qcc

誤訳等あるときは,ガンガン書き直して下さい

process.capability {qcc} Rドキュメンテーション

工程能力解析

【】内訳注

説明

工程能力の計算結果を"xbar"の'qcc'オブジェクトに標示し,ヒストグラムを作図する.

使用方法

process.capability(object,spec.limits, target, std.dev, nsigmas, confidence.level = 0.95, breaks = "scott", add.stats = TRUE, print = TRUE, restore.par = TRUE)

引数

詳細

この関数は,Cpに対する信頼区間を,Chou et al. (1990)の方法に基づき計算する.近似のCpl,Cpu,Cpkの信頼区間に関しては,Bissell (1990)の方法に基づき計算する.Cpmの信頼区間に関しては,Boyles (1991)の方法に基づき計算する;この方法は近似で,ねらい値が公差間の中央に値があることを仮定している.

Value

戻り値は非表示で以下の要素のリストである.

著者

Luca Scrucca luca(at-mark)stat.unipg.it

【メールの際は,(at-mark)を@にしてください.(このままさらすと,スパムを呼び込みそうな気がしますので,訳者にて加工しました.)】

参考文献

Bissell, A.F. (1990) How reliable is your capability index?, Applied Statistics, 39, 331-340.

Boyles, R.A. (1991) The Taguchi capability index, Journal of Quality Technology, 23, 107-126.

Chou, Y., Owen D.B. and Borrego S.A. (1990) Lower Confidence Limits on Process Capability Indices, Journal of Quality Technology, 22, 223-229.

Montgomery, D.C. (2000) Introduction to Statistical Quality Control, 4th ed. New York: John Wiley & Sons.

Wetherill, G.B. and Brown, D.W. (1991) Statistical Process Control. New York: Chapman & Hall.

その他参照

process.capability.sixpack, qcc

data(pistonrings)

attach(pistonrings)

diameter <- qcc.groups(diameter, sample)

q <- qcc(diameter[1:25,], type="xbar", nsigmas=3, plot=FALSE)

process.capability(q, spec.limits=c(73.95,74.05))

process.capability(q, spec.limits=c(73.95,74.05), target=74.02)

process.capability(q, spec.limits=c(73.99,74.01))

process.capability(q, spec.limits = c(73.99, 74.1))


記念カキコ・スペース

訳等直した方は,記念カキコをどうぞ(強制ではありません)

2005/11/5 Rev.00 otz http://blog.goo.ne.jp/otz0101


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-01 (日) 01:15:59