A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

CRAN パッケージリスト
  CRAN パッケージリスト(A〜E)
  CRAN パッケージリスト(F〜L)
  CRAN パッケージリスト(M〜R)
  CRAN パッケージリスト(S〜Z)


CRAN パッケージリスト(A〜E)




A

aaMI: タンパク質配列のアラインメントのための相互情報量

abind: 多次元配列の結合

多次元配列を結合する。cbind と rbind の一般化。ベクトル、行列、配列の列を与え、同一またはより高い次元の単一の配列を作る。

accuracy: 統計処理の結果の正確さをテストし改善するためのツール

actuar: 保険数理関数

保険数理関連の関数およびデータセットのコレクション。現在のところは、損失分布、リスク理論(破滅理論を含む)、複合階層モデル及び信頼性理論。

acepack: 回帰変数変換用の ace() とavas()

回帰変数の変換法を選択する ACE 法と AVAS 法

adapt: adapt -- 多次元数値積分

20次元関数までの適応的求積法

ade4: 環境データの解析:環境科学における探索的・ユークリッド法

多次元データ解析とグラフィカルな表示
http://cran.md.tsukuba.ac.jp/web/packages/ade4/ade4.pdf

ade4TkGUI: ade4 Tcl/Tk グラフィカルユーザインターフェース

ade4 パッケージの数種の基本関数のための Tcl/Tk GUI

adehabitat: 動物の生息場所選択の解析

動物の生息場所選択の解析のためのツール集。

adehabitat(動物の生息場所選択の解析)パッケージ中のオブジェクト一覧?

adegenet: R adegenet パッケージ: 遺伝子マーカーの多変量解析のためのクラスおよびメソッド

多変量フレームワーク内での遺伝子データ解析用クラスおよび関数

adimpro: デジタル画像の適応型平滑化

本パッケージは、 デジタル画像平滑化のためのPolzehl and Spokoiny (2006) によるデジタル画像の操作および伝播分離アプローチを操作するためのツールを実装している。

ads: 空間ポイントパターン分析

Ripley の K 関数から導出され1次および2次マルチスケール関数を単変量、多変量およびマークつき地図化データに対して矩形、円形および不定形ウィンドーで実行し、モンテカルロシミュレーションに基づいた統計的信頼性検定もおこなう。

ads(空間ポイントパターン分析)のバインディング)パッケージ中のオブジェクト一覧?

AER: R を用いた応用計量経済学

Christian Kleiber and Achim Zeileis (2008) の書籍、Applied Econometrics with R, Springer-Verlag, New York、のための関数、データセット、例及び vignettes。

agce: 成長曲線実験の解析

このパッケージは成長曲線実験解析用の幾つかの簡単な関数を含む。

agricolae: 農業調査の統計手続き

本パッケージの関数は International Potato Center Research (CIP)、統計および情報学のインストラクターおよび Universidad Nacional Agraria La Molina Peru の学生に、さらには "Bosques y Gestion de Recursos Forestales" (森林資源管理)の特別管理官(Specialized Master)に現在利用されている。本パッケージの機能には、農業と植物育種の野外実験に特別に適用される実験計画の統計分析が含まれている。野外実験計画:格子(Lattice)、 要素(factorial), RCBD(ランダム化完全ブロック実験計画:randomized complete block experimental design), CRD(完全にランダムな計画), ラテン方格, グレコ?(Greaco), BIB(バランス不完全ブロック:Balanced Incomplete Block), PBIB(部分バランス不完全ブロック:Partially Balanced Incomplete Block), Alpha design. 複数位置試験(multi-location trials)との比較: AMMI (biplot および triplot), 安定性(Stability). 処理間比較: LSD, Bonferroni, HSD, Waller, Kruskal, Friedman, Durbin, Van Der Waerden. リサンプリングとシミュレーション: resampling.model, simulation.model, 母子試験(Mother and baby trials)分析, 生態学: 多様性係数(Indices Biodiversity), パス解析, consensus cluster, 土壌の均一性(Uniformity Soil): Smith の係数.

AIGIS: GIS データの空間内奏

AIGIS は空間的に関連したデータを、このようなデータの欠けた対象のポリゴン上への内挿に利用できる。バージョン 1.0 のパッケージはカリフォルニア州の特定の合衆国のセンサスに対して便利な内挿を指向しているものの、提供するツールは GIS データソース及び対象ポリゴンのどんな組み合わせに対しても、適切な配慮がなされているならば、動作するはずである。将来のバージョンではより一般的なアプリケーションに役立つことを目的としていく。

AIS: データを見るツール

本パッケージはデータを検査するツールである

akima: 不規則配置データの補間

不規則配置データの線形・3次スプライン補間

akima(不規則間隔データの補間)パッケージ中のオブジェクト一覧?

amap: 今一つの多次元解析用パッケージ

階層的クラスタリングと主成分分析(一般的手法と頑健手法)

