franz-Josef-Strauss 空港パターン分析

http://www.munich-airport.de からのフライトデータのダウンロード用とフライトパターン分析関数

muhaz: 生存分析におけるハザード分析

打ち切りデータに対する危険関数の滑らかな推定値を生成するパッケージ

multcomp: 多重検定と同時信頼区間

一元分類に対する多重比較手法

multidim: Multidim

多次元記述統計量:factorial method と分類

muStat: Prentice 積和検定および McNemar? 検定

Wilcox 積和検定, Kruskal 積和検定, Friedman 積和検定 および McNemar? 検定の実行

mvgraph: 多変量対話型可視化

本パッケージで、さまざまな多変量データの可視化ができる。

mvnmle:欠損値を持つ多変量正規化データの ML 推定

欠損値を持つ多変量正規化データの平均ベクトルと分散共分散マトリックスの最尤推定を見つける。

mvoutlier: 頑健な手法に基づく多変量外れ値の検出

本パッケージは多変量外れ値の検出用に作成された。

mvtnorm: 多変量正規分布および T 分布

多変量正規分布および T 分布の計算

N

ncomplete: ncomplete

このライブラリは、二値回帰への regression depth 法 (RDM) を実行し、残りのデータセットが完全な分離を持つような、除去可能な最小観測値数を近似する

NADA: 環境データの検出しないものとデータ分析

Dennis R. Helsel の著書 "Nondetects And Data Analysis: Statistics for Censored Environmental Data" で彼が述べている手法を含む。

negenes: ゲノム内の主要遺伝子数の推定

ギブス抽出法を用いた、ランダムな transposon mutagenesis 実験からのデータを基礎にした、ゲノム中の本質的遺伝子数の推定

netCDF: UCARの netCDF 形式データの読み込み

 netCDF ファイルよりデータの読み込み

NetData?: McFarland? の SNA R labs 用ネットワークデータ

本パッケージは Dan McFarland? の SNA R labs ために必要なデータすべてを含む。

netmodels: スケールフリーで小さな世界のネットワーク学習ツール

スケールフリーで小さな世界のネットワークの学習用ツール スケールフリーで小さな世界のネットワークの学習用ツールに役立つようにデザインされている関数セットを提供する。この関数は、Igraph パッケージの提供する関数の高水準の抽象概念である。

network: 関係付けデータクラス

network オブジェクトを作成。修正するツール。network クラスは関係付けデータタイプの範囲を表し、任意のバーテックス/エッジ/グラフ属性をサポートする。

NightDay?: 昼夜の境界プロット関数

昼夜の境界の計算とプロット

NISTnls: NISTの非線形最小二乗法の例

非線形回帰式ルーチンの検証用データセット、

nleqslv: 非線形連立方程式を解く

非線形連立方程式を、線分探索及び信頼領域法のような全域戦略を選択する Broyden 又は Newton 法を用いて解く。オプションに数値又は解析ヤコビアンがあり、固定又は自動尺度パラメータもある。

nlme:線形および非線形混合効果モデル

ガウス線形および非線形混合効果モデルの適合と比較。

nlme(線形および非線形混合効果モデル)パッケージ中のオブジェクト一覧?

nlmeODE: 微分方程式を利用した nlme の非線形混合効果モデリング

このパッケージは微分方程式を利用した混合効果モデリング用に odesolve およびnlme 両パッケージを組み合わせたものである。

nlrq: 非線形区分回帰

非線形区分回帰ルーティン

nls2: 虱潰し法による非線形回帰

nls に algorithm="brute-force" と多重開始値を追加。

nlts: (非)線形時系列分析

(非)線形時系列分析用の R 関数。トピックの核心はクロスバリデーションによる次数推定。

norm: 欠損値を含む多変量正規データセットの解析

欠損値を含む多変量正規データセットの解析

normalp: オーダー p の正規分布(GDE)用のパッケージ

オーダー p の正規分布(一般化誤差分散)に関係する道具関数のコレクション

normix: 正規混合モデル(1次元) {クラスおよび手法}

1次元正規混合モデルクラス。例を挙げると、密度推定または、クラスタリングアルゴリズム研究および教育に利用。このパッケージは広く使用されている Marron-Wand 密度を提供する。?MarronWand?を参照。

npmc: ノンパラメトリックな多重比較

特定の分布の仮定無しの、一変量レイアウトに対する同時ランクテスト手順を提供する

numDeriv: 正確な数値微分

正確な数値微分.詳細は ?numDeriv で見ることができます.

nws: NetWorkSpaces? と Sleigh のための R 関数

REvolution Computing が開発した netWorkSpaces? を使って,強調および並列実行ファシリティ、および言語間データ交換を提供する。

O

OAIHarvester: OAI-PMH v2.0 を用いたメタデータの刈り取り

オープンアーキテクチャイニシアティブプロトコル(OAI-PMH)バージョン 2.0 を用いたメタデータの刈り取り.

OAI-PMH v2.0 を用いたメタデータの刈り取り)パッケージ中のオブジェクト一覧?

Oarray: 任意の添字オフセットをもつ配列

oce:海洋データの分析

海洋データの分析の支援。データは CTD の測定値、海面時系列、海岸線のファイルなどを含む。また本パッケージは密度のような海水の特性および浮力の頻度のような派生的な特性を計算する関数も含む。

odesolve: 常微分ソルバー

本パッケージはODE solver lsoda のインターフェースを提供する. ODE は R 関数またはコンパイル済みのコードとして使用される.

odfWeave: Open Document Format (ODF) ファイルの Sweave 処理

Open Document Format (ODF) ファイルの Sweave 処理

openNLP: openNLP インターフェース

openNLP インターフェース

openNLPmodels: (英語とスペイン語の) openNLP モデル

openNLPための(英語とスペイン語の) モデル

optimx: optim() 関数の代替かつ拡張

optim() 関数の代替かつ拡張 を提供して、いくつかの、ないしは、多くのパラメータからなる、平滑化、おそらくは、ボックス制約形関数について、R の最適化機能を統合し、かつ、簡潔なものにする。

optmatch: 最適マッチング

最適マッチングを実行する関数、特に完全マッチングを実行できる

orientlib: 方向データのサポート

orloca: オペレーションリサーチの立地分析モデルを扱うパッケージ

パッケージのこのバージョンは、最小和またはセンター立地問題を処理する。最小和問題は需要点への重み付き距離の合計を最小にする点を探索する。 orloca(オペレーションリサーチの立地分析モデルを扱う)パッケージ中のオブジェクト一覧?

