R Journal / R Newsletter 掲載項目の日本語訳

R news は、2009年より、R Journal になりました

このため、R Newsletter 掲載項目の日本語訳を編集し、新たにページを作成しました

最新のものが上に来るように配置換えしました



R Journal 2009 -

VOLUME 4/1, June 2012

  • 論評
  • 投稿研究論文
  • 季節的データの分析
  • MARSS: 時系列データ分析のための多変量自己回帰状態空間モデル
  • openair - Data Analysis Tools for the Air Quality Community
  • 外部ライブラリーインターフェース
  • Vdgraph: A Package for Creating Variance Dispersion Graphs
  • xgrid and R: Parallel Distributed Processing Using Heterogeneous Groups of Apple Com- puters
  • maxent: An R Package for Low-memory Multinomial Logistic Regression with Support for Semi-automated Text Classification
  • Sumo: An Authenticating Web Application with an Embedded R Session
  • From the Core
    • Who Did What? The Roles of RPackage Authors and Howto Refer to Them
  • ニュースと覚書
    • R の変更点
    • CRAN の変更点
    • R Foundation ニュース

VOLUME 3/2, December 2011

  • 論評
  • 投稿研究論文
  • Creating and Deploying an Application with (R)Excel and R
  • glm2: Fitting Generalized Linear Models with Convergence Problems
  • Implementing the Compendium Concept with Sweave and DOCSTRIP
  • Watch Your Spelling!
  • Ckmeans.1d.dp: Optimal k-means Clustering in One Dimension by Dynamic Programming
  • Nonparametric Goodness-of-Fit Tests for Discrete Null Distributions
  • Using the Google Visualisation API with R
  • GrapheR: a Multiplatform GUI for Drawing Customizable Graphs in R
  • rainbow: An R Package for Visualizing Functional Time Series
  • Programmer’s Niche
  • Portable C++ for R Packages
  • ニュースと覚書
  • R’s Participation in the Google Summer of Code 2011
  • カンファレンス講評: useR! 2011
  • 今度のイベント
  • R の変更点
  • CRAN の変更点
  • Bioconductor プロジェクトからのニュース
  • R Foundation ニュース

VOLUME 3/1, June 2011

  • 論評
  • 投稿研究論文
  • testthat: Get Started with Testing
  • メーリングリストの計数ベースのソーシャルネットワーク分析
  • Rmetrics - timeDate パッケージ
  • digitize パッケージ: 散布図から,数値データを読み取る
  • DEoptim を用いた微分展開
  • rworldmap: 全球マッピング用新Rパッケージ
  • R を用いた暗号ブール関数
  • R のラスター画像
  • R における確率的気象予測
  • Analyzing an Electronic Limit Order Book
  • ヘルプデスク
  • Giving a useR! Talk
  • Tips for Presenting Your Work
  • 書評
  • Forest Analytics with R (Use R)
  • ニュースと覚書
  • Conference Review: Third Meeting of Polish R Users, The Influenza Challenge
  • Conference Review: Kickoff Workshop for Project MOSAIC
  • R の変更点
  • Changes on CRAN

Bioconductor プロジェクトからのニュース

VOLUME 2/2, December 2010

  • 論評
  • 投稿研究論文
  • R で微分方程式を解く
  • Source References
  • hglm: 階層一般化線形モデルあてはめパッケージ
  • dclone: Data Cloning in R
  • stringr: modern, consistent string processing
  • Bayesian Estimation of the GARCH(1,1) Model with Student-t Innovations
  • cudaBayesreg: Bayesian Computation in CUDA
  • binGroup: A Package for Group Testing
  • RecordLinkage? パッケージ:データエラーの検出
  • spikeslab: Spike 及び Slab 回帰を使う予測と変数選択
  • コアより
  • 新着情報
  • ニュースと覚書
  • useR! 2010
  • 今度のイベント
  • R での変更点
  • CRAN の変更点
  • Bioconductor プロジェクトニュース
  • R Foundation ニュース

VOLUME 1/2, December 2010

  • 論評
  • 投稿研究論文
  • IsoGene?: An R Package for Analyzing Dose-response Studies in Microarray Experiments
  • glmmBUGS を用いた一般化線形混合モデルのための MCMC
  • 国の形状の地図化と計測
  • tmvtnorm: 打ち切られた多変量正規分布のためのパッケージ
  • neuralnet: ニューラルネットワークのトレーニング
  • glmperm: A Permutation of Regressor Residuals Test for Inference in Generalized Linear Models
  • オンラインの再現可能研究: バクテリアのDNA指紋データへの多変量解析の応用