AMORE: よりフレキシブルなニューラルネットワークのパッケージ

AnalyzeFMRI: ANALYZE 書式の fMRI データの解析用関数

ANALYSE 書式で保管された機能的核磁気共鳴画像(fMRI)に対する I/O、可視化、解析用関数

animation: 統計学のデモンステレーションアニメーション

本パッケージは確率論、数理統計学、多変量統計、ノンパラトリック統計、標本調査、線形モデル、時系列、計算統計学、データマイニングおよび機械学習のような多くの分野をカバーし統計学のアニメーション用の様々な関数からなる。これらの関数は統計学およびデータ分析の教育に役立つものである。

animation(統計学のデモンステレーションアニメーション)パッケージ中のオブジェクト一覧?

anm: downscaling に対するアナログモデル

このパッケージは統計・経験的 downscaling に対するアナログモデルを含む

ant: R に特化した ant のバージョン

2,3の R のタスクを R パッケージ内で ant の利用を容易にする ant apache ビルドツールのバージョン

ape: 系統と進化学の解析

apsrtable: 社会科学のための apsrtable モデル出力フォーマッタ

標準誤差を持つ並べた複数のオブジェクトより、latex のテーブルをフォーマットする。 American Political Science Review のような雑誌の表とは異なるものである。

apTreeshape: 系統樹の形の解析

統計的指標を用いて系統樹のトポロジーのシミュレートと解析を行う。ape パッケージの姉妹ライブラリ。

aqp: 計量土壌学のためのアルゴリズム

土壌断面データの処理作業及び作図のための R パッケージ

argosfilter: Argos 位置フィルタ

Argos 衛星より入手した動物衛星追跡データをフィルタリングする関数。海洋生物の遠隔測定法研究用に特に使用されるが、Argos 衛星の位置は大部分が低精度である。

argosfilter(Argos 位置フィルタ)パッケージ中のオブジェクト一覧?

arm: 回帰式およびマルチレベル/階層型モデルを使ったデータ解析

lm, glm, mer および polr 出力処理用 R 関数

arrayMissPattern?: マイクロアレイデータの欠損パターンの探索的分析

本パッケージはマイクロアレイデータの欠損パターンの探索用にデザインされている

arules: 相関ルールおよび頻出アイテムのマイニング

トランザクションデータおよびパターン(頻出アイテムおよび相関ルール)の表現、操作、解析用基盤の提供。また C. Borgelt による Apriori and Eclat 相関マイニングアルゴリズム Apriori および Eclat の C 言語実装へのインタフェースも提供。

arulesSequences: 頻出配列のマイニング

頻出シークエンスの操作およびマイニングする相関規則のためのアドオン。 Mohammed J. Zaki による cSPADE の C++ 実装用インターフェースを提供する。

ash: David Scott の ASH ルーチン

David Scotts の ASH ルーチン

aspace: セントログラフィ統計量を推定する関数コレクション

セントログラフィ統計量(例、標準距離、標準偏差楕円)の計算、ポイントの位置で取った観測点の最小凸包ポリゴン(MCP)の計算関数コレクション。ツールもセントログラフィ統計に関連する図形オブジェクトおよびMCPの ESRI シェープファイルへの変換が提供される。

aspace(セントログラフィ統計量を推定する関数コレクション) パッケージ中のオブジェクト一覧?

aster: Aster モデル

asypow: 指数を利用した漸近尤度比手法の計算

漸近尤度比手法を利用した指数および関連する量を計算する S 言語で書かれたルーチンのセット

asympTest: 漸近的統計

漸近的統計検定

aylmer: フィッシャーの正確テストの生成

構造的な0(structural zero)を考慮に入れたフィッシャーの正確テストの一般化

aws: 適応的重み平滑化

B

backtest: 金融商品についてのポートフォリオベースの推測の探索

backtest パッケージは、金融商品(株、公債、交換、オプション等)ポートフォリオベースの推測をエクスポートする機能を提供する

BaM: Jeff Gill の著書のための関数およびデータセット

著書名は"Bayesian Methods: A Social and Behavioral Sciences Approach, Second Edition published by CRC Press, 2007" (ベイズ手法:社会行動科学アプローチ)。

BARD: よりよい自動化再配分

本パッケージは、自動化再配分および再配分をする人の選好のヒューリステックな探査のためのものである。

bark: ベイズ加法回帰カーネル

BARK: フィーチャ選択付きのベイズ加法回帰カーネル( Zhi Ouyang (2008), Ph.D. 論文, 3 章 )の実装

bayesGARCH: Student's t Innovations を用いる GARCH(1,1) Model のベイズ推定

本パッケージは, Student's t Innovations を用いる GARCH(1,1) Model のベイズ推定を実行する bayesGARCH 関数を提供する。

BayesTree?: 木に基づくモデルのベイズ手法

Chipman, George, McCulloch? (2009) の BART:ベイズ加法回帰木の実装

BAYSTAR: 閾値の自己回帰のベイズ分析(BAYSTAR)について

BAYSTAR パッケージの紹介原稿。本パッケージは、自己回帰閾値モデルのベイズ推定機能を提供する。

BB: 大規模非線形システムの解法と最適化

非線形連立方程式の解法と単純な制約による非線形目的関数の最適化のための Barzilai-Borwein スペクトル法

bbmle: 一般最尤推定ツール

R で最尤モデルのあてはめのためのメソッドおよび関数。本パッケージは stats4 パッケージの mle クラスを修正・拡張したものである。

bcp: ベイジアン変化点

Barry and Hartigan (1993) のマルコフ連鎖モンテカルロ(MCMC)を使った標準変化点問題についての積分割モデルの実装。

bcp(ベイジアン変化点)パッケージ中のオブジェクト一覧?