orloca.es: orloca パッケージのスペイン語版

ORMDR: ORMDR

遺伝子間相互作用を検出するためのオッズ比に基づくマルチファクター次元縮小手法

outliers: 外れ値の検証

外れ値を同定するために一般的に使用されている検定のコレクション

oz: オーストラリアの海岸線と州をプロット

オーストラリアの海岸線と州界をプロットする関数。

P

pack: RAW 型ベクトルの作成と操作

複数のデータ型とRAW 型間の変換操作のための関数

packdep: R パッケージ間の依存関係をマッピング

packdep はユーザの貢献した R パッケージ間の依存関係を明らかにし、社会ネットワークの指標に従ってキーとなるパッケージを識別する。 packdep(R パッケージ間の依存関係のマッピング)パッケージ中のオブジェクト一覧?

PairViz?: オイラー閉路およびハミルトン分解の可視化

完全グラフのオイラー閉路およびハミルトン分解は、統計グラフィックスでの順序効果を改善するのにもちいられている。

pamr: Pam: マイクロアレイの予測分析

マイクロアレイにおける標本分類のいくつかの関数

pan: 多変量パネルデータまたはクラスタデータのための多重データ補完

多変量パネルデータまたはクラスタデータのための多重データ補完

panel: パネル

パネルデータへのモデル当てはめ用の関数とデータセット

parser: 詳細な R ソースコードパーサ

詳細なソースコードパーサで、標準的な R パーサに基づいているが、情報を違うやり方で構成する

pastecs: 時空間生態系列の解析用のパッケージ

時空間系列の正規化、分解、そして解析。pastec ライブラリは PASSTEC 2000 を移植するための PNEC-Art4 と IFREMER (Benoit Beliaeff ) による第一歩である。

PASWR: R を用いた確率と統計

書籍" the book Probability and Statistics with R"のためのデータと関数

PBSmapping: 地図描画およびその他の GIS 手続き

このソフトウェアはカナダブリティッシュ・コロンビア州 Nanaimo にある Pacific Biological Station (PBS) においておこなわれた漁業調査より、発展してきたものである。これは R 言語を拡張して、地理情報システム(GIS) で共通に利用可能であるのと同様な二次元作図機能を含むようにしている。埋め込まれた C のコードは、特定のポイントイベントを含んでいるポリゴンを見つけたり、または、経緯度とユニバーサル横メルカトル図法(UTM)座標間の変換のような計算幾何学のアルゴリズムを高速化している。パブリックドメインの地球の海岸線やその他のデータセットを含んでいる。

PBSmodelling: PBS モデリング

PBS モデリング はコンピュータモデルのデザイン、テスト、および操作を備えたソフトウェアを提供する。本パッケージは特にグラフィカルユーザインターフェース (GUI)のカスタマイズを構築・編集を容易にするツールに焦点を合わせている。本パッケージは R の Tcl/Tk パッケージのインターフェースにかなり依存しているものの、Tcl/Tkの知識は必要としない。本パッケージは他の R パッケージ、PBS Mapping, odesolve, および BRugs を含んだ、で構築したモデルの説明例を含んでいる。使用説明とプロセスを実行するバッチファイルと合わせて、新規の R パッケージを構築するための便利なプロトタイプとしても役に立つ。PBSmodelling のルートライブラリディレクトリには、完全なユーザガイド, PBSmodelling-UG.pdf, がある。本パッケージの有効利用にはこのガイドを調べてください。

pcse: R でのパネルで調整した標準誤差の推定

本パッケージはパネルで調整した標準誤差を推定するための関数を含んでいる。データはバランスのとれたパネルまたはバランスのとれていないパネルを含んでもよい、

pcurve: 主曲線解析

任意次元の数値的多変量データセットに主曲線を当てはめる。 また、拡張された非類似度行列を計算し、多次元尺度法と主曲線解析を実行する。

pear: 周期的自己回帰パッケージ

周期的自己回帰モデル推定用パッケージ。このパッケージは周期的時系列データの作図手法をも含む。

penalized: GLM および Cox モデルの L1 (lasso) および L2 (リッジ) 罰則付き推定

一般化線形モデル および Cox 比例ハザードモデルの L1 (lasso) および L2 (リッジ) 罰則付き推定

permax: permax

permax ライブラリは 7 つの関数を含み、DNA アレイデータの基本的解析(特に、二種類の組織間の発現レベルの比較)を容易にすることを目指している。

pgirmess: 生態学のデータ分析

生態学のデータ分析用各種関数

phangorn: R による系統発生学

R による系統発生学(最尤法、最大節約法、距離法およびアダマール結合をもちいた系統樹およびネットワーク)

picante: 系統発生および生態学の統合ツール

R による Phylocom との統合、生物群集解析、空モデル、特性及び進化

pixmap: ビットマップ・イメージ (``Pixel Maps'')

ビットマップ・イメージ のインポート、エクスポート、作図およびその他の操作関数。

PK: 基本薬物動態

基本薬物動態パラメータの推定

PKfit: 薬物動態のためのデータ分析

PKfit は非線形分析(遺伝アルゴリズムを含む)プログラムである。このプログラムはモデル/曲線のあてはめ及びモデルのシミュレーションを実行するようにデザインされている。

plan: プロジェクトプランニング用ツール

バーンダウンチャート作成支援

plm: パネルデータ用線形モデル

パネルデータの推定量および検定のセット

plotGoogleMaps?: Google Maps API とユーザ自身のデータを使った HTML 出力のプロット

本パッケージは、Google Maps とカスタムレイヤ(レイヤ)を使って、HTML 出力を生成する。HTML はいつでもローカルファイルとして利用もでき、また、ユーザ自身のウェブサイトへもアップロードできる。Google Maps JavaScritpt? API V3 のより詳細については、Google の公式ウェブサイト( http://code.google.com/apis/maps/documentation/javascript/)より入手できる。

plotSEMM: SEMM の非線形潜在変数相互作用のグラフ化

本パッケージは関数を含み、これらは、診断プロットを生成する。これは、Bauer(2005)により提案されたもので、LISREL の出力を用いる SEMM での非線形潜在可変相互作用を調べるためのものである。

plotrix: 様々なプロット関数

豊富な作図、様々なラベリング、軸およびカラースケーリング関数.

