maptools(Maptools)パッケージ中のオブジェクト一覧

項目説明
as.pppsp オブジェクトおよび spatstat オブジェクト間の強制変換
CCmaps条件付きコロプレス図
checkPolygonsHolesPolygon オブジェクトのホールのチェック
ContourLines2SLDFSpatialLinesDataFrame オブジェクトを構築する変換関数
dotsInPolysポリゴン内にドットを描画
elide-methods‘maptools’パッケージの省略関数のメソッド
gcDestination地理座標の目的地を見つける
getinfo.shapeシェープファイルのヘッダー情報の取得
getKMLcoordinatesKML ファイルより座標リストを取得
GE_SpatialGridSpatialGrid をGoogle Earth オーバーレイ用に PNG出力
gpcholesHisaji Ono の湖・ホール問題
gzAzimuth地理座標の方位角を見つける
kmlLine任意のラインオブジェクトに基づく KML ファイルの作成及び書込み
kmlOverlayPNG画像オーバーレイ用 KML ファイル作成出力
kmlPolygon任意のポリゴンオブジェクトに基づく KML ファイルの作成及び書込み
leglabs凡例ラベル作成
map2SpatialPolygonsmap オブジェクトを sp クラスに変換
nowrapRecenter子午線でポリゴンを分割して中心に据える
pal2SpatialPolygonsRArcInfo 入力より SpatialPolygons オブジェクトを作成する
pointLabel互いの重なり合いを避けるラベル配置
ppp-class"ppp" 仮想クラス
readAsciiGrid(ESRI) asciigrid 形式の読み書き
readGPSGPSbabel 読み込みインターフェース
readShapeLinesアーク(ライン)・シェープファイルを SpatialLinesDataFrame オブジェクトに読み込む
readShapePointsポイント・シェープファイルを SpatialPointsDataFrame オブジェクトに読み込む
readShapePolyポリゴン・シェープファイルを SpatialPolygonsDataFrame オブジェクトに読み込む
readShapeSpatialシェープファイルを Spatial*DataFrame オブジェクトに読み込み
readSplusWinBUGS のエクスポートマップを読む
RgshhsGSHHS ポリゴンを読み込んで SpatialPolygons オブジェクトにする
sp2MondrianMondrian 用地図データの出力
sp2tmapSpatialPolygons オブジェクトをStata tmap コマンドに変換
sp2WBWinBUGS 用に SpatialPolygons オブジェクトを S-Plus map としてエクスポートを変換
SpatialLines2PolySetsp line および polygon オブジェクトを PBSmapping PolySet オブジェクトに変換
spCbind-methodsspatial オブジェクト のcbind
spChFIDs-methodsspatial オブジェクトのフィーチャIDを変更
spRbind-methods空間オブジェクトの rbind
sun-methods太陽暦計算用メソッド
symbolsInPolysポリゴン上に格子点を置く(密度とシンボル指定可)
thinnedSpatialPoly空間ポリゴンの Douglas-Peuker ライン総描
unionSpatialPolygonsSpatialPolygons オブジェクトのポリゴン集計
wrld_simpl簡易世界国別ポリゴン

メモ (2011年6月09日)

メモ (2010年5月24日)

メモ (2010年2月12日)

メモ (2009年12月24日)

メモ (2009年3月31日)

メモ (2009年2月23日)

メモ (2007年7月26日)

メモ (2007年3月26日)

 主な変更点は

メモ (2005年12月19日)

 上のメモにあるように、パッケージが更新されたので、上の表を更新しました。

 主な変更点は

メモ (2005年9月8日)

0.5-1 Moved functions from off-CRAN spmaptools to maptools, and introduced
0.5-1 dependency on the sp package. The functions reading shapefiles directly
0.5-1 into sp class objects will become the principal way of getting vector
0.5-1 spatial data into R. Helper functions letting this happen step-by-step
0.5-1 are not currently exposed in the maptools namespace, but may be if
0.5-1 needed. Simple functions to read and write Arc ASCII grid files have also
0.5-1 been added.

有用な内部関数(バージョン 0.4-8 以前.バージョン 0.4-8では名前が変更されて、標準関数?になったようだ)

項目説明
dbf.readDBase ファイルを読み込む
dbf.writeDBase ファイルに書き出す

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-01 (日) 01:15:59