qcc

誤訳等あるときは,ガンガン書き直してください.

qcc.groups {qcc} Rドキュメンテーション

サンプル指標に基づくグループデータ

【】内訳注

説明

この関数は,'qcc'関数への入力データのグループ化を容易に可能にする.

使用方法

qcc.groups(data, sample)

引数

  • data 観測データ値
  • sample データ値のサンプル指標

Value

関数の戻り値は,適切な次元のマトリクスを返す.観測値が他のグループより少ない場合は,NAが付加される.

著者

Luca Scrucca luca(at-mark)stat.unipg.it

【メールの際は,(at-mark)を@にしてください.(このままさらすと,スパムを呼び込みそうな気がしますので,訳者にて加工しました.)】

その他参照

qcc

例)

data(pistonrings) attach(pistonrings)

# 40 sample of 5 obs each qcc.groups(diameter, sample)

# some obs are removed, the result is still a 40x5 matrix but with NAs added qcc.groups(diameter[-c(1,2,50,52, 199)], sample[-c(1,2,50,52, 199)])


記念カキコ・スペース

訳等直した方は,記念カキコをどうぞ(強制ではありません)

2005/11/5 Rev.00 otz http://blog.goo.ne.jp/otz0101


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google
WWW を検索 OKADAJP.ORG を検索
Last-modified: 2015-03-01 (日) 01:15:59 (1727d)