SpatialExtremes(空間極値のモデリング)パッケージ中のオブジェクト一覧

項目説明
anova分散分析表
condmap最大値安定性(max-stable process)のあてはめより条件付き2次元地図を作成
covariance相関分析の定義と計算
cvクロスヴァリデーション規準から罰則付き係数を推定する
distance位置の対の間の距離計算
extcoeff極値係数(extremal coefficient)のプロット
fitcovarianceSchlather のモデル用の共分散関数の推定
fitcovmatSmith のモデルよう共分散マトリックスの推定
fitextcoeff極値係数関数のノンパラメトリック推定子
fitmaxstabデータの最大安定過程(max-stable process)のあてはめ
fitspatgev空間 GEV モデルの MLE
fmadogramComputes the F-madogram の計算
gcv一般化クロスヴァリデーション規準より罰則付き係数の推定
Generalized Extreme Value Distribution一般化極値分布
Generalized Pareto Distribution一般化パレート分布
gev2frechTransforms GEV data to unit Frechet ones and vice versa
lmadogramlambda-madogram の計算
logLik対数尤度の抽出
madogrammadogram の計算
map最大値安定性(max-stable process)のあてはめより2次元地図を作成
margin fits単変量極値分布のデータへのあてはめ
modeldefGEV パラメータの空間的振る舞いのモデルの定義
predict最大値安定性周辺パラメータ(max-stable marginal parameter)の予測
print“maxstab”クラスのオブジェクトの表示
profile最大値安定性(max-stable process)のあてはめオブジェクトのプロファイリング手法
profile2d最大値安定性(max-stable process)のあてはめオブジェクトの(2次元)プロファイリング手
qqextcoeff外部係数の QQ プロット
qqgevGEV パラメータの QQ プロット
rb罰則付き平滑化スプラインを使うモデル作成
rbpspline放射基底関数を使う罰則付きスプラインのデータへのあてはめ
SpatialExtremes空間極値分析
TICTakeuchi の情報規準

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-01 (日) 01:15:59