plotrix(様々なプロット関数)パッケージ中のオブジェクト一覧?

pls.pcr: PLS および PCR 関数

PLS および PCR による多変量回帰.

plyr: データの分割、適用および組み合わせのためのツール

plyr は一連の共通の問題を解決するツールセットである。大きな問題を管理可能なことがらに分けて、それぞれを操作し、ふたたびそれらを一緒にして元に戻す。

pmml: 各種モデル用 PMML の生成

予測モデリング用マークアップ言語 (PMML) はアプリケーションから独立してモデルを表現する言語。このようなモデルは、このために、Zementis の ADAPA、Teradata Warehouse Miner や IBM の DB2 を含む PMML をサポートしている他のアプリケーションにロードできる。本パッケージはオブジェクトのために pmml を生成する pmml 総称関数を提供する。S3 総称関数を使って、サポートするオブジェクトのクラスのための適切なメソッドを送る。本パッケージは現状では、線形回帰、SVM、rpart 分類木、randomSurvivalForest? forest models および kmeans クラスタをサポートしている。また、PMML エクスポートのみサポートしている。本パッケージは Rattle ツールキットの一部である。

pmml(各種モデル用 PMML の生成 )パッケージ中のオブジェクト一覧?

poilog: ポアソン対数正規および二変量ポアソン対数正規分布

ポアソン対数正規および二変量ポアソン対数正規分布の、密度,ランダム逸脱(random deviates)および最尤推定を取得する関数

poilog(ポアソン対数正規および二変量対数正規分)パッケージ中のオブジェクト一覧?

polspline: 多項スプライン・ルーチン

ハザード回帰、柔軟な裾を持つハザード推定、logspline, lspec, polyclass, および polymars をあてはめる多項スプラインルーチン.C. Kooperberg と共著者によって作成.

polycor: 多分相関および多分系列相関(重双相関係数)

クイック「2段階」法またはMLによる多分相関および多分系列相関(重双相関係数)の計算。オプションで標準誤差が付く。テトラコリック相関係数(四分相関)、双列相関係数はこの関特殊なケースである。

polycorパッケージによる順序相関係数の算出

polynom: 一変数多項式を操作するクラスを実装する関数のコレクション

一変数多項式を操作するクラスを実装する関数のコレクシション

pomp: 部分観測マルコフ過程

部分観測マルコフ過程の推定手法

popbio: マトリックス人口モデルの構築と分析

年齢やステージで分類されたマーク付きの個人の人口学研究の射影マトリックスモデルの構築と分析をおこなう。本パッケージは、Caswell (2001)の "Matrix Population Models" および Morris and Doak (2002) "Quantitative Conservation Biology" 記載の手法をカバーしている。

portfolio: 持分金融資産(equity portfolios)分析

持分金融資産(equity portfolios)の分析および実装クラス群

portfolioSim: 持分金融資産(equity portfolios)戦略のシミュレーションの枠組み

持分金融資産(equity portfolios)のシミュレーションデザインの枠組みになるクラス群

prabclus: 存在・非存在データのクラスタリングに対する検定

主に存在・非存在データ(種の分布マップのクラスタリング)を念頭においた、距離を元にするパラメトリックなブートストラップ検定。 Jaccard と Kulczynski の距離測度、MDS スコア、最近接距離を用いたノイズ検出(Byers and Raftery's (1998) "NNclean" のR実装)。主な関数は prabtest (検定用)、prabclust (クラスタリング用), prabinit (データの準備用) そしてNNclean (ノイズ検出用)。.prabtest と prabclust に対するヘルプページは簡単な標準的実行例を含む。

predbayescor: フィーチャ選択バイアスの修正されたベイジアンナイーブベイズモデルベースの分類ルール

"predict.bayes"は高次のバイナリのフィーチャよりバイナリの反応を予測する。

predmixcor: フィーチャ選択バイアスの修正されたベイジアン混合ベイズモデルベースの分類ルール

"train_predict_mix" バイナリのフィーチャよりバイナリの反応を予測する。

princurve: 任意次元の主曲線(Principal Curve)の当てはめ

任意次元のデータ行列に主曲線(Principal Curve)を当てはめる

proj4: PROJ.4 地図投影変換ライブラリ簡易インターフェース

PROJ.4 地図投影変換ライブラリの緯度経度投影変換および測地系変換の簡易インターフェース。このパッケージで一つの投影法およびまたは測地系より他のものへ地理座標変換が可能になる。

proj4(PROJ.4 地図投影変換ライブラリ簡易インターフェース)パッケージ中のオブジェクト一覧?

ProfessR: グレードの設定及び試験メーカー

生徒のグレードを決定し、クエスチョン・バンクより試験を作成するプログラム。プログラムは、同じ質問リストの異なるバージョン用に数多くの複数選択試験を作成し、ランダムにシャッフルする。

proxy: 距離および類似測度

もっとも有名なものの実装をともなった auto- and cross-proximities の効率的な計算のための拡張フレームワークを提供する。

pscl: 政治科学計算研究所,スタンフォード大学

項目反応理論モデル (IRT) のベイズ分析、点呼分析;最高密度の領域計算;Hurdle. and Zero-Inflated カウントデータ・モデルの最尤推定;GLM の適合度手法;Political Science Computational Laboratory の論文作成および教育用データセット;投票議席曲線

pspline: 罰則付き平滑化スプライン

m 階の導関数に対するペナルティーをもつ平滑化スプライン

psych: パーソナリティ、精神測定及び心理学研究のための方法

パーソナリティ、精神測定及び実験心理学研究用の数多くのルーチン。関数は因子分析、クラスター分析および信頼性解析による尺度構成用のものであるが、他のものは基本的な記述統計用である。詳細については、personality-project.org/r を参照のこと。

psych(パーソナリティ、精神測定及び心理学研究 )パッケージ中のオブジェクト一覧?

