coda(マルコフ連鎖モンテカルロ(MCMC)シミュレーションについての出力の分析および診断)パッケージ中のオブジェクト一覧

項目説明
[.mcmcMCMC オブジェクトの部分の抽出または置き換え
as.matrix.mcmcMCMC オブジェクトの変換
as.ts.mcmcmcmc オブジェクトを強制的に時系列にする
autocorrマルコフ連鎖の自己相関関数
autocorr.diagマルコフ連鎖の自己相関関数
autocorr.plotマルコフ連鎖の自己相関プロット
batchSEバッチ標準誤差
bugs2jagsWinBUGS データファイルを JAGS データファイルに変換
coda.optionscodamenu ドライバのオプションセッテイング
codamenucoda パッケージ用メインメニュードライバ
crosscorrMCMC 出力のクロス相関
crosscorr.plot相関マトリックスのイメージのプロット
cumuplot累積分位点プロット(Cumulative quantile plot)
densityplot.mcmcmcmc オブジェクト用Trellis プロット
densplotMCMC 出力より確率密度関数の推定
effectiveSize平均を推定するために効果的なサンプルの大きさ
gelman.diagGelman および Rubin の収束診断
gelman.plotGelman-Rubin-Brooks プロット
geweke.diagGeweke の収束診断
geweke.plotGeweke-Brooks プロット
heidel.diagHeidelberger and Welch 収束の診断
HPDinterval最高事後密度区間(Highest Posterior Density)
lineシンプルな線形回帰の例
mcmcマルコフ連鎖モンテカルロオブジェクト
mcmc.listマルコフ連鎖モンテカルロオブジェクトの複製
mcmcUpgrade旧フォーマットの mcmc オブジェクトを更新
mcparMCMC オブジェクトの Mcpar 属性
multi.menuメニューよりマルチプルオプションを選択
nchainMCMC オブジェクトの次元
pcramerCramer-von Mises 分布
plot.mcmcmcmc オブジェクトのサマリプロット
raftery.diagRaftery および Lewis の診断
read.and.checkデータを対話的に読み、データが条件を満たすのかをチェック
read.bugs.interactiveBUGS 出力ファイルの対話的に読み込み
read.codaBUGS 出力ファイルの読み込み
read.openbugsOpenBUGS によって生成された CODA 出力ファイルの読み込み
rejectionRateMetropolis-Hastings 連鎖の排出率
spectrum00 でのスペクトル密度の推定
spectrum0.ar0 でのスペクトル密度の推定
summary.mcmcマルコフ連鎖モンテカルロ chains の要約統計
thin間隔の間引き(Thinning interval)
time.mcmcオブジェクトの時間属性
traceplotMCMC 出力のトレースプロット(Trace plot )
varnamesMCMC オブジェクトの名前付き次元(Named dimensions )
window.mcmcmcmc オブジェクトの Time windows

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google
WWW を検索 OKADAJP.ORG を検索
Last-modified: 2015-03-01 (日) 01:15:59 (1717d)