これは何?

準備

Rのインストール

開発者向けのマニュアルが見られるように、すべてのコンポーネントをインストールしておく。

メニューを英語に

GUI preferencesのLanguage for menu の中にUSと入れて保存。

日本語ではpackage.skeletonコマンドでエラーが出た。

また、トラブルシューティングのためにエラーメッセージでググるときには、エラーメッセージを英語で検索するほうが情報を得やすい。

Rtoolsをインストール

http://www.murdoch-sutherland.com/Rtools/

CygwinのDLL、Perl、makeなど、WindowsでRのパッケージを作成するために必要なものがまとめて入っている。

PATHの設定

Rtoolsのインストール時に設定するように促される。

便利なもの

PowerToys WindowsXPのCmdOpenHereをインストールしておく。

オブジェクトの準備

Rを起動。 関数fとデータxの2個のオブジェクトを含むfooパッケージを作成する。

f <- function(x) x
x <- 1

スケルトンの作成

package.skeleton("foo")

作業ディレクトリにfooディレクトリができる。

以下の内容のNAMESPACEファイルをfooディレクトリ内に作成。

export(f)

パッケージのチェック

コマンドラインで、

R CMD check foo --no-latex --no-install

manやRの内部の*.R, *.Rdファイルをライブラリのチェックでエラーが出なくなるように編集する。

パッケージのビルド

コマンドラインで、

R CMD build foo --binary

foo_1.0.zipができる。

パッケージのインストール

パッケージ->ローカルにあるzipファイルからのパッケージのインストール

パッケージのインストールの確認

installed.packages()

パッケージのロード

library(foo)

パッケージのアンインストール

remove.packages("foo")

パッケージを作り直すときに。

後始末

地域オプションの言語を日本語に戻しておく。

その他

キーワードは次の方法で得る。

file.show(file.path(R.home("doc"), "KEYWORDS"))

パッケージをCRANに登録しよう。

References

Comments



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-01 (日) 01:15:59