PTAk: k モードに関する Principal Tensor Analysis

任意オーダーのテンソル(配列)を分解する多元配置手法。SVD の一般化として、また non-identity メトリックと罰則化をサポートする。こうした拡張を持つ二元 SVD も同様に 得られる。パッケージはまたこうした拡張を持つ他の多元手法を含む:PCAn (Tucker-n) そして PARAFAC/CANDECOMP。

Q

qdg: QTL 有向グラフ

表現型ネットワークのための QTL 有向依存性グラフフの推測

qpcR: リアルタイム PCR データのモデリング及び分析

モデルのあてはめ、最適モデル選択およびさまざまなフィーチャの計算。これらは計量的リアルタイム連鎖反応(qPCR)の分析で重要である。

QRMlib: 計量リスク管理の概念を調べる R 言語コードの提供

本パッケージは Alexander J. McNeil?, Rudiger Frey and Paul Embrechts の著書 Quantitative Risk Management: Concepts, Techniques and Tools と一緒に使うデザインされたフリーのライブラリ。別バージョンの SPlus が Alexander McNeil? の URL(http://www.ma.hw.ac.uk/~mcneil/book/QRMlib.html) よりダウンロードできる。

qtl: QTL 実験の解析用の道具

定量的表現型の変動に寄与する遺伝子(quantitative tarit loci, QTL と呼ばれる)を特定するための実験的交配の解析

quadprog: 二次計画法問題を解く関数

このパッケージは二次計画法問題を解くルーチンとドキュメントを含む。

QuantPsyc?: 計量心理学ツール

データのスクリーニング、適正化の検証、媒介および精神力の推定に有用な関数を含む。

quantreg: 四分位回帰

四分位回帰および関連手法。

qvcalc: 統計モデルにおける因子効果に対する疑似分散

疑似分散と関連する近似誤差の測度を計算する関数

R

R.cache: オブジェクトの高速・軽量キャッシング

永続的メディアに仮の R オブジェクトをキャッシングする方法。オブジェクトはハッシング・オブジェクトセットにロードされ、階層的に保存することができる。

R.huge: 大規模データへのアクセスメソッド

本パッケージはマトリックスを表現するクラスを現在のところ提供しており、実データはローカルファイルシステムのバイナリ形式で蓄積されている。この方法では,データサイズの限界はファイルシステムで設定され、メモリーで設定されるものではない。

R.matlab: MAT ファイルの読み書き及び R-to-Matlab 接続

本パッケージはMAT ファイルを読み書きする方法を提供する。また、本パッケージはローカルで動作またはリモートで動作している Matlab v6 以上と通信できる(コードの評価、オブジェクトの送信と検索等ができる)。 R.matlab(MAT ファイルの読み書き及びh R-to-Matlab 接続もできる)パッケージ中のオブジェクト一覧?

R2HTML: RオブジェクトのHTMLエクスポート

R2PPT: rcom を用いたマイクロソフトパワーポイント用簡易 R インターフェース

R2PPT はラッパーの簡易セットを提供し、rcom 利用のマイクロソフトパワーポイントのプレゼンを容易にする。

R2PPT(rcom を用いたマイクロソフトパワーポイント用簡易 R インターフェース )パッケージ中のオブジェクト一覧?

rjags: MCMC を用いたベイズグラフィカルモデル

JAGS MCMC 用インターフェース

R2WinBUGS: R より WinBUGS と OpenBUGS の実行

このパッケージを使用することで、BUGS モデルを呼び出し、テーブルやグラフに推論や収束の要約をし、シミュレーション結果をRでアクセスが容易な配列に保存する。

R2WinBUGS(R より WinBUGS および OpenBUGS の実行)パッケージ中のオブジェクト一覧?

RadioSonde?: 歪んだ T 図式と風のプロファイルをプロットする道具

RadioSonde? はラジオゾンデ(典型的な風船を用いた天候観測機器)により集められたデータ(関連ドキュメントでは "flight", "sonde", "profile" と呼んででいる)を読み込み、歪みT、log p 図式、そして風のプロファイルをプロットするためのプログラムである。 生のデータファイルは共通の書式で書かれており、ヘッダーに続く個々の変数からなる。 データファイルの完全な解説については "help(ExampleSonde?)" を用いよ。

ramps: RAMPS を使ったベイズ地球統計モデリング

パラメータ再編(reparameterized)および周辺化(marginalized)アルゴリズムを使ったガウス過程のベイズ地球統計モデリング ramps(RAMPS を使ったベイズ地球統計モデリング)パッケージ中のオブジェクト一覧?

RandomFields?: 確率場の解析とシミュレーション

様々な手法を用いた確率場のシミュレーションと解析

randomForest: Breiman の分類と回帰のための random forest

ランダム入力を用いた木の森に基づく分類と回帰

randomLCA: ランダム効果潜在クラス分析

randomLCA: ランダム効果潜在クラスモデルおよび標準潜在クラスモデルのあてはめ

RandVar?: ランダム変数の実装

S4 クラスおよびメソッドをもちいたランダム変数の実装

RArcInfo?: Arc/Info V7.x バイナリ・カバレッジよりデータをインポートする関数

このパッケージは作成の関数を使って、Arc/Info V7.x 形式および E00 ファイルの地理情報をR変数に読み込むものである。

RArcInfo(ArcInfoカバレッジ・インポート)パッケージ中のオブジェクト一覧?

raster: ラスターデータを使った地理分析とモデリング

グリッド化された空間データの読み書き、操作、分析及びモデリング。本パッケージは地図代数(map algebra)と同様な基本的で高水準の関数を実装している。巨大ファイルの処理もサポート。 raster(地理データ分析・モデルリングのためのラスターデータ処理)パッケージ中のオブジェクト一覧?

rasterVis: raster パッケージのための可視化メソッド

raster パッケージは空間ラスターデータアクセスおよび操作のためのクラスとメソッドを定義する。rasterVis パッケージはラスターを補完して、拡張された可視化とインタラクションのためのメソッドのセットを提供するもの。

rasterViz(raster パッケージのための可視化メソッド)パッケージ中のオブジェクト一覧?