離散データに対する両側正確検定とマッチングされた信頼限界

  • 書評
    • 初心者のためのRのガイド
  • ニュースと覚書
  • カンファランスレビュー
  • NppToR 入門:Notepad++ と R の相互作用
  • R 2.10.1-2.11.1 での変更
  • CRAN での変更
  • Bioconductor プロジェクトニュース
  • R Foundation ニュース

VOLUME 2/2, December 2009

  • 論評
  • 特集: R の将来
    • R プロジェクトの社会組織と軌跡の諸相
  • 投稿研究論文
  • パーティをしよう!
  • ConvergenceConcepts? : さまざまな種別の収束を調査する R パッケージ
  • asympTest: 大きなデータの古典的なパラメトリック検定と信頼区間のための単純な R パッケージ
  • copas: コーパス選択モデルのあてはめのための R パッケージ
  • R への移行: SAS, Stata 及び SUDDAN の健康政策分析テクニックの複製
  • Rattle: R 用データマイニング GUI
  • sos: R パッケージの検索ヘルプページ
  • コアより
    • 新 R ヘルプシステム
  • ニュースと覚書
    • カンファレンス講評: DSC 2009
  • カンファレンス講評:WZUR(2.0) - ポーランド R ユーザ第2回会合
  • R での変更点: 2.9.1-2.10.0 パッチ
  • CRAN の変更点
  • Bioconductor プロジェクトニュース
  • R Foundation ニュース

VOLUME 1/2, December 2009

  • 論評
  • 特集:R の将来
    • R プロジェクトの社会組織と軌跡の諸相
  • 投稿研究論文
    • Party on!
  • ConvergenceConcepts? : 収束のさまざまなモードを調査する R パッケージ
  • asympTest: 大規模サンプルでの古典的パラメトリック統計検定及び信頼区間のための簡単な R パッケージ
  • copas: コーパス選択モデルのあてはめのための R パッケージ
  • Transitioning to R への移行: 保健政策データの SAS, Stata, 及び SUDAAN の分析テクニックの再現
  • Rattle: R 用データマイニング GUI
  • sos: R パッケージのヘルプページの検索
  • コアより
  • 新しい R のヘルプシステム
  • ニュースと覚書
  • カンファレンスレビュー: DSC 2009
  • カンファレンスレビュー: 第2回ポーランド R ユーザ会
  • R の変更点: 2.9.1-2.10.0 パッチ
  • CRAN の変更点
  • Bioconductor プロジェクトニュース
  • R Foundation ニュース

VOLUME 1/1, May 2009

  • 論評
  • 特集:R の将来
    • R の諸相
    • R-Forge を用いた協調的共同ソフトウエア開発
  • 投稿研究論文
    • R を使った図表の描画 Paul Murrell
    • hwriter パッケージ
    • AdMit?: スチューデント t 分布の適応型混合
    • expert: Expert Opinion を用いたデータのないモデリング
    • mvtnorm: 多変量正規確率のための新数値アルゴリズム
    • EMD: A Package for Empirical Mode Decomposition and Hilbert Spectrum
    • Sample Size Estimation while Controlling False Discovery Rate for Microarray Experiments Using the ssize.fdr Package
    • snowfall と sfCluster を使ったより容易な並列計算
    • PMML:モデル共有のためのオープンスタンダード
  • ニュースと覚書
    • 今度のイベント: R を利用した計量社会科学研究
    • 今度のイベント: DSC 2009
    • 今度のイベント: useR! 2009
    • カンファレンスレビュー:第1回中国 R 会議
    • R 2.9.0 での変更点
    • CRAN の変更点
    • Bioconductor プロジェクトニュース
    • R Foundation ニュース

R News 2001 - 2008

Volume 8/2, October 2008

  • 論評
  • rggobi 入門
  • bipartite パッケージ入門:生態学ネットワーク分析
  • profileModel R パッケージ: 線形予測付きモデルのための目的変数のプロファイル
  • R でのテキストマイニング入門
  • animation: 統計アニメーション用パッケージ
  • VGAM パッケージ
  • 非同一オブジェクトの比較
  • mvna: 多変量モデルのための Nelson Aalen 推定用パッケージ プログラマーのニッチ: R の Y
  • R 2.8.0 の変更点
  • CRANでの変更
  • Bioconductor プロジェクトニュース useR! 2008 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 71
  • 今度のイベント: useR! 2009
  • 今度のイベント: DSC 2009
  • R Foundation ニュース