Bhat: 一般的な尤度解析

MLE, MCMC, CIs に対する関数(オリジナルは Fortran コード)

BHH2: Box, Hunter 及び Hunter II のための有用な関数

Box, Hunter 及び Hunter II でのいくつかの例を再生する関数及びデータセット

biglm:有限メモリー(bounded memory)線形および一般化線形モデル

大きすぎてメモリーに合わないデータの回帰

bigmemory: 共有メモリーの UNIX サポート付きで、C++利用の巨大マトリックスを管理

C++ を使って、大規模なマトリックスを作成、蓄積、アクセスそして操作する。UNIX の下では、共有メモリーをサポートする。

bindata: 人工的な二値データの生成

相関のある人工的な二値データを生成

bipartite: 二部ネットワーク(bipartite network) の可視化といくつかの生態学係数の計算

詳細は bipartite-package を参照

blighty: 英国の海岸線

英国諸島の海岸線を描く関数

bio.infer: 生物学的推定の計算

底生生物のカウントデータをインポートし、データの書式を再設定し、データより環境推定を計算する。

BiodiversityR: 生物多様性と群集生態学分析用GUI

本パッケージは、 GUI(グラフィカル・ユーザ・インターフェース)と生物多様性と生物群集(ecological communities)の統計分析用のいくつのユーティリティ関数(vegan パッケージをベースにすることがよくある)を提供する。本パッケージの分析には、種の累積曲線、多様性指数、Renyi プロファイル、種の豊富さと種の有無のGLM 分析、距離行列、Mantel 検定およびクラスター、制約形/非制約形オーディネーション(ordination)分析を含む。生物多様性および群集生態学の本は、ウェブサイトより自由にダウンローして手に入れられる。

biOps:画像処理と解析

本パッケージは画像処理と解析のいくつかの手法を含んでいる。本パッケージは幾何、算法、論理、形状(1チャンネルのみ)、ルックアップテーブル、エッジ検出(特に Roberts, Sobel, Kirsch, Marr-Hildreth and Cannyを含む)および畳み込みマスク操作(既に定義済みの共通マスクおよびユーザ定義アプリ)を提供する。Isodata および k-means 分類法も提供されている(標準、kd 木、しらみつぶし法が実装されている)。 高速フーリェ変換法フィルターも、 fftw3 がインストールされていれば利用できる。JPEG と TIFF 画像が今までにサポートされている(将来のバージョンではもっと多くの画像形式がサポートされる)、これらは libtiff および libjpeg がインストールされている必要がある。

biOps(画像処理と解析)パッケージ中のオブジェクト一覧?

biOpsGUI: 基本画像操作のためのGUI

基本画像操作用GUIパッケージ(GTK+を使用)。現時点では biOps パッケージより、新しいウィンドーにオリジナルサイズを保ち、画像のピクセルの座標と値を持って情報画像データ表示機能のみ提供する。本パッケージは RGtk2 を必要とする。

BLCOP: Black-Litterman および copula-opinion プーリングフレームワーク

Black-Litterman および Atilio Meucci の copula-opinion プーリングフレームワークの実装。本パッケージはベータリリース。

bnlearn: ベイジアンネットワーク構造学習

制約ベース(「条件付独立」としても知られる)のアルゴリズムによるベイジアンネットワーク構造学習。本パッケージは離散およびガウシアンネットワークに対して,Grow-Shrink (GS)のアルゴリズム、増分連関 (IAMB) アルゴリズム、Interleaved-IAMB (Inter-IAMB) アルゴリズムおよび Fast-IAMB (Fast-IAMB) アルゴリズムを実装している。離散ネットワークについては、シミュレーションやいくつかのスコア関数が実装されている。

Bolstad: Bolstad の関数

書籍"Introduction to Bayesian Statistics, Bolstad, W.M. (2007), John Wiley & Sons ISBN 0-471-27020-2"のための R 関数とデータセット

boot: ブートストラップ用の R (S-Plus) 関数 (Canty)

