R 2.2.1 の変更点

オリジナル文書

ユーザから見える変更

  • options("expressions") の値が 1000 に減らされました。2.1.0 で設定された 5000 という制限は、C stack のオーバーフローによるクラッシュを引き起こしがちでした。

新機能

o Use of 'pch' (e.g. in points) in the symbol font 5 is now
  interpreted in the single-byte encoding used by that font.
  Similarly, strwidth now recognizes that font 5 has a different
  encoding from that of the locale.  (These are likely to affect
  the answer only in MBCS locales such as UTF-8.)
  • URW フォントのフォントメトリックが、2002年末以降のバージョンにアップデートされました。このバージョンは、キリル文字を含むより多くのグリフを含んでいます。
  • Postscript で新たに以下のエンコーディングが使えるようになりました:CP1250 (Windows East European)、ISO Latin-7 (8859-13, Latvian, Lithuanian and Maori)、Cyrillic (8859-5)、KOI8-R、KOI8-U、CP1251。
  • ix86 および x86_64 Linux 上の Intel および Portland Group のコンパイラに対する、configure のサポートが改善されました。
  • R CMD INSTALL が、実行が中断されたとき (キーボードから ctrl-C を入力したときなど) に「ゴミ」を残さないようになりました。
  • メッセージ全体のフランス語訳ができました。Philippe Grosjean に感謝します。

廃止および廃止予定

  • 文書化されていない、atan() に2つの引数を取らせる使い方は廃止予定です。代わりに atan2() を使ってください(文書にある通りです)。
  • axis() および mtext() の 'vfont' 引数は廃止予定です(現在では警告が表示され、なんの動作もしません)。
  • 関数 mauchley.test() は廃止予定となり(スペルが間違っていました)、mauchly.test() に置き換えられました。