Volume 8/1, May 2008

  • 論評
  • LyX を使った Sweave の利用
  • 取引コスト
  • 欠損共変動情報をもつコーホートのための生存分析
  • segmented:Broken-Line 関係をもつ回帰モデルのあてはめのための R パッケージ
  • ドケチのしきい値のベイズ推定
  • R の自己回帰モデル
  • actuar パッケージを用いた Loss 分布の統計モデリング
  • Programmers’ Niche: R の多変量多項式
  • R ヘルプデスク
  • R 2.7.0 の変更点
  • CRANでの変更
  • Bioconductor プロジェクトニュース
  • 今度のイベント: useR! 2008
  • R Foundation ニュース
  • R ニュース査読者

Volume 7/3, December 2007

  • 論評
  • SpherWave?: SphericalWavelets? による球面散布データの分析 R パッケージ . 2
  • R の行動分析にダイビング
  • R の非常に巨大な数:Brobdingnag パッケージの紹介
  • DPpackage を非パラメトリックおよびセミパラメトリック推論利用したインターフェース
  • gWidgets 入門
  • R に関する財務ジャーナリズム
  • ヒントが欲しいの?
  • 心理学 Task View
  • meta: R 用メタ分析パッケージ
  • “Plug-In”パッケージによる R コマンダの拡張
  • 多重テストパッケージ multtest の改善
  • R 2.6.1 の変更点
  • CRANでの変更

Volume 7/2, October 2007

  • 論評
  • 多変量解析用新関数
  • gnm: 一般化非線形モデルパッケージ
  • fmri: fmri データ分析パッケージ
  • Optmatch: 観測研究用の柔軟で最適なマッチング
  • R 用ランダム生存フォレスト
  • Rwui: R スクリプトのために、ユーザフレンドリーなウェブインターフェースを作成するウェブアプリケーション
  • np パッケージ: カテゴリカルおよび連続データのカーネル手法
  • eiPack: R × C 生態学推定および高次データ管理
  • ade4 パッケージ . II: 2テーブルおよび K テーブル手法
  • “The R Book”書評
  • R 2.6.0 の変更点
  • CRANでの変更
  • R Foundation ニュース
  • Bioconductor プロジェクトニュース
  • 過去のイベント: useR! 2007
  • 今度のイベント: useR! 2008
  • 今度のイベント: ミュンヘンでの R コース

Volume 7/1, April 2007

  • 論評
  • hexView を使ったバイナリファイルの表示
  • FlexMix?: 有限混合モデリング用 R パッケージ
  • Using R to Perform the AMMI Analysis on Agriculture Variety Trials
  • Inferences for Ratios of Normal Means
  • 未知の変数を使った作業
  • ランダム効果モデルの当てはめ用新パッケージ
  • R 増強用 \unix ツール
  • POT: 閾値を越えるピークのモデリング
  • Backtests
  • John Verzaniの著書"Using R for Introductory Statistics"のレビュー
  • DSC 2007
  • 新雑誌: Annals of Applied Statistics
  • 今度のイベント:useR! 2007
  • R 2.5.0 の変更点
  • CRANでの変更
  • R Foundation ニュース
  • R News Referees 2006

Volume 6/5, December 2006

  • 論評 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
  • グラフとネットワーク: Bioconductor のツール群 . . . . . . 2
  • グラフを使ったパッケージの依存関係のモデリング. . . . . . 8
  • Microscopy Screens の画像解析 . . . . . . . . . . . . . . 12
  • beadarray: Illumina BeadArrays? 解析用 R パッケージ. . . . 17
  • 高密度タイリングアレイを用いたトランスクリプトマッピング .23
  • Bioconductor を用いたフローサイトメトリーデータの分析. . 27
    • はじめに. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
    • 議論と結論. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
  • apComplex を用いたタンパク質複合体メンバーシップ推定. . .32
  • Bioconductor による SNP メタデータアクセスと利用
    • 遺伝子レベルの情報の取得 . . . . . . . . . . . . . . . 36
    • ゲノム全体の連関探索研究 . . . . . . . . . . . . . . . 37
      • データ表現 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
      • 連関テスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
    • 結論 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
  • biomaRt を用いた生物学データリソースの R への統合. . . .40
  • siggenes を用いた分析対象の遺伝子の同定. . . . . . . . 45
  • GeneNet? パッケージを使った遺伝子ネットワークのリバースエンジニアリング . 50
  • made4 および ade4 を利用したデータセットの統合化の多変量アプローチ. . . 54
  • 巨大クラスタリング用 amap および ctc 両パッケージ . 58
  • モデルベースのマイクロアレイ画像分析 . . . . . . . . 60
  • ssize パッケージを利用したマイクロアレイ実験のための標本サイズ推定 . . . 64