"Bootstrap Methods and Their Applications" by A.C. Davison and D.V. Hinkley (1997, CUP) に掲載のブートストラップ用の関数とデータセット

bootStepAIC: ブートストラップ stepAIC

stepAIC() 手続きのブートストラップによるモデルの選択

bootstrap: "An Introduction to the Bootstrap" 掲載の関数

"An Introduction to the Bootstrap" by B. Efron and R. Tibshirani, 1993, Chapman and Hall 掲載のソフトウェア(ブートストラップ、クロスバリデーション、ジャックナイフ法)とデータ

bpca: 主成分分析ベースの多変量データのバイプロット

主成分分析ベースの多変量データのバイプロット(2次元および3次元)および縮約の品質診断ツールの実装

bqtl: ベイジアン QTL マッピング用の道具集

近親交配と、組替えのある近親近親交配用の QTL マッピング用の道具集。最尤法とベイズ法用の道具を含む。

brew: レポート生成用テンプレートフレームワーク

brew はレポート生成のために、テキストと R コードを組み合わせたテンプレートフレームワークを実装している。brew のテンプレート・シンタックスは、PHP、Ruby の erb モジュール, Java Server Pages および Python の psp モジュールと同様なものである。

brlr: バイアスを減らしたロジスティック回帰

ロジスティック回帰モデルを最大ペナルティ付き尤度法で当てはめる

BRugs:OpenBUGS と その R インターフェース BRugs

OpenBUGS と その R インターフェース BRugs を含んだパッケージ

BSagri: 圃場試験における安全性評価のための統計手法

安全性の評価を目的とする圃場試験評価のための関数、データセットおよびコードの例のコレクション

bspec: ベイジアン・スペクトル推定

時系列のパワースペクトルにおけるベイズ推定

C

CADStat: 因果関係評価に有益ないくつかの統計手法についての GUI を提供する

JGR を利用して、いくつかの統計手法のための GUI を提供する。提供する手法は散布図、箱ヒゲ図、線形回帰、一般化回帰、四分位、回帰、条件付確率計算および回帰木である。

calibrate: バイプロットの軸の目盛り

散布図やバイプロット上の(非直交)変数ベクトル上のチックマークの入った目盛りつきスケールの描画パッケージ

car: Companion to Applied Regression

J. Fox, An R and S-PLUS Companion to Applied Regression, Sage, 2002, のコンパニオンパッケージ。主に、応用回帰、線形モデル、一般化線形モデル用の関数を含む。回帰診断、特にグラフィカルな診断に重点をおく。また幾つかの道具関数がある。幾つかの例外を除き、R の基本的関数や広く使われているパッケージと内容が重複しないように努めた。car 中の幾つかの関数は MASS パッケージ中の関数を、もしそれがあれば、使う。subset 関数は leap パッケージ中の regset 関数がつくり出すオブジェクトをグラフ化する。car 中の関数は、もし必要なら、オプション na.action = na.omit や na.exclude と両立する。

car(応用回帰必携)パッケージ中のオブジェクト一覧?

caret: 分類および回帰トレーニング

分類および回帰モデルのトレーニングおよび作図用各種関数

caretNWS: NetworkSpaces? を使って並列化した分類と回帰トレーニング

並列処理を用いることで指数関数のいくつかが強化される

cba: ビジネス分析論用クラスタリング

Proximus and Rock のようなクラスタリングテクニック、横断距離(cross distance)の効率的な計算ユーティリティ関数およびデータ操作の実装

ccgarch: 条件付相関 GARCH モデル

GARCH モデル族の推定およびシミュレーションのための関数

CDNmoney: カナダ通貨及び信用集計量の要素

連続性を調整されたカナダ通貨及び信用集計量の要素

CellularAutomaton?: 1次元セルオートマトン

本パッケージジは1次元セルオートマトンのオブジェクト指向実装。本パッケージは基本ルール、ユーザ定義ルール、半径、ユーザ定義の seeding、および作図を含むMathematicaの提供する多くの機能をサポートする、

cfa: configuration frequencies (CFA) の解析

configuration frequencies (単一、そして繰返し測定) と、階層的・ブートストラップ-CFA の解析などとプロット。

cggd: 連続一般化勾配法

異なるモデルタイプについてほとんどの回帰シーケンスをあてはめるための効率的な手続き

CGIwithR: R における CGI プログラミング

R を使って CGI スクリプトを書く機能

cheb: 離散線形チェビシェフ近似

離散線形チェビシェフ近似

CITAN: 引用分析ツールパック

CITAN は、科学計量学における計量研究に有用な(この領域に限定されない)関数ライブラリー。このライブラリーは、Pareto-type II 分布を取り扱うさまざまな手法も含む。

CircStats?: 角度データの統計

"Topics in circular Statistics" (2001) S. Rao Jammalamadaka and A. SenGupta?, World Scientific, 中の角度(方向)データの統計

classGraph: S4 クラス階層の構築

S4 クラス階層の有向グラフの構築及び可視化。一般的に、これらのグラフは通常 DAG(有向非巡回グラフ)で、実際には簡単な木構造になることがよくある。

classInt: 単変量階級の選択

地図またはグラフィックス用単変量階級の選択パッケージ

classInt(単変量階級間隔の選択)パッケージ中のオブジェクト一覧?

