Rgnome

CRANのgnomeGUIパッケージ(2008-05-05)はArchive入りしているため、インストールできません。ローカルにソースファイルを落としてコンパイルするも、コンパイルできない可能性が高いです。

以下は、古い内容です。


GNOMEとはUNIX系OSの統合デスクトップ環境である。GNOMEアプリケーションとして、R Consoleがある。

インストール

root権限でRを起動した後に、

> install.packages("gnomeGUI")

とする。開発ライブラリが足りないとエラーになるので、必要に応じて適宜追加する。コンパイルが完了すると/usr/lib/R/bin/exec/Rgnomeができあがっているはず。

起動

起動には、--gui=gnomeオプションをつけてやればよい。

$ R --gui=gnome
Screenshot-R-gnome.png

ヘルプを表示すると、次々と別のWindowが開くので、コマンド・関数のヘルプを並べて読みたいときには便利である。

Screenshot-R-help.png

アイコン

デスクトップやパネルに起動アイコンを作っておくとよいかも知れない。Rgnome.desktopの例を示す。

[Desktop Entry]
Version=1.0
Encoding=UTF-8
Type=Application
Exec=R -g gnome
TryExec=
X-GNOME-DocPath=
Terminal=false
Icon=Rlogo.png
Name[ja_JP]=R-gnome
GenericName[ja_JP]=R
Comment[ja_JP]=統計とグラフィック環境

Rlogo.pngはここから適当にダウンロードして、適宜加工したのちに、パスの通った場所においておく。

panel-Rgnome.png

コメントなど



添付ファイル: fileScreenshot-R-help.png 1143件 [詳細] filepanel-Rgnome.png 1134件 [詳細] fileScreenshot-R-gnome.png 1132件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google
WWW を検索 OKADAJP.ORG を検索
Last-modified: 2016-12-06 (火) 20:53:49 (114d)