RBGL: BOOST グラフ・ライブラリ用インターフェース

BOOST グラフ・ライブラリに内包されたグラフ・アルゴリズムへのかなりの拡張性と総合性をもつインターフェース。

RBerkeley: Oracle Berkeley DB の R API

組み込み Oracle Berkeley DB(tm) への R インターフェースを提供する

RBloomberg: R/Bloomberg

Bloomberg よりデータを取ってくる。

rbugs: R と OpenBugs? との融合

BUGS をバッチモードおよび R より呼び出して実行するのに必要なファイルを用意する関数。Linux での OpenBugs? のサポートを強調している。

Rcmdr: R Commander

プラットホームに依存せず GUI (graphical user interface)で基本統計分析を行う。tcl/tk パッケージに基づく。

rcdk: rcdk - CDK ライブラリインターフェース

ユーザは本パッケージで CDK、化学情報管理のための java フレームワークの機能にアクセスできる。ユーザはこのパッケージで分子をロード、はっきりした特徴(fingerprints)を評価、分子記述子の計算などができる。これらに加えて、ユーザは CDK API で2次元構造を見ることができる。

Rcmdr.HH: Temple 大学の入門コースの Rcmdr サポート

入門コースでは R Commander にまだないトピックのいくつかに時間を割く。このため、メニュー項目を作成して利用できるようにした。

RcmdrPlugin?.epack: 時系列用 R コマンダープラグイン

本パッケージは、時系列関数ベースの R コマンダー「プラグイン」を提供する。貢献者: G. Jay Kerns, John Fox, および Richard Heiberger。

RcmdrPlugin?.Export: オブジェクトをグラフィックを使って、LaTeX または HTML にエクスポート。

本パッケージは Rcmdr 出力を使って、Rcmdr 出力を LaTeX または HTML コードにグラフィックでエクスポートする機能を提供する。現時点では、本質的には、プラグインは xtable() のグラフィカルフロントエンドである。本パッケージは 、(1) Rcmdr 出力を ASCII テキストへエクスポートするのを容易にし、(2) R 初心者が使いやすくて、R オブジェクトのプリント出力に適切な形式へのエクスポートの際の参照のアクセスが容易であるように意図したものである。

RcmdrPlugin?.TeachingDemos: Rcmdr 教育用デモプラグイン

本パッケージは TeachingDemos パッケージをベースにした Rcmdr「プラグイン」を提供し、本パッケージは例を示して教えていくことを主たる目的としている。

Rcplex: CPLEX の R インターフェース

線形、2次および(線形および2次)混合整数計画用CPLEX ソルバーの R インターフェース。CPLEX のインストールには Rcplex パッケージの利用が必要。詳細については、Linux/Unix-like での Rcplex パッケージをインストール方法を参照せよ。現状では Windows に対するサポートはない。

RcppTemplate?: Rcpp R/C++ インターフェースライブラリー/パッケージテンプレート

R/C++ インターフェースクラスライブラリー/パッケージテンプレート。Rcpp ライブラリーは R and C++ 間でデータタイプをマッピングする。このマッピングは R の実数、整数、文字、ベクトル、マトリックス、データ、データフレームを含む。C++ からの R 関数の呼び出しをサポートする。詳細についてはパッケージのドキュメンテーションファイル doc/RcppAPI.pdf を参照のこと。このドキュメントは Windows 用のバイナリ R パッケージの構築については詳細を含んでいる。

RColorBrewer?: ColorBrewer? パレット

このパッケージは変数に応じて色が塗りつぶされるよい地図を描画するためのパレットを提供する。

RColorBrewer(ColorBrewerパレット)パッケージ中のオブジェクト一覧?

RCurl: HTTP リクエストインターフェース

本パッケージで、URI の取得、フォームのポスト等及びウェブサーバの返す結果の処理をする HTTP リクエストを作成できる。このパッケージは、HTTP 接続及びリクエストのフォーム上でかなりの制御ができる。一方で、R ソケット接続の単なる利用で可能なもの以上の高水準のインターフェースを提供する。さらには、さらに、基礎となる実装は頑健で豊富であり、SSL/HTTPS、クッキー、リダイレクト、認証等をサポートしている。

RCurl(HTTP リクエストインターフェース )パッケージ中のオブジェクト一覧?

Rd2roxygen: Rd を roxygen ドキュメンテーションに変換

Rd を roxygen ドキュメンテーションに変換する関数。本パッケージは Rd ファイルをパースしてリストを作成し、 roxygen ドキュメンテーションを作成、それによって、元の R スクリプト(例としては、関数の定義を含んでいるもの)を更新する。

RDieHarder?: dieharder RNG テストスィート用 R インターフェース

RDieHarder? パッケージは R インターフェースを、Robert G. Brown によって, George Marsaglia 他による初期の研究を拡張して開発された乱数生成テストの dieharder スィートを提供する。

ReadImages?: R 用画像読み込みモジュール

本パッケージは JPEG・PNG 画像ファイル読み込み関数を提供する。本パッケージには libjpeg <http://www.ijg.org> が必要である。本パッケージは、Unixes / MacOS X / Windows 上で利用できる。

realized: Realized

実現分散ツールキット

regress: 線形共分散構造つきのガウス線形モデル

共分散構造を既知のマトリックスの線形組み合わせとして書けるところで、残差の対数尤度の最大化でガウス線形モデルをあてはめる関数。多変量モデルおよびランダム効果モデル用に利用できる。ランダム相互作用を含むランダム効果モデルの指定方法が単純なために容易。

relimp: 回帰モデルにおける効果の相対的寄与

線形回帰又は一般化線形モデルにおける予測子の相対的重要性に関する推測を支援する関数

rEMM: R 用データストリームクラスタリングのための拡張マルコフモデル(EMM)