clim.pact: 気象解析と月別・日別データの downscaling 用パッケージ

このパッケージはデータの取得、気象データの解析、大局的気象シナリオの月別平均、日別平均の downscale を行なう R 関数を含む。

clv: クラスター検証テクニック

このパッケージは cluster パッケージからの関数による出力のほとんど利用に用意された内部および外部クラスター検証手法のほとんどを含む。また,パッケージは "cluster" パッケージに実装されているアルゴリズムに適用されているクラスタ安定化アプローチのために使用される関数と例も含んでいる。

clValid: クラスター結果の検証

クラスター結果の統計的・生物学的検証

clue: クラスター・アンサンブル

クラスター・アンサンブル

cluster: クラスタリング用の関数 (Rousseeuw et al. による)

クラスタリング用の関数、もとは Peter Rousseeuw, Anja Struyf そして Mia Hubert による

clusterfly: R および GGobi を使ったクラスタリングの対話型探索

詳細は http://had.co.nz/reshape を参照

clusterGeneration: ランダムクラスタの生成

本パッケージはランダムなクラスタ生成、ランダムな共分散/相関行列の生成、クラスタのペアまたはクラスタ分布の分離インデックス(データおよび母集団バージョン)の計算、1次元および2次元の射影プロットをしてクラスタの可視化をおこなう関数を含んでいる。本パッケージはまた分離度、クラスター数、変数の数、雑音変数のような因子を使う要因計画に基づくランダムなクラスタの生成関数を含む。

clusterRepro: 遺伝子発現のクラスターの再現性

再現性によるマイクロアレイクラスターの検証関数

cmm: カテゴリカル周辺モデル

カテゴリカルデータのための推定用の非常に広範なパッケージ

cmprsk: 競合リスクの半分布関数の解析

競合リスクの半分布関数の推定、検定と回帰モデリング。参考文献、Gray (1988), A class of K-sample tests for comparing the cumulative incidence of a competing risk, Ann. Stat. 16:1141-1154, そして Fine JP and Gray RJ (1999), A proportional hazards model for the subdistribution of a competing risk, JASA, 94:496-509.

cobs: COBS -- 拘束条件付きの B-スプライン

線形計画法を用いた定性的拘束条件を持つ(回帰)平滑化

CoCoAn?: 拘束条件付き対応解析

対応解析と拘束条件付き対応解析を計算し、関連するグラフィック表示をする二つの関数

coda: MCMC用の出力解析と診断

マルコフチェインモンテカルロシミュレーション用の出力解析と診断

coda(マルコフ連鎖モンテカルロ(MCMC)シミュレーションについての出力の分析および診断)パッケージ中のオブジェクト一覧?

codetools: R 用コード分析ツール

R 用コード分析ツール

combinat: 組合せ論用の道具

組合せ論用ルーティン

compare: オブジェクトを比較して差分をとる

ベクトルとデータフレームを比較する関数 compare(オブジェクトを比較して差分をとる)パッケージ中のオブジェクト一覧?

compoisson: Conway-Maxwell-Poisson 分布

Conway-Maxwell-Poisson 分布の密度およびモーメントのためのルーチンおよびモデルを COM-Poisson モデルにあてはめる関数を提供する。

colorspace: 色空間操作

分類された色空間の間のマッピング操作

conf.design: ファクトリアルデザインを作る

convexHaz: 凸ハザード(convex hazard)のノンパラメトリック MLE/LSE

本パッケージは凸ハザード関数のノンパラメトリックな最尤推定値 (MLE) およびノンパラメトリック最小二乗推定値 (LSE) 関数を含む。凸ハザード関数はデータが IID であると仮定している。

copas: メタアナリシスのためのモデル化と修正のための統計手法

Copas 選択モデル。

corcounts: 相関のあるカウントランダム変数

事前に指定されたピアソン相関をもつ高次元の相関のあるカウントランダム変数を生成する。

corrgram: コレログラムの作図

変数の相関計算と結果をグラフィックに表示。

countrycode: 国名と符号化スキームの変換

国名の標準化、これらを7つの符号化スキームの1つに変換して、地域記述子を当てはめる

coxphw: 重み付きコックス回帰

コックス回帰の重み付き推定

CPE: 生存分析の一致確率(concordance probability)推定

生存分析の一致確率(concordance probability)推定関数

CPGchron: 放射年代の深さを作成

本パッケージは Parnell and Haslett (2007, JRSSC に提出; 印刷前に著者と連) の著作に従うものである。本パッケージは放射年代が付けられた堆積コアの MCMC、予測および作図を実行する。

cramer: 多変量ノンパラメトリッククラメール検定

多変量ノンパラメトリッククラメール検定用の R ルーティンを提供する

crantastic: http://crantastic.org/ のための雑多な R ツール

http://crantastic.org/ のための雑多な R ツール

cshapes: CShapes データセット及びユーティリティー

CShapes データセット、国境界(1946-2008)の GIS データセット。データ抽出及びウェイトマトリックス計算のための関数を含む。

cshapes(CShapes データセット及びユーティリティー)パッケージ中のオブジェクト一覧?