Volume 6/4, October 2006

  • 論評 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
  • Sweave および Open Document 形式. odfWeave パッケージ . . . . . . . . . . . . . . . 2
  • plotrix . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
    • parting glance
  • rpanel: tcltk を使ってグラフを動かす. . . . 12
  • 気候変動議論における R の役割 . . . . . . 17
  • filehash パッケージを使ったデータの対話 19
    • 概要と動機
    • R 関連パッケージ
    • filehash データベースの作成
    • filehash データベースへのアクセス
    • filehash データベースのロード
    • 整理
    • 大きな例
    • 他の filehash ユーティリティ
    • filehash データベースバックエンド
    • filehash の拡張
    • 議論
  • R の特殊関数: gsl パッケージの紹介 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
    • はじめに
    • パッケージデザイン哲学
      • パッケージドキュメンテーション
    • パッケージ gsl の利用
    • 要約
  • SIMEX および MCSIMEX の簡潔な入門. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
    • 理論
    • 分散推定
      • 連続データ
      • 離散データ
    • 要約
  • バイナリの反応のパラメトリックリンク . . . . . 32
    • 実装
    • 結論
    • 謝辞
  • Birnbaum-Saunders 新パッケージ
  • Fionn Murtagh の著作の書評: Java と R を使った対応分析とデータコード化 . . . . . . . . . . . . . . . . . 41
    • 本の中身
    • 対応分析の再生
    • 取り扱われていない話題
    • 重要な注意
    • ソフトウェア実装
  • R ヘルプデスク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 43
    • はじめに
    • R コードソース
      • 名前空間に隠蔽されたコード
      • S3 および S4
    • コンパイルされたコードソース
    • 最前線
    • 要約
  • useR! 2006, 第2回 R ユーザ会 . . 45
  • R の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 46
    • 新規貢献パッケージ
    • その他の変更
  • CRANでの変更 . . . . . . . . . . . . . . . . 55
  • R Foundation ニュース . . . . . . . . . . . . . . . . 63
    • 寄付と新メンバー
      • 新サポート機関
      • 新サポートメンバー
  • Bioconductor プロジェクトニュース

Volume 6/3, August 2006

  • 論評 .............................1
  • カルボン酸の分離を最適化するための非線形回帰 .........2
    • 実施例
    • 初期値
    • 部分線形モデル
    • 自動開始非線形回帰分析
    • 公表データとの比較
    • 診断
    • 結果のさらなるプレゼン
    • 最後に一言
  • 生物学的検定および毒性試験からの用量-反応曲線のあてはめ ... 7
  • pls パッケージ ....................... 12
    • はじめに
    • 典型的な利用方法
    • 多重応答モデル
    • 柔軟なクロスバリデーション
    • 内部構造と拡張
  • 化学におけるモデルベースのいくつかのクラスタアプリ .... 17
  • X 線粉末回折パターンのデータベースのマッピング ....... 24
  • R による分子情報の生成、使用および可視化 .......... 28

Volume 6/2, May 2006

  • 論評
  • 確率分布のための S4 クラス
    • 動機
    • 概念
    • クラス構成
      • 確率分布クラス
      • シミューレーションクラスおよび評価クラス
    • メソッド
      • アフィン線形変換
      • 単項数学演算子
      • rより d, p, および q の構築
      • 畳み込み
      • シミュレーション
      • オーバーロードしたジェネリック関数
    • オプション
    • オプション
    • システム/バージョン要件等
    • 事例
    • 詳細/雑事
    • 謝辞
  • regress 関数
  • 外れ値のためのデータ処理
  • R での持分金融資産(equity portfolios)分析
  • GroupSeq?: 群逐次法を利用した臨床試験のデザイン
  • 日々の臨床診療での R/Sweave の利用
  • changeLOS: An R-package for change in length of hospital stay based on the Aalen-Johansen estimator
  • バルーンプロット
  • R とgraphviz を使った系図の描画
  • PostScript? および PDF グラフィックスの非標準フォント
  • doBy パッケージ
  • Rを使った Normed division algebras :onion パッケージの紹介
  • 抵抗回路網 R: ResistorArray? パッケージの紹介
  • いいもの、悪いもの、見苦しいもの。 Paul Murrellの新刊: “R Graphics”のレビュー
  • R の変更
  • CRANでの変更
  • R Foundation ニュース
  • Bioconductor プロジェクトニュース
  • 今度のイベント: DSC 2007

