R 2.4.0 の変更点


ユーザから見える変更

  • スタートアップ画面で,バージョン,著作権の順で表示するようになった。
    【R2.4.0】
    R version 2.4.0 (2006-10-03)
    Copyright (C) 2006 The R Foundation for Statistical Computing
    ===========
    【R2.3.1以前】
    R : Copyright 2006, The R Foundation for Statistical Computing
    Version 2.3.1 (2006-06-01)
  • read.csv(), read.csv2(), read.delim(), read.delim2() の引数 'comment.char' のデフォルトが "" になった。
    【R2.4.0】
    > head(read.csv)
    1 function (file, header = TRUE, sep = ",", quote = "\\"", dec = ".", 
    2     fill = TRUE, ...)                                               
    ===========
    【R2.3.1以前】
    > head(read.csv)
    1 function (file, header = TRUE, sep = ",", quote = "\\"", dec = ".", 
    2     fill = TRUE, comment.char = "", ...)                            
  • [[ は,factor が一つの要素しか持たないときでもintegerではなくfactorを返すようになった。 一つの要素しか持たないfactorをas.listすると一つの要素を持つcharacterのリストではなく一つの要素を持つfactorのリストを返す。 factorのリストをunlistするとintegerではなくfactorを返す。 これらの変更は,sapply()やlapply()をfactorに適用するときの結果に影響を及ぼす。
    【R2.4.0】
    > factor(1)[[1]]
    [1] 1
    Levels: 1
    > as.list(factor(1))
    [[1]]
    [1] 1
    Levels: 1
    > a <- list(factor(c("a", "a", "b")))
    > unlist(a)
    [1] a a b
    Levels: a b
    ===========
    【R2.3.1以前】
    > factor(1)[[1]]
    [1] 1
    > as.list(factor(1))
    [[1]]
    [1] "1"
    > a <- list(factor(c("a", "a", "b")))
    > unlist(a)
    [1] 1 1 2
  • mauchly.test() は,SAS, SPSS との互換性のため,z 統計量ではなく,W 統計量を返す。
    【R2.4.0】
    > example(mauchly.test)
    中略
    data:  SSD matrix from lm(formula = reacttime ~ 1) 
    W = 0.9601, p-value = 0.8497
    ===========
    【R2.3.1以前】
    > example(mauchly.test)
    中略
    データ:  SSD matrix from lm(formula = reacttime ~ 1) 
    以下にエラーif (x == "X-squared") { : 引数の長さが0です
    追加情報: 37 件の警告がありました (警告を見るには warnings() を使って下さい)
  • sort(x, decreasing = FALSE, ...) は総称関数になった。このため,'partial' はもはや,第二引数ではない。位置による引数指定をしているときには注意が必要(Rはそれを検知するよう努力する)
    【R2.4.0】
    > head(sort)                                                                                                   
    1 function (x, decreasing = FALSE, ...)                                                             
    ===========
    【R2.3.1以前】
    > head(sort)                                                                
    1 function (x, partial = NULL, na.last = NA, decreasing = FALSE, 
    2     method = c("shell", "quick"), index.return = FALSE)        
  • S4メソッドへの変更により,methods に依存しているパッケージは再構築が必要になる。

新しい関数や仕様のうち,おもしろいもの

  • combn(x, m, ..) x から m 個のものを取り出した結果
    > combn(5, 3)
         [,1] [,2] [,3] [,4] [,5] [,6] [,7] [,8] [,9] [,10]
    [1,]    1    1    1    1    1    1    2    2    2     3
    [2,]    2    2    2    3    3    4    3    3    4     4
    [3,]    3    4    5    4    5    5    4    5    5     5
  • df() が非心パラメータ nc を持つようになった
  • example() が ask パラメータ(TRUE/FALSE)を持つようになった
  • head() と tail() のパラメータが負の値を持てるようになった
  • hist(*, plot = FALSE)は,使用されない引数について警告するようになった
    よほど,評判が悪かったのだろう,元に戻った
    hist(*, include.lowest=., plot=FALSE) does not warn anymore.
  • median が,総称関数になった
  • memory.size(), memory.limit() が Windows 特有のものであることを明示するようになった(^_^)
    > memory.size()
    [1] Inf
    Warning message:
    'memory.size()' is Windows-specific 
    > memory.limit()
    [1] Inf
    Warning message:
    'memory.limit()' is Windows-specific 
  • x <- 1:20; y <- rnorm(x); nls(y ~ A*exp(-x^2/sig)) のような場合でも,ちょっとはましな解析をするようになった
  • lapply() の再帰版 rapply()
  • setwd() はセットする前のディレクトリをinvisible で返す。par() と同じようになったので,元に戻すのが便利になった。
    > a <- setwd("~/Desktop")
    > setwd(a)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google
WWW を検索 OKADAJP.ORG を検索
Last-modified: 2015-03-01 (日) 01:15:59 (1727d)