D

DAAG DAAG データ分析とグラフィックス

Maindonald, J.H. and Braun, W.J. (2003) "Data Analysis and Graphics Using R" の本の中の例と演習で使用されている種々のデータセット.

DAAGxtras: データセット及び関数、 DAAG の補遺

Data Sets and Functions, supplementary to DAAG 書籍 Maindonald, J.H. and Braun, W.J. (2nd edn 2007) "Data Analysis and Graphics Using R", と データマイニングコース向けの追加例題で使用するさまざまなデータ。本パッケージのバージョン 0.7-6 にあった多くのデータセットが、DAAG パッケージに移動されたので注意されたい。

data.table(データフレームの拡張。i および j の式、キーおよびバイナ

data.table(データフレームの拡張。i および j の式、キーおよびバイナリー探索)パッケージ中のオブジェクト中の一覧?

dataframes2xls: dataframes2xls はデータフレームを XLS ファイルに書き込む

dataframes2xls はデータフレームを XLS ファイルに書き込む。複数のシートや基本的な書式もサポート。 dataframes2xls パッケージ中のオブジェクト一覧?

Davies: Davies クォンタイル関数

Davies クォンタイル関数と一般化ラムダ分布用の有用な関数

DBI: R/S-Plus とデータベースへのインタフェイス

R/S-plus と関係データベース管理システム間の橋渡しをするデータベースインタフェイス(DBI)。このパッケージ中のすべてのクラスは仮想的で、様々な R/DBMS の実装により拡張される必要がある。

dblcens: 二重センサーデータから分布の NPMLE(ノンパラメトリック最尤推定量?)を求める

経験分布関数、そして二つのセンサー分布の NPMLE (ノンパラメトリック最尤推定量?) を EM アルゴリズムで求める。データは二重にセンサリングされていても良い。制約条件を科すこともでき、制約付き NPMLE と -2log (尤度比) を与える。これは、経験尤度比定理を用いて、F(K) に対する仮説検定と、信頼区間を求めることを可能にする。influence 関数も計算できる(が遅い)。

DCluster: 疾病の空間クラスター検出関数群

カウントデータを用いた疾病の空間クラスター検出関数セット。統計量の標本分布にはブートストラップを使用している。

DCluster(疾病の空間クラスター検出用関数)パッケージ中のオブジェクト一覧?

ddesolve: 遅延微分方程式ソルバー

本パッケージは遅延微分方程式系の解を与える。Benjamin J. Cairns と分担して、 Simon N. Wood によって作成された数値ルーチンのインターフェースを持つ。これらの数値ルーチンは、Simon Wood の solv95 に最初にあったものである。

DEA: データ包絡分析

包絡分析法の基本的なモデルの実行。乗数および包絡量の形式に対応。

deal: 混合変数を持つベイジアンネットワークの学習

連続/離散変数を持つベイジアンネットワークの学習と、データからの比較ができる。

debug: R 用 MVB のデバッガ

R 関数用デバッガ。コード表示、適切なエラー復帰、ライン番号での条件付きブレークポイント、終了コードへのアクセス、フロー制御およびフルキーボード入力

DeducerSpatial?: 空間データ分析用 Deducer

空間データ分析用 Deducer プラグイン。Open Street Map と Bing Map の衛星画像の表示能力を含む。

Defaults: デフォルトのグローバル関数の作成

デフォルトのグローバル関数の設定・取得・インポート

deldir: ドロネイ三角化とディリクレ (ボロノイ) 分割

平面の点集合から、ドロネイ三角化とディリクレ・ボロノイ)分割を計算する。

deldir(ドロネイ三角形網およびディリクレ(ボロノイ)分割)パッケージ中のオブジェクト一覧?

delt: 適応ヒストグラムを用いた多変量密度の推定

本パッケージは次の多変量密度の推定手法を実装している。適応ヒストグラム(欲張りヒストグラム および CART ヒストグラム)、段階的最小化およびブートストラップの集約が本パッケージに含まれている。

depmix: 従属混合モデル

カテゴリおよび連続(時系列)組み合わせデータに潜在マルコフ(マルチグループ)混合モデルのあてはめ

descr: 記述統計

本パッケージは重み付けカテゴリカル変量を記述する関数とオブジェクトの文字符号化変換を容易にする関数を含んでいる。

DescribeDisplay?: DescribeDisplay? (GGobi プラグイン)の R インターフェース

GGobi の表示プラグインの出力より印刷品質のグラフィックスを生成する

Devore5: Devore の "Prob and Stat for Eng (5th ed)" 中のデータセット

Jay L. Devore (2000), "Probability and Statistics for Engineering and the Sciences (5th ed)", Duxbury, 中のデータセットと見本解析