拡張マルコフモデル(EMM)は、動的に適応するマルコフ連鎖を重ねることで、時間要素をデータストリームクラスタリングを追加する。本パッケージは、データストリームのための単純なクラスタリングアルゴリズムであるしきい値 NN の上に EMM を実装している。

reporttools: Latex - 記述統計の結果を LaTeX 表として生成

本パッケージの関数は、Sweave をもちいたデータ分析のリポート作成時に特に役立つ。

REQS: R/EQS インターフェース

本パッケージは EQS スクリプトファイルを呼び出す関数を含む。このスクリプトは、EQS 推定を実行し、最後には結果を R オブジェクトとしてインポートする。これらの2ステップは別々に実行できる。すなわり、call.eqs() は、EQS を呼び出し、実行する。ここで、read.eqs() は、既存の EQS 出力をオブジェクトとして R へインポートする。 REQS(R/EQS インターフェース)パッケージ中のオブジェクト一覧?

RExcelInstaller?: R および Excel の統合

RExcel は MS Windows 上で MS Excel 用のアドインであり、R - Excel 間のデータ転送ができ、Excel 用のライブラリとして R を使った VBA マクロが書け、Excel でのワークシート関数として R 関数を呼び出せる。RExcel は、R Commander (Rcmdr)と見事に統合する。この R パッケージは、Excel のバージョン 2000 から 2007 までの Excel アドインをインストールする。本パッケージは MS Windows のみで動作する。

RFinanceYJ: Yahoo!ファイナンスからデータを取得する

Yahoo!ファイナンスから株価・為替時系列データを取得する

RFreak: R/FrEAK インターフェース

フリーの進化アルゴリズムキット FrEAK の修正版の R インターフェース。FrEAK は、Java で書かれたツールキットで、進化アルゴリズムのデザインと分析をおこなえる。R インターフェースと拡張版の FrEAK が、RFreak に含まれる。FrEAK についての詳細情報は、http://sourceforge.net/projects/freak427/ を参照のこと。 An R interface to a modified version of the Free Evolutionary Algorithm Kit FrEAK. FrEAK is a toolkit written in Java to design and analyze evolutionary algorithms. Both the R interface and an extended version of FrEAK are contained in the RFreak package. For more information on FrEAK see http://sourceforge.net/projects/freak427/.

Rfwdmv: 多変量データの前方検索

前方検索を使った多変量データの探索

rgcvpack: GCVPACK フォートランパッケージの R インターフェース

薄板スプラインの当てはめと予測

rgdal:地理空間データ抽象ライブラリ(Geospatial Data Abstraction Library(GDAL))のバインド

FOSS4G(Free Open Source Software for GIS) の巨頭 Frank Warmerdam の地理空間データ抽象ライブラリ(Geospatial Data Abstraction Library (GDAL) (>= 1.3.1) ‐ このバージョンは新スタイルのクラスをもっている)のバインド。GDAL は外部ライブラリであるので、一番最初にちゃんとインストールされる必要がある。

rgdal(GDAL(Geospatial Data Abstraction Library, 地理空間データ抽象ライブラリ)のバインディング)パッケージ中のオブジェクト一覧?

rgeos: GEOS:ジオメトリ(幾何図形)エンジンオープンソースインターフェース

ジオメトリ(幾何図形)のトポロジー操作のための C API を利用するGeometry Engine - Open Source (GEOS:ジオメトリ(幾何図形)エンジンオープンソース)インターフェース rgeos (Geometry Engine - Open Source (GEOS:ジオメトリ(幾何図形)エンジンオープンソース)インターフェース)パッケージ中のオブジェクト一覧?

rggobi: R と GGobi とのインターフェース

rggobi は対話型ダイナミックグラフィックスパッケージ GGobi へのコマンドラインインターフェースを提供する。Rggobi は GGobi のグラフィカルユーザインターフェースを補い、分析と探索との間の転換方法を提供するとともに、共通のタスクを自動化する。

Rglpk: R/GNU 線形計画キットインターフェース

GNU 線形計画キット (GLPK version 4.33)用 R インターフェース。GLPK は大規模な線形計画(LP)、混合整数線形計画(MILP)および他の関連する問題を解くオープンソースソフトウェアである。 Rglpk(R/GNU 線形計画キットインターフェース)パッケージ中のオブジェクト一覧?

RgoogleMaps?: R で、グーグルマップ上に重ね合わせ

本パッケージは以下の2つの目的にかなうものである。(i) グーグルのサーバに静的な地図を問い合わす安定した R 用インターフェースを提供し、(ii) 地図を背景画像として用いて、R 内での作図を重ね合わせる。これには座標のスケーリングを適切にする必要がある。 RgoogleMaps(R で、グーグルマップ上に重ね合わせ)パッケージ中のオブジェクト一覧?

rgr: GSC (Geological Survey of Canada:カナダ地質調査所)応用地球化学 EDA パッケージ

応用科学データを処理する探索的データ分析用 R 関数

rgrs: 社会科学での R の利用を容易にする関数(フランス語)

本パッケージは初心者および社会科学の学生又は研究者のための関数を提供する。目下のところ、このパッケージは、クロス表、重み付け、結果のレポート及び地図作図用関数を提供している。ドキュメンテーションとヘルプページはフランス語で書かれている。

RHmm: 隠れマルコフシミュレーションおよび推定

シミュレーションおよび推定のための離散、単変量または多変量ガウシアン、単変量ガウシアン混合 HMM 関数

RHmm(隠れマルコフシミュレーションおよび推定)パッケージ中のオブジェクト一覧?

rimage: R 用画像処理モジュール

rimage (R用画像処理モジュール)パッケージ中のオブジェクト一覧?

rindex: R 用インデックス作成

インデックス構造は大きなコレクションより要素を高速にアクセスできる。B 木はディスクデータベースアクセスに、T 木は RAM データベースに最適化する一方、R にまったく最適なハイブリッドの静的インデックス作成を使う。

RJaCGH: CGH 配列解析のための Reversible Jump MCMC。

隠れマルコフ連鎖モデルのあてはめのベイズ分析。状態数の選択は Reversible Jump マルコフ連鎖モンテカルロ法により計算された事後確率経由によるもの。

rJava: R 用低水準 Java インターフェース

.C/.Call and friends に非常によく似た Java VM 低水準インターフェース。オブジェクトの作成、メソッドの呼び出し、フィールドのアクセスができる。

RJDBC: JDBC インターフェース経由でデータベースアクセスを提供

RJDBC はバックエンドとしての JDBC を利用して R の DBI インターフェースを実装。これで、R は JDBC ドライバーのあるどんな DBMS にも接続できる。

rjson: R 用 JSON

R オブジェクトを JSON オブジェクトとの相互交換 rjson( R 用 JSON)パッケージ中のオブジェクト一覧?

