RKWard


RKWardとは

RKWardとは、Linux上で動作するRのGUIで、使いやすいインターフェイスを提供する。Rの中から起動するのではなく、バックエンドとしてRを呼び出すのが特長。Qtライブラリを使って作成されている。

Rと同様に日本語のpoファイルを提供すればメニューその他が日本語化するはずだが、現在は、es.po fr.po it.po pl.poのみ含まれる。filerkward.pot

Qtで作成されているので、ひょっとしたら、Zaurusでも使えるかも知れない。

RKWardの主な機能

未稿

RKWardのスクリーンショット

Screenshot-Rkward-5.png
Screenshot-Rkward-8.png

さらにスクリーンショットをご覧になりたい方は、こちらへどうぞ。

RKWardのインストール

事前にインストールしていなければならないもの

とドキュメントに書かれているが、PHPはなくても動作した。試した環境はVineLinux3.1で

  • qt-devel-3.3.4-0vl3
  • kdelibs-devel-3.4.0-0vl1
  • R-2.0.1_ja-1vl1 (なかまさん謹製)

がインストールされている。

コンパイルとインストール

$ tar xvzf rkward-0.3.1.tar.gz
$ cd rkward 
$ ./configure --with-extra-includes=/usr/lib/R/include --with-extra-libs=/usr/lib/R/lib/
$ make
$ sudo make install

VinePlus?

時間が確保できたら、krward-0.3.1-0vl1.i396.rpm を作成してVinePlus?にputします。krwardのrpmパッケージがミラーサーバに行き渡れば、

$ sudo apt-get install krward

でインストールできます。が、しばらく猶予をください。

RKWardの起動

パスが通っていれば、

$ rkward
Screenshot-Rkward.png

と聞かれる。そのままOKを押下し、

Screenshot-Rkward-1.png

R_HOMEの場所を聞かれる。通常は/usr/lib/Rでよい。これを聞かれるのがうざったければ、~/.bash_profileに

R_HOME=/usr/lib/R
export R_HOME

と書いておけばよい。

コメントなど



添付ファイル: fileScreenshot-Rkward-8.png 1486件 [詳細] filerkward.pot 1837件 [詳細] fileScreenshot-Rkward-5.png 1356件 [詳細] fileScreenshot-Rkward-1.png 1413件 [詳細] fileScreenshot-Rkward.png 1435件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google
WWW を検索 OKADAJP.ORG を検索
Last-modified: 2015-03-01 (日) 01:15:59 (1727d)