Devore7: Devore の"Prob and Stat for Eng (7th ed)"のデータセット

Jay L. Devore (2008) の"Probability and Statistics for Engineering and the Sciences (7th ed)", Thomson のデータセットおよびサンプル分析

devtools: R コード開発簡易化ツール

パッケージ開発ツールコレクション

dglm: 二重一般化線形モデル

二重一般化線形モデルのあてはめ

diamonds: ダイアモンド分割の解析と標本格子

Analysis and sampling grids from diamond partitions 格子からのサンプリングと解析のための、平面もしくは正4・12面体上の aperture-4 ダイアモンド分割を解説する関数

dichromat: 二色型色覚者用のカラースキーム

色盲効果をシミュレーションするため赤・緑の差異を縮小する

DierckxSpline?: "Curve and Surface Fitting with Splines" の R 必携

本パッケージは Paul Dierckx の書いた FITPACK のルーチンのラッパーを提供する。オリジナルの Fortran は http://www.netlib.org/dierckx より入手できる。

dirichlet: マーケティングのための消費者購買行動 Dirichlet モデル

Dirichlet (別名 NBD-Dirichlet) モデルは消費財の購買生起および銘柄選択を記述する。モデルを推定する。モデル推定をおこない、マーケティングリサーチャの関心のあるさまざまな理論的な量を要約する。また、観測および理論統計量を比較するテーブル作成用関数を提供する。

diseasemapping: 人口及び事例データより SMR(標準化死亡比)の計算

通常のデータセット及びシェープファイルを使って動作 diseasemapping(人口及び事例データより SMR(標準化死亡比)の計算)パッケージ中のオブジェクト一覧?

dismo: 種の分布モデリング

種の分布モデリングのための関数。すなわち、特定箇所における全体の地理的分布形の発生を予測する。

dispmod: 逸脱度モデル

GLIM における逸脱度をモデル化する関数

distrMod: 確率モデルのオブジェクト指向実装

パッケージベースの確率モデルのオブジェクト指向実装

divagis: 地理参照された(位置情報つきの)植物種取得の品質チェックのためのツールを提供する

divagis: 地理参照された(位置情報つきの)植物種取得の品質チェックのためのツールを提供する divagis(地理参照された(位置情報つきの)植物種取得の品質チェックのためのツール)パッケージ中のオブジェクト一覧?

dlm: 動的線形モデルのベイズおよび尤度分析

正規線形状態空間モデル、動的線形モデルとして知られているものだが、の最尤法、カルマンフィルタリングおよび平滑化およびベイズ分析

dplR: R の年代年輪学プログラムライブラリー

本パッケージはいくつかの標準的な木の年輪分析を実行する関数を含む。

dr: 回帰における次元縮小法

dse: 多変量時系列解析ライブラリ

各パッケージには doc/*-guide.pdf そして 'http://www.bank-banque-canada.ca/pgilbert ' から得られるユーザーガイドがある。パッケージ dse1 は基本システムで、多変量 ARMA と状態空間モデルを含む。 パッケージ dse2 は推定方法の吟味、予測、予測方法の吟味のための拡張を含む。 パッケージ tframe は時系列に関するプログランミングのためのカーネル法である。 パッケージ setRNG は S と R で同じ乱数を生成する機構を含む。関連バンドル dseplus も参照。setRNG, tframe, dse1, dse2 を含むバンドル

DSpat: 距離サンプリングデータの空間モデリング

標本データの(個体群調査) 線状法空間モデルのあてはめ、および領域内の繁栄状態を推定する関数を提供する。

dtt: 離散三角関数変換

本パッケージは1次元及び2次元の離散コサイン変換(DCT)、離散サイン変換 (DST) 及び離散 Hartley 変換用の関数を提供する。 dtt(離散三角関数変換)パッケージ中のオブジェクト一覧?

DMwR: "Data Mining with R" のための関数とデータ

本パッケージは、Luis Torgo, CRC Press 2010 の"Data Mining with R" 添付の関数とデータを含む

dynamicGraph: dynamicGraph

グラフ操作用対話型グラフィックツール

dynamicGraph(グラフ操作用対話型グラフィカルツール)パッケージ中のオブジェクト一覧?

dynlm: 動的線形回帰

動的線形回帰および時系列回帰

E

e1071: TU Wien の統計学科(e1071)提供の雑多な関数

潜在的クラス解析用関数、短期間のフーリエ変換、ファジークラスタリング、サポートベクターマシン、bagged クラスタリング、等

e1071 (ウィーン工科大 統計学科の雑多な関数)パッケージ中のオブジェクト一覧?

earth: Earth: 多変量適応型回帰スプラインモデル

Friedman の論文 "Fast MARS" および "Multivariate Adaptive Regression Splines" のテクニックを使った回帰モデルを構築する。("MARS" という用語は著作権があり、そのためパッケージ名には使用されない.)