RJSONIO: R オブジェクトを JSON(JavaScript? オブジェクト記法) にシリアライズ

本パッケージは、Javascript オブジェクト(JSON)記法でのデータの入出力変換ができる。これによって、R オブジェクトを Javascript/ECMAScript/ActionScript? コードに挿入でき、R プログラマーが JSON を読み込んで、R オブジェクトへ変換できる。このパッケージは rjson パッケージに取って代わるものである。このバージョンは大きな R オブジェクトを JSON に変換するのがあまりに遅くて、拡張ができないが、非常に有用なプロトタイプである。パースは高速である。本パッケージは、JSON のデシリアライズのために、メソッド、ベクトル化操作および C コード及び R 関数へのコールバックを使用している。本パッケージのバージョン 0.4 は新しいネィティブパーサーを使用し、C の変換可能なコードを実装し、メモリーを効率的に配置している(イベントドリブンパーシングのために連結するというよりはむしろ)。この結果、大きなサイズの JSON ドキュメントのパースがかなり高速なものとなった。

[[RJSONIO(R オブジェクトを JSON(JavaScript?? オブジェクト記法) にシリアライズ)パッケージ中のオブジェクト一覧 ]]

RKEA: R/KEA インターフェース

KEA (バージョン 5.0)向け R インターフェース。KEA(キーフレーズ抽出アルゴリズム)はテキスト文書よりキーフレーズの抽出がおこなえる。本パッケージはフリーインデックス又は管理された語彙を用いた索引付けに利用される。詳細については、http://www.nzdl.org/Kea/ を参照のこと。

Rlab: ST370 クラスに必要な関数及びデータセット

ST370 クラスに必要な関数及びデータセット

Rlabkey: Labkey データベースよりデータ検索

本パッケージは、labkey データベースよりデータをインポートして、R データフレームに代入する

rmeta: メタアナリシス

2つのサンプルを比較するための簡単な固定およびランダム効果メタアナリシスおよび累積的なメタアナリシス用関数。標準要約プロットと Funnel 図の表示およびオッズ比の計算と連関と異質性の検定。

RmSQL: mSQL データベースへの R インターフェース

R <-> mSQL データベース・インターフェース

RMySQL: MySQLデータベースへの R インターフェース

RNetCDF: NetCDF データベース R インターフェース

このパッケージは Unidat の NetCDF ライブラリ関数(バージョン3)へのインターフェースを提供し、さらに Unidata の units カレンダー変換のアクセスも提供する。ルーチンとドキュメントは NetCDF および udunits C インターフェースにしたがっている。このため、より詳細については、こららに対応するマニュアルで調べることができる。

RNetCDF(NetCDF データベース R インターフェース)パッケージ中のオブジェクト一覧?

Rniftilib: Rniftilib 0.0-27

nifticlib (nifticlib-1.1.0) 用 R インターフェース(ANALYZE(TM)7.5/NIfTI-1 ボリューム画像の読み書き)

RobAStBase?: ロバスト漸近的統計

ロバスト漸近的統計のためのベースの S4 クラスおよび関数

robfilter: ロバスト時系列フィルタ

ロバスト統計からの概念に基づいた時系列フィルタリング関数セット

RODBC: ODBC データベース・アクセス

ODBC データベース・インターフェース

RODBC(ODBCデータベース・アクセス)パッケージ中のオブジェクト一覧?

ROptEst?: 最適ロバスト推定

S4 クラスおよびメソッドをもちいた最適ロバスト推定

ROracle: R用オラクル・データベース・インターフェース

roxygen: R の洗練されたプログラミング

Rd, 照合, 名前空間および 関数の呼出関係(callgraph)のための Doxygen ライクな文書システム。

rpart: 再帰的分割

再帰的分割と回帰ツリー

rpart(再帰的分割(Recursive Partitioning))パッケージ中のオブジェクト一覧?

RpgSQL: PostgreSQL データベース用 DBI/RJDBC インターフェース

RJDBC 経由の PostgreSQL データベース用 DBI インターフェース

rPorta:R/PORTA インターフェース

PORTA 修正版用 R インターフェース

rpvm: PVM (並列仮想計算機)への R インタフェイス

PVM の API への R インタフェイス, 使用法の例と解説を含む。

RPostgreSQL: PostgreSQL データベースシステムの R インターフェース

R 用データベースインターフェースおよびd PostgreSQLドライバー。本バージョンはデータベースインターフェースの定義を DBI パッケージで実装してまとめられた。

RPyGeo?: Python 経由による、R での ArcGIS のジオプロセッシング

Python のコードを作成せずに、または、ArcGIS に触れることなしに、Python のジオプロセッシングスクリプトを実行することで、R 内より、(仮想的にいかなる)ArcGIS ジオプロセッシングツールへのアクセスを提供する。ArcGIS バージョン 9.2 以上、Python の適切なバージョン(現行の 2.4)およびウィンドーズ RPyGeo(Python 経由による、R での ArcGIS のジオプロセッシング)パッケージ中のオブジェクト中の一覧?

