これは何?

  • WindowsでRのパッケージを作るための手順を紹介。
  • 1個の関数と1個のデータを含む、小さいパッケージfoo_1.0.zipを作れるようになることが目標。
  • パッケージをビルドできるようになるまで、つまずいた所がたくさんあったので、関連情報を集約した。
  • C言語の呼び出しなど、高度なことは他のリソースを見てください。

準備

Rのインストール

開発者向けのマニュアルが見られるように、すべてのコンポーネントをインストールしておく。

メニューを英語に

GUI preferencesのLanguage for menu の中にUSと入れて保存。

日本語ではpackage.skeletonコマンドでエラーが出た。

また、トラブルシューティングのためにエラーメッセージでググるときには、エラーメッセージを英語で検索するほうが情報を得やすい。

Rtoolsをインストール

http://www.murdoch-sutherland.com/Rtools/

CygwinのDLL、Perl、makeなど、WindowsでRのパッケージを作成するために必要なものがまとめて入っている。

PATHの設定

Rtoolsのインストール時に設定するように促される。

便利なもの

PowerToys? WindowsXPのCmdOpenHere?をインストールしておく。

オブジェクトの準備

Rを起動。 関数fとデータxの2個のオブジェクトを含むfooパッケージを作成する。

f <- function(x) x
x <- 1

スケルトンの作成

package.skeleton("foo")

作業ディレクトリにfooディレクトリができる。

以下の内容のNAMESPACEファイルをfooディレクトリ内に作成。

export(f)

パッケージのチェック

コマンドラインで、

R CMD check foo --no-latex --no-install

manやRの内部の*.R, *.Rdファイルをライブラリのチェックでエラーが出なくなるように編集する。

パッケージのビルド

コマンドラインで、

R CMD build foo --binary

foo_1.0.zipができる。

パッケージのインストール

パッケージ->ローカルにあるzipファイルからのパッケージのインストール

パッケージのインストールの確認

installed.packages()

パッケージのロード

library(foo)

パッケージのアンインストール

remove.packages("foo")

パッケージを作り直すときに。

後始末

地域オプションの言語を日本語に戻しておく。

その他

キーワードは次の方法で得る。

file.show(file.path(R.home("doc"), "KEYWORDS"))

パッケージをCRANに登録しよう。

References

Comments

  • 言語の設定は不要では? -- 2008-09-11 (木) 17:10:59
  • package.skeleton()でエラーを無くすのと、エラーメッセージを英語で得ることでトラブルシューティングのための情報収集に役立てるためです。 -- 作成者? 2008-09-12 (金) 11:21:27
  • 言語の設定ではなく、Rのメニューの表示を変更することにした。 -- 作成者? 2008-09-29 (月) 14:41:38


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google
WWW を検索 OKADAJP.ORG を検索
Last-modified: 2015-03-01 (日) 01:15:59 (1727d)