Ecdat: 計量経済学用データセット

計量経済学用データセット

ecespa: 空間ポイントパターン分析のための関数

空間ポイントパターン分析(重に spatstat ベース)のためのいくつかのラッパー、関数およびデータセット。書籍 "Introduccion al Analisis Espacial de Datos en Ecologia y Ciencias Ambientales: Metodos y Aplicacionesで使用。

ecodist: 生態学分析のための非類似度ベースの関数

生態学分析のための非類似度ベースの関数。空間およびコミュニティのデータでの利用を考えたオーディネーションおよび Mantel 検定の関数を含む。 ク

EDR: 効果的な次元縮約 (EDR) 空間

本ライブラリは多重インデックス回帰モデルの効果的な次元縮約空間を推定する R 関数を含んでいる。

effects: 線形回帰、一般化線形モデルに対する効果の表示

線形回帰、一般化線形モデルに対する効果、例えば交互作用、のグラフィカルと表による表示

eha: 事象履歴解析(イベントヒストリー分析)

生存解析、事象履歴解析用のパッケージ

eha(イベントヒストリー分析)パッケージ中のオブジェクト一覧?

eiPack: 生態学推定および高次元データ管理

極端な事例の分析、生態学回帰、および多項ディリクレ生態学推定モデルを使った R x C 生態学分割表のための手法を提供する。高次元のデータオブジェクトを操作するツールも提供する。

ellipse: 楕円と楕円状の信頼領域を描く関数

このパッケージは、様々な楕円と楕円状の信頼領域を描く関数を含む。次の本に紹介されているプロットを実装している:Murdoch and Chow (1996), A graphical display of large correlation matrices, The American Statistician 50, 178-180. また Bates and Watts (1988), Nonlinear Regression Analysis and its Applications にあるプロファイルプロットを実装している。

EMC: 進化モンテカルロ(EMC)アルゴリズム

ランダム・ウォーク・メトロポリス(Random walk Metropolis)、Metropolis Hasting、擬似焼き戻し法 (Simulated Tempering) 、temperature ladder construction and placement

emdbook: 生態学モデルとデータ(本のサポート)

生態学者のための最尤推定とそれに関連するトピックを提示する Ecological Models and Data(Princeton University Pressで出版準備中) のための補助関数およびデータセット

emme2: EMME/2 databank への入出力

このパッケージは EMME/2 databank への入出力用の関数を含む。

emplik: センサー・打ち切りデータに対する経験尤度比

センサー・打ち切りを含むデータの平均、クォンタイル、ハザードに対する経験尤度比検定

ensembleBMA: アンサンブルおよびベイズモデル平均化を使った確率的予測

アンサブル予測および気象観測より確率的予測を作成するベイズモデル平均化

emoa: 進化多目的最適化アルゴリズム

進化多目的最適化アルゴリズムのデザインと分析のための構成要素のコレクション

EMV: データ行列に対する欠損値の推定

k-近接近傍アルゴリズムによるデータ行列中の欠損値の推定

epicalc: 疫学計算機

疫学計算を簡単にする R の関数

epiR: 疾病データ分析用関数

疾病データ分析用パッケージ。疾患頻度の測度の直接間接の調整、分割表であらわされた計数データの単層または多層を基にした関連ための関連測度の定量化、罹患リスクおよび罹患率の推定まわりの信頼区間計算ための関数を含む。メタアナリシス、診断テスト解釈および標本サイズの計算のための雑多な関数。

epitools: 疫学ツール

EpiTools?: 疫学データ及びグラフィックスのための R パッケージ

ergm: ネットワークの指数族モデルのあてはめ、シミュレーションおよび診断

指数族ランダム・グラフモデル (ERGM) に基づくネットワークの分析およびシミュレーションのための統合ツールセット。 "ergm"はネットワーク分析用パッケージスイート "statnet" の一部である。関数リストを見るには、 help(package='ergm') とタイプすればよい。

eRm: 拡張ラッシュモデリング

eRm ラッシュモデル (RM), 線形ロジスティック検定モデル (LLTM), 評定尺度モデル (RSM), 線形評定尺度モデル (LRSM), 部分採点モデル(PCM:Partial Credit Model),および線形部分採点モデル(LPCM:linear partial credit models)へのあてはめをおこなう.データマトリックスで欠損値は扱える。個人パラメータ、LR-Model テスト、項目指定 Wald テスト、itemfit and personfit statistics、各種 ICC プロットの推定が追加されている。

evd: 極値分布の関数

一次元と多次元の極値パラメトリック分布のシミュレーション、クォンタイル、そして密度関数。また、一次元と多次元モデルに対する最尤推定量を計算する当てはめ関数を提供する。

exactLoglinTest?: 対数線形モデルのモンテカルロ正確確率検定(Exact Test)

対数線形モデルのモンテカルロおよび MCMC 適合度検定

exactRankTests?: ランクとパーミュテーション検定に対する正確分布

Streitberg と Roehmel のシフトアルゴリズムの実装を用いた正確な p-値とクォンタイル


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google
WWW を検索 OKADAJP.ORG を検索
Last-modified: 2015-04-12 (日) 00:40:37 (537d)