R.rsp: R サーバページ

R サーバページ (RSP) は形式 (HTML, TeX, ...) を選択するテキスト及び特別なタグの中にある R のソースコード文書である。RSP ファイルはいわゆる R サーブレットに変換できる。この R サーブレットはソース作成時の最後にドキュメントを出力する R スクリプトである。このように、いかなる形式でのドキュメントも、R を用いて動的に生成可能である。例えば、自動統計分析レポート作成がある。内部クロスプラットフォームを使って、本パッケージは 動的なヘルプページを HTML で提供する。他のパッケージが、RSP ヘルプページを提供するならば、RSP のメインメニューでこれらのページを自動的にリンク付けできる。

R.rsp(R サーバページ)パッケージ中のオブジェクト一覧?

RQuantLib?: QuantLib? ライブラリのR インタフェイス

RQuantLib? パッケージはRから(幾つかの)QuantLib? 関数を呼び出すことを可能にする。 現在のところ、幾つかのオプション価格付けと解析関数に限定されている。QuanLib? プロジェクトは定量的ファイナンスに対する網羅的なソフトウエアの体系を提供することを目指している。目標は、定量的解析、モデル開発、取り引き、そしてファイナンス価格のリスク管理に対する、標準的なフリー/オープンなソースライブラリーを提供することである。RQuantLib? を使うには QuantLib? をインストールする必要がある。

RSAGA: R での SAGA ジオプロセッシングおよび地形解析

RSAGA は R 内より、SAGA のジオコンピューティングおよび地形解析機能のアクセスを、コマンドライン版の SAGA を実行することで提供する。さらに、ASCII グリッドの処理および操作をするいくつかの R の関数が提供されており、これらにはグリッドに対する局所および focal 関数を適用する柔軟なフレームワークが含まれる。SAGA は GPL の下に http://www.saga-gis.org/ より入手できる。

RSAGA(R での SAGA ジオプロセッシングおよび地形解析)パッケージ中のオブジェクト一覧?

Rserve: バイナリ R サーバ

Rserve はソケットサーバ (TCP/IP またはローカルソケット)の役割をして、バイナリのリクエストを R に送ることができるようにする。コネクションは分離されたワークスペースおよび作業ディレクトリである。クライアント側の実装は C/C++ および Java のようなポピュラーな言語で、R のコードへのリンクなしに R のファシリティを利用するアプリが可能になる。Rserve はリモート接続、ユーザ認証およびファイル転送をサポートする。

Rsge: SGE 待ち行列システムインターフェース

本パッケージは SGE 待ち行列クラスター・グリッドシステムで R を利用する関数を提供する。

RSurvey: 空間的に分布したデータの分析

本パッケージは空間的に分布したデータの処理プログラムである。このプログラムでエラー修正及びデータの可視化ができる。GUIあり。 RSurvey(空間的に分布したデータの分析 )パッケージ中のオブジェクト一覧?

Rsymphony: R で Symphony

SYMPHONY MILP ソルバー (バージョン 5.1.7)用 R インターフェース

rtiff: R 用 tiff リーダ

このパッケージは TIFF 形式画像を読み込め(かつバージョン1,1では書き込め)、これらを pixmap オブジェクトして返す。結果としてできるオブジェクトは、手ごろなサイズのTIFF 画像でさえ非常に大きなため、パフォーマンス改良のために画像は減らされている。このパッケージは libtiff (www.libtiff.org) のラッパーで、このライブラリに依存している(たとえば、libtiff シェアドライブラリは 作業用バイナリについてはPATH 上にある必要があり、ソース構築のためには tiffio.h はシステム上にある必要がある)。libtiff の高水準 TIFFReadRGBAImage 関数を使うことで、このパッケージは幅広い 画像形式と圧縮スキームを元々サポートしている。このパッケージはまたバイナリのマスクを容易に作成できるRidler Autothresholding のアルゴリズムの実装も提供する。

rsprng: SPRNG (Scalable Parallel Random Number Generators)のRインターフェース

SPRNG APIs へのインタフェイス、その使い方の例とドキュメント

RSQLite: R用SQLite インターフェース

SQLite 用 データベースインターフェース R ドライバー。本パッケージは SQLite データベースを組み込み、 DBI パッケージ準拠のインターフェースを提供する。 SQLite エンジン (バージョン 3.6.23.1)が同梱されている。

RSvgDevice?: R SVG グラフィックス・デバイス。

w3.org の新 xml 標準である Scalable Vector Graphics を利用する R 用 SVG グラフィックス・デバイス。

RUnit: R ユニットテストフレームワーク

標準的なユニットテスティングフレームワークを実装した R 関数。追加コード検査とリポート生成ツール付き。 RUnit(R ユニットテストフレームワーク)パッケージ中のオブジェクト一覧?

Runuran: UNU.RAN ランダムな変量生成用 R インターフェース

汎用の非均一ランダムな変量生成用 UNU.RAN ライブラリインターフェース

Rvelslant: R の坑内地震分析

R の坑内地震を対話的に分析し、境界層を越えて来る反射を説明する定常速度(constant velocity layer)の層化速度モデル(layered velocity model)を解釈する R スクリプト

Rwave: 一次元信号の時間・周波数領域解析

RWeka: R/Weka インターフェース

Weka (バージョン 3.5.7)用 R インターフェース。Weka は Java で書かれたデータマイニング用機械学習アルゴリズムコレクション。データの前処理、分類、クラスタリング、関連ルールおよび可視化。R インターフェースおよび weka 本体が RWeka パッケージに含まれる。Weka に関するさらなる情報は http://www.cs.waikato.ac.nz/~ml/weka/ を参照のこと。 RWeka(R/Weka インターフェース)パッケージ中のオブジェクト一覧?

RWekajars: R/Weka インターフェース jar

RWeka パッケージに必要な外部 jar

rwm: R ワークスペースマネジャー

R ワークスペース管理のための APL ライク関数

rworldmap: 世界のデータのマッピング : rworldmap

国レベルおよびグリッド化されたユーザデータセットの地図化を可能にする。

Ryacas: yacas コンピュータ代数システムのR インターフェース

yacas コンピュータ代数システムのインターフェース


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google
WWW を検索 OKADAJP.ORG を検索
Last-modified: 2017-04-17 (月) 18:14:15 (67d)