Volume 6/1, March 2006

  • 論評
  • MCMCpack を使った R の応用ベイズ推定
  • CODA: MCMC の収束診断と出力解析
  • ベイズソフトウェアの検証
  • BUGS のオープン化
    • BUGS の仕組み
    • 計算と推定
    • ソフトウェア開発
    • メタプログラミング
    • BRugs: R 用インターフェース
    • BRugs セッション
    • 展望
    • BUGS 言語
    • 影響
    • データ
    • 正確さ
    • グラフ上での計算
    • 展望
  • R を利用したベイズデータ分析
  • 正誤表

Volume 5/2, November 2005

  • 論評
  • BMA: Bayesian Model Averaging 用 R パッケージ
  • R の空間データ用クラスとメソッド
    • sp パッケージの意義と,これが提供するクラスとメソッドに関する簡単な解説が中心。
    • クラスおよび実装
    • メソッド
    • Trellis マップ
    • GIS との接続
    • R パッケージとの接続
    • 追加情報と将来
    • 謝辞
  • Condor DAG を使用した処理が長くかかる R のジョブの実行
  • rstream: 確率シミュレーションの乱数ストリーム
  • mfp
  • crossdes
  • R ヘルプデスク
  • R変更点
  • CRANの変更点
  • 今後のイベント: useR! 2006

Volume 5/1, May 2005

  • 論評
  • R 2.1.0 の国際化の特徴
  • R 2.1.0 のパッケージとそれらの管理
  • grid グラフィックスの最近の変更点
  • hoa: 高次尤度推定のR 用バンドルパッケージ
  • R における線形混合モデルのあてはめ
  • 統計地震学(Statistical Seismology)への R の利用
  • パッケージ作成と維持のための文芸的プログラミング
  • CRAN Task Views
  • Sweave による制御構造の利用 . . . . . 40
  • 前臨床統計学者(Preclinical Statisticians)にとってのR の価値
  • Rを使った数学レクリエーション:“magic”パッケージ入門
  • Programmer’s Niche
  • "Julian J. Faraway: Linear Models with R"の書評
  • R Foundation ニュース
  • R変更点
  • CRANの変更点
  • イベント

Volume 4/2, September 2004

  • 論評
  • R 2.0.0 における遅延ロードとパッケージ
  • R Graphics のフォント、ラインおよび透過度
  • NMMAPSdata パッケージ
  • Rgraphviz を使った経路のレイアウト
  • Wine を利用した R と BUGS の融合
  • R パッケージのメンテナンス
  • R の変更点
  • CRAN の変更点

Volume 4/1, June 2004

  • 論評
  • The Decision To Use R
  • The ade4 package - I : One-table methods
  • qcc: 品質管理図と統計プロセス管理のための R パッケージ
  • R の最小二乗計算
  • R パッケージ対話型探索ツール
  • survival パッケージ
  • useR! 2004
  • R ヘルプデスク
  • Programmers’ Niche
  • R変更点
  • CRANの変更点
  • R Foundation ニュース

Volume 3/3, December 2003

  • 論評
  • データマッピングのための次元の縮退
  • 生態系のモデリングにおけるシミュレーション環境としてRを使用する
  • Rで縦断的な学生の成績モデルを評価する
  • lmeSplinesパッケージ
  • デバッグの(ひどい)つらさから解放する
  • R2HTMLパッケージについて
  • R ヘルプデスク
  • Programmer's Niche
  • 最近のできごと
  • 至近のできごと
  • R 1.8.1 への変更点
  • CRANの変更点
  • R Foundation ニュース

Volume 3/2, October 2003

  • 論評
  • R ヘルプデスク
  • grid グラフィックス出力とベースのグラフィックス出力との統合
  • 一般誤差分布の新パッケージ
  • Bioconductor を使ったウェブベースのマイクロアレイ分析
  • Sweave, Part II: Package Vignettes
  • R Foundation ニュース
  • 最近の出来事
  • 書評
  • R 1.8.0 の変更点
  • CRAN の変更点
  • クロスワードの答え
  • 「Intel Linux 下での R および R パッケージの Microsoft Windows 版のビルド」への訂正

