R Console: iOSで動作するR


R Consoleとは

App Storeに登録されているR Consoleは、iPhoneやiPadなどiOS上で動作するR
現在はApple Storeから消えているようです

インストール

App Storeからインストールする(無料)

起動と操作

通常のアプリケーションと同様の手順で(つまり、アイコンをタップして)起動する。

R_Console1.png

無償アプリなので広告が入る。 Rのバージョンは3.1.1 (2014年10月18日現在)

R_Console3.png

基本的な関数は問題ない。plot()などグラフィック系の関数は動作しない。

R_Console4.png

ヘルプの表示は見にくい。本来、下線が引かれる見出し語が、1文字とアンダースコアが交互に表示されている。

iPhoneを横に倒すと、R Consoleも連動する。

R_Console6.png

日本語は非対応

日本語の変数名を試してみたが、エラーになった。

R_Console5.png

変数の値に日本語文字列を格納することは出来るが、値を取り出したときに文字化けする(8進数コード表示になる)。

> a <- "あ"
> a
[1] "\343\201\202"

ローケルを確認したらCになっていた。それなら仕方がない。

> Sys.getlocale()
[1] "C"

関連サイト

コメント

  • iPad Air(iOS8.1)では入力文字が表示されませんね。 -- 2014-10-20 (月) 14:17:31
  • すみません、iOS8.02でした。 -- 2014-10-20 (月) 14:18:20


添付ファイル: fileR_Console5.png 541件 [詳細] fileR_Console1.png 577件 [詳細] fileR_Console4.png 566件 [詳細] fileR_Console6.png 546件 [詳細] fileR_Console3.png 567件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google
WWW を検索 OKADAJP.ORG を検索
Last-modified: 2016-12-15 (木) 21:23:08 (366d)