Rのヘルプ機能

R の魅力の一つは充実した(オンライン)ヘルプ機能です。このチップスではそうした機能を紹介していきます。


基本 help(foo), ?foo

キーワードによるオブジェクトの検索 help.search("foo")

キーワードの一部で良い。現在インストール済みでパッケージ検索パス中にある全パッケージが対象。オブジェクトドキュメントのタイトル、別名、キーワード等からの検索を指定できる。 キーワードは文字列なので二重括弧で囲む必要。 キーワードの一部で良い。現在インストール済みでパッケージ検索パス中にある全パッケージが対象。オブジェクトドキュメントのタイトル、別名、キーワード等からの検索を指定できる。

help.search("linear models")  # 説明に単語 'linear models' を含むドキュメントの検索(大小文字を区別せずに検索)
help.search("print") # トピックやタイトルが 'print' を含むドキュメント
help.search(apropos = "print")  # 上と同じ
help.search(keyword = "hplot")  # キーワード "hplot" (high-level) を持つドキュメント
help.search("\\btry", fields = "alias") # 別名の先頭が ”try" で始まるオブジェクト(正規表現使用)

latex形式のヘルプファイルの見方

R およびアドオンパッケージをインストールすると適当なディレクトリに膨大なヘルプ文章が登録される。一つは help() 関数で表示される man 形式のドキュメントであるが、latex 形式のドキュメントも一揃い用意されている。これらは Rd 書式という独自のフォーマットで記述されたヘルプドキュメントから適当な Perl スクリプトでインストール時に生成される。latex 形式のドキュメントは最終的に ps ファイルに変換され印刷されることを想定している。

> options(latexcmd="/usr/bin/latex") # 環境変数 
> options(dvipscmd="/usr/bin/dvips") 
> help(optim, offline=TRUE)
Saving help page to 'optim.ps'  # optim.tex から optim.ps が作られた
> options(dvipscmd="/usr/bin/xdvi")

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-01 (日) 01:15:59