sp(空間データ用クラスおよびメソッド)パッケージ中のオブジェクト一覧

項目説明
addAttrToGeom?-methods constructs幾何図形および属性からの SpatialXxxDataFrame?
as.SpatialPolygons?.GridTopology?GridTopology? オブジェクトより、 SpatialPolygons? オブジェクトの作成
as.SpatialPolygons?.PolygonsList?SpatialPolygons? オブジェクトの作成
bbox-methodsretrieve bbox from spatial data
bpy.colors白黒プリンターで上手に印刷する黒-ピンク-黄カラースキーム
bubble空間データのバブルプロット(円ドット図)作成
char2dms文字ベクトルを DMS-クラスオブジェクトに変換
compassRose方位記号(compass rose)の表示.
coordinates座標をセットして空間データの作成、または、空間データを検索する
coordinates-methods空間座標の読み取り(セット)
coordnames-methodssp パッケージのクラスの座標の読み取りまたは代入
CRS-class座標参照系引数の "CRS" クラス
degAxis緯度経度の値つきの軸
dimensions-methods空間データより空間次元の取得
DMS-class度、分、10進秒の値のs "DMS" クラス
flip(levelplot/xyplot ラッパー)を使った作図のための SpatialPointsDataFrame? または SpatialGridDataFrame? でのデータの再配置(位置の変更)
geometry-methods合成オブジェクト(図形+属性)より図形を取得するメソッド
gridded-methods空間データをグリッド に指定するか、または、空間データのグリッドタイプかどうかの判定
gridlines地理領域に東西南北の格子線を作成
GridTopology?-class"GridTopology?" クラス
image.SpatialGridDataFrame?画像グリッド空間データまたは画像のグリッド形式への変換
is.projectedSpatialData? 拡張クラスでの地図投影法属性のセット、または、地図投影法属性の取得
LineLine クラスのオブジェクト生成
Line-class"Line"クラス
Lines-class"Lines"クラス
loadMeuseMeuse データセットのロード
mapasp地図作図のアスペクト比の計算
meuseMeuse 川データセット
meuse.gridMeuse 川データセットの予測グリッド(Prediction Grid)
meuse.grid_llMeuse 川データセットの予測グリッド, 地理座標
meuse.rivMeuse 川アウトライン
nowrapSpatialLines?オフセット値で SpatialLines? 要素を切断
overlayポイント、グリッドおよびリングの空間オーバーレイ
overlay-methodsポイント(グリッド)およびリングレイヤの空間オーバーレイメソッド
panel.spplotpanel and panel utility functions for spplot
point.in.polygon点が任意のポリゴンに内側に入るかどうかの有無
Polygon-class"Polygon" クラス
polygons空間点作成または取得用に空間座標をセット
Polygons-class"Polygons" クラス
Polygons-methodsSpatialPolygonsDataFrame? よりポリゴンを取得
read.asciigrid(ESRI) asciigrid 形式の読み書き
recenter-methods'sp' パッケージの座標中心の変更関数メソッド(例:緯度経度の世界地図*1
RlogoRlogo jpeg 画像
select.spatialポイントを空間的に選択
sp空間データ(ポイント、ライン、ポリゴンおよびグリッド)のためのクラスを提供するパッケージ
Spatial-class"Spatial" クラス
SpatialGrid?-class"SpatialGrid?" クラス
SpatialGridDataFrame?-class"SpatialGridDataFrame?" クラス
SpatialLines?SpatialLines? または SpatialLinesDataFrame? クラスのオブジェクトの作成
SpatialLines?-class空間ラインクラス
SpatialLinesDataFrame?-class属性を持つ空間ラインクラス
SpatialPixels?空間グリッドの定義
SpatialPixels?-class"SpatialPixels?" クラス
SpatialPixelsDataFrame?属性を持つ空間グリッドの定義
SpatialPixelsDataFrame?-class"SpatialPixelsDataFrame?"クラス
SpatialPoints?SpatialPoints? クラスまたは SpatialPointsDataFrame? クラスのオブジェクト作成
SpatialPoints?-class"SpatialPoints?"クラス
SpatialPointsDataFrame?-class"SpatialPointsDataFrame?" クラス
SpatialPolygons?SpatialPolygons? または SpatialPolygonsDataFrame? クラスのオブジェクト作成
SpatialPolygons?-class"SpatialPolygons?" クラス
SpatialPolygonsDataFrame?-class"SpatialPolygonsDataFrame?" クラス
spChFIDs-methods空間オブジェクトのフィーチャ ID の変更
spDistsN1点間のユークリッド距離または大圏距離
spplot属性を持つ空間データのプロット
spsample空間オブジェクト内(または上)のサンプルポイント位置
stackspplot を用いた作図(levelplot/xyplot ラッパー)のために、 SpatialPointsDataFrame? または SpatialGridDataFrame? で、データを再配置する
surfaceArea数値標高モデルの表面積の計算.
zerodist座標が同じポイントのペアを探す

CRAN-spマニュアル

メモ (2011/06/09)

関数追加・修正

メモ (2010/04/22)

関数名変更

メモ (2010/03/15)

関数追加・修正

メモ (2010/02/15)

関数追加・修正

メモ (2005年9月8日)

非互換な改変がありました。

Package sp, with classes and methods for spatial data, has version 0.8-1
now released on CRAN. The new version contains a number of incompatible
changes w.r.t. 0.7-10, both at the binary level (slot names) and the
interface level (class names and functions provided). The motivation
for this was moving to a more logical naming structure and less data
replication.

The incompatible changes are:
============================
+ SpatialRings are now called SpatialPolygons
  - SpatialPolygons now consist of a list of Polygons, where each
  Polygons object has one or more (single) Polygon objects.
+ SpatialRingsDataFrame are now called SpatialPolygonsDataFrame
+ SpatialLines now consist of a list of Lines objects, where each
  Lines object has one or more (single) Line objects.
+ Polygons, Polygon, Lines and Line do not contain projection or
  bounding box information anymore.

Further changes:
method "[", plot, show and summary are now present for all classes,
and implemented in S4 style.

package maptools now depends on sp:
+ Reading sp objects from shapefiles is now done with functions
  readShapePoly and readShapeLines

メモ (2010年12月2日)関数追加

メモ (2005年12月19日)

 上記のメモにあるように、sp パッケージは大幅に変更されましたので、 上の表を変更しました。空間データのオブジェクトは削除されたようです(データは依然ライブライ内にある)。


*1 緯度:-90 - 90, 経度:-180 - 180)でデフォルトでは,経度の関係で日本は画面の東端になるが、この関数を使えば、日本ではお馴染みの画面中央に日本列島を持ってくることができるはず。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google
WWW を検索 OKADAJP.ORG を検索
Last-modified: 2015-03-01 (日) 01:15:59 (1719d)