RGtk


Gtkとは

Gtk (GIMP tool kit)とは、主にLinuxで使われるGUI構築のツールキットである。総合デスクトップ環境GNOMEはGtk+をベースに構築されている。RGtkというパッケージを用いるとRからもGtkを利用できる。しかし、Gtk+1.2ベースなので、現在のGtk2環境からするとかなり古いことは否めない

Gtk2用のRGtk2というパッケージがリリースされました。今後はこちらを使うとよいでしょう。

RGtkとその仲間

RGtk
GtkライブラリやGNOMEライブラリへのインターフェイスを提供することによって、Rの中でGUIを簡単に作成するためのパッケージ。インストールにはglib-devel gtk+-develが必要。
RGdkPixbuf
ウィジェットとして利用するGtkPixmap?オブジェクトの中にPNGやJPEGなどさまざまな形式の画像をロードするパッケージ
RGtkHTML
GtkベースのGUIの中にHTMLコンテンツを表示する機能を有するgtkhtmlライブラリへのインターフェイスを提供するパッケージ
RGtkExtra
データ表、ディレクトリツリー、アイコンリストを制御する機能を有するgtk+-extraライブラリへのインターフェイスを提供するパッケージ
REventLoop
Rが有するRead-Eval-Printイベントループ機能をGtkやTcl/Tkのものと置換するために、イベントループの抽象的なAPIを提供するパッケージ。このパッケージは、GtkやTcl/Tkがネイティブに制御・協同できるアイドル・タイマーイベントを提供する。現在のRでは実装できないまたは実装困難な機能(例えば、Rggobiで使用されるtooltips, timers, idle actionsなど)が、このパッケージを用いることにより利用可能になる。
RGnomePrint
印刷や印刷プレビューを制御するgnome-printライブラリへのインターフェイスを提供するパッケージ
RGtkViewers
多数の異なる形式の情報を閲覧するGUIを提供するパッケージ。対応形式は、データベース、データ表、CRANやその他のリポジトリ、クラス階層、Gtk情報、Rソースコード、カラースキーム、XML、ウィジットツリー。
RGtkBindingGenerator
Gtkライブラリへのインターフェイスを提供するS言語やC言語のソースを作成するためのパッケージ。このパッケージは、RGtkパッケージの作成に使用され、embedded Mozilla、 gtkhtml、Zvtなど他のGtkライブラリと連携する用途にも使える。
RGtkConsole
GtkConsole?クラスへのインターフェイスを提供するパッケージ。疑似ターミナル環境が提供されるが、gnome-ternimalやESSと比べて優れている点も見あたらず、用途は不明。
RGtkGlade
GNOMEの対話的GUI構築ソフトGladeへのインターフェイスを提供するパッケージ。Gladeの中でコールバックにRの関数を書くことができる。

利用例

RGtkViewers

library(RGtkViewers)
CRANView(c(Omegahat="http://www.omegahat.org/download/R/packages"))
CRANView-20040323.png

RGtkGlade

同梱のgnome-interface.gladeを読み込んだところ。

rgtkglade-20040323.png

コメント



添付ファイル: fileCRANView-20040323.png 1895件 [詳細] fileR-GNOME.png 1019件 [詳細] filergtkglade-20040323.png 1873件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google
WWW を検索 OKADAJP.ORG を検索
Last-modified: 2015-03-01 (日) 01:15:59 (1719d)