Volume 3/1, June 2003

  • 論評
  • R の名前空間管理
  • S4 への変換パッケージ
  • genetics パッケージ
  • 分散拡大要因
  • Intel Linux 下での R および R パッケージの Microsoft Windows 版のビルド
  • R での調査データの分析
  • Beowulf クラスタ上の RPVM を使った計算の増加
  • R ヘルプデスク
  • 書評
  • R 1.7.0 の変更点
  • CRAN の変更点
  • クロスワード
  • 最近の出来事

Volume 2/3, December 2002

  • 論評
  • R のリサンプリング手法:boot パッケージ
  • 回帰関係の診断チェック
  • 遅延データパッケージ
  • geepack: Yet Another Package for Generalized Estimating Equations
  • R の多重比較について
  • randomForest による分類と回帰
  • ゲノムデータを処理するいくつかの戦略
  • R-Tcl/Tk パッケージへの変更点
  • Sweave, パートI: R と LATEX のミックス
  • R ヘルプデスク
  • R の変更点
  • CRAN の変更点
  • 新刊
  • R における gRaphical モデル
  • 最近の出来事と今後の出来事

Volume 2/2, June 2002

  • 論評
  • R 1.5.0 の時系列
  • Naive Time Series Forecasting Methods
  • Rmpi: R における並列統計コンピューティング
  • grid グラフィックスパッケージ
  • Lattice
  • Programmer’s Niche
  • geoRglm: 一般化線形空間モデル用パッケージ
  • Querying PubMed?
  • evd: 極値分布
  • ipred: 改良された予測法
  • R の変更点
  • 今後の出来事

Volume 2/1, March 2002

  • 論評
  • 外部ファイルの読み込み
  • Maximally Selected Rank Statistics in R
  • cDNA マイクロアレイの品質管理と初期診断
  • Bioconductor
  • AnalyzeFMRI: MRI および fMRI データセットの探索と分析パッケージ
  • DNA マイクロアレイデータ分析に R を利用
  • R 1.4.0 への変更点
  • R 1.4.1 への変更点
  • CRANの変更点

Volume 1/3, September 2001

  • 論評
  • Rの Darwin/X11とMacOS Xへの移植
  • RPVM: Rにおけるクラスタを用いた統計解析
  • strucchange: 線形回帰関係において構造の変化をテストする
  • Programmer's Niche: Rでマクロを使用する
  • Rにおける空間統計手法(続)
  • Rにおけるオブジェクト指向プログラミング
  • RにおけるC/C++およびFortranルーチンのサーチ
  • サポートベクタマシン
  • R-Tcl/Tkパッケージ入門
  • wle: 重みづけ尤度を用いたロバスト統計用パッケージ
  • CRANの変更点
  • Rの変更点
    • R 1.3.1の新しい特色

Volume 1/2, June 2001

  • 論評
  • R自体への変更点
    • R 1.3.0の新しい特色
    • R 1.2.3の新しい特色
    • R 1.2.2の新しい特色
  • CRANの変更点
    • パッケージ
    • 推奨されるパッケージ
    • MacOSおよび MacOS X
    • その他
  • Date-Timeクラス
  • Windows環境にRをインストール
  • Rにおける空間統計手法
  • geoR: 地理統計解析のためのパッケージ
  • 乱数場のシミュレーションと解析
  • mgcv: Rで使える GAMおよび一般化Ridge回帰
  • 'tensor'の要点とは?
  • 多変量確率とガウス確率について
  • Programmer's Niche
  • 最近のできごと

Volume 1/1, January 2001

  • R って何?
  • R リソース
  • R変更点
  • CRAN の変更
  • 新しいメモリ管理下で
  • R における正確順位検定
  • Rのマッキントッシュへの移植
  • 大きな非心度パラメータ値における非心階乗分布の密度
  • Connections
  • R を使ったデータベース利用
  • Rcgi 4: Web 統計をさらに簡単に
  • R 用 Omegahat パッケージ
  • 統計ための XML 利用: XML パッケージ
  • Programmer’s Niche

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google
WWW を検索 OKADAJP.ORG を検索
Last-modified: 2015-03-01 (日) 01:15:59 (1718d)