バグフィックス

o The malloc's of AIX and OSF/1 which return NULL for size 0
  are now catered for in src/main/regex.c.
  • 欠損したリスト要素の名前が $<NA> と表示されるようになりました。$"NA" ではありません (こちらは欠損値ではない "NA" という名前の表示に用いられます)。 (PR#8161 での議論で提案されました)
  • help.start() が、フロントページおよびそこから直接リンクされているページで使用する R.css をリンクしていませんでした (2.2.0 のみ)。
o Indexing by character NA matched the name "NA".
o The arith-true test used random inputs and did not set the seed, so
  it could fail very occasionally.
o arima() with 'fixed' supplied and p=0 for the non-seasonal
  part could give spurious warnings about 'some AR parameters
  were fixed'.
  • クラスオブジェクトによっては、summary.matrix() が無限再帰を引き起こす可能性がありました (たとえば "Surv" クラスのオブジェクト)。
  • C char が sign されているいくつかのプラットフォームにおいて、8ビット文字集合における255番目の文字が正しく文字として扱われていませんでした。たとえば、この文字が \377 と表示され、変数名に使うことができませんでした。(Alexey Shipunov がロシア語エンコーディング上で示しました)
o Conversion from POSIXct to POSIXlt is done more accurately
  around the change of DST in years not supported by the OS
  (pre-1970 on Windows and some others, and in the far past or
  future).
  • プラットフォームによっては、chisq.test(cbind(1:0, c(7,16)), simulate.p = TRUE) が間違ったp値を返していました。(PR#8224)
  • pdf() がエンコーディングの詳細を正確にファイルに書き出していませんでした。(Alexey Shipunov がロシア語エンコーディング上で示しました)
o image() was failing with an error when plotting a matrix
  of all NA values.  (PR#8228)
  image() could fail if called with add=FALSE (the default) and
  length(x)=1 for either x or y, as it uses the plot coordinates of
  the previous plot (if any).
  • tools::checkMD5sums がスペースを含むファイル名を受け取ることができませんでした。
o The plot() method for TukeyHSD() needed updating after adding
  adjusted p-values.  (PR#8229)
  • read.fwf() が header = TRUE の場合に動作していませんでした。(PR#8226)
  • 引数の dimnames が NA 値を含む場合に、diag() が落ちていました。
  • UTF-8 ロケールでは、ヘルプページの例でさえ、\U および \L を用いた場合に [g]sub(pcre=TRUE) が正しく動作していませんでした。
  • "methods" 引数を与えると、promptMethods() が落ちていました。
o is.loaded() now finds Fortran symbols whether or not the
  registration mechanism has been used.
o ISODateTime() mistakenly corrected non-existent times (when
  DST was being started) in the current time zone.
  • データフレームでの置換で、間違った結果を返す場合がありました。たとえば、DF[3:4, "y"] で "y" カラムが存在しない、あるいは行列だった場合がそうです。
o getGraphicsEvent() would cause memory corruption if passed an
  empty prompt.
o qr() and chol() now pivot the colnames of the result when
  pivoting is used.  (PR#8258)
o example(points) omitted pch=0, although it was valid and
  said in the text to be illustrated.
o plot.default() had an unused 'lab' argument, thereby preventing
  the 'lab' graphics parameter being passed through '...' .
o Although polygon(col = NA) was the stated default, specifying
  NA was not equivalent to omitting the argument (but col=NULL
  was equivalent).
  • Im(-1) が pi になっていました。(PR#8272。R の以前の全バージョンで、非複素数の Im と Arg が同じ値を返していたことの副作用です)
  • symbols(fg) のデフォルトが colour 1 になっており、文書にある par("col") になっていませんでした。現在はデフォルトが par("col") になっています。
  • par("family") が値の長さ (49バイトまで) をチェックしておらず、そのために segfault を起こす可能性がありました。
o aggregate.ts() did not allow for rounding in frequencies such
  as 1/5.
o prcomp(tol=) was not dropping the sdev's corresponding to
  dropped columns.
o Subassignment of a vector which increased the length of the
  vector _and_ had the wrong length of replacement could
  occasionally segfault.  (This has been there since at least
  mid 1997.)
o The registration of .Fortran symbols was broken: these could
  only be looked up if there were also .Call symbols registered!
o R CMD build was incorrectly rejecting the recommended form of
  name for a translation package, 'Translation-ll'.  (PR#8314)
o numericDeriv() gave nonsense results unless the variables were
  real, which was not checked.
o predict.prcomp() would sometimes give an error when predicting
  a single observation.  (PR#8324)
  • mapply() が、MoreArgs? がリストでない場合に segfault を起こす可能性がありました。(PR#8332)
o The arith-true test used identical() on floating-point results,
  and this allowed a failure when the relative difference was
  less than .Machine$double.eps but non-zero.
  • qbinom() が、log.p = TRUE の場合に、正当な値であるにもかかわらず、p = -Inf を受け付けていませんでした。
  • write.csv[2] が 'row.names' として論理定数しか受け付けていませんでしたが、変数を受け付けるようになりました。
o Conversion of .Rd files did not correctly match braces
  enclosing a whole argument, e.g. \eqn{{\bf a}}{a}.
o The C function pythag (used if hypot was not available) would
  infinite-loop on systems with effective optimizing compilers.
  • dummy_vfprintf を使用するコネクションで長い書式 (1000バイトを越すもの) を書こうとすると、これに失敗する可能性のあるシステムがありました。R 2.3.0 でもっと完全なフィックスが行われるまで、制限を 100000 バイトに変更しておきます。
  • R を make せずに src/nmath/standalone ディレクトリ下で make を行った場合、Rmath.h が make されていませんでした。
o Both the R front-end and INSTALL could find the attempted
  temporary directory name already in use on platforms without
  mktemp (and a genuine Bourne shell /bin/sh, not bash).  Now
  both the process ID and a timestamp are used to create the
  directory name.
  • ほかの分布関数との一貫性のために、[dpqr]gamma が不正な 'shape' パラメータに対して (エラーを投げるのでなく) NaN を返すようになりました。
o t() now longer drops dimnames 'list(NULL,NULL)' or 'list(NULL)'.
o Influence measures such as rstandard() and cooks.distance()
  could return infinite values rather than NaN for a case which
  was fitted exactly.  Similarly, plot.lm() could fail on such
  examples.  plot.lm(which = 5)  had to be modified to only plot
  cases with hat < 1.  (PR#8367)
  lm.influence() was incorrectly reporting 'coefficients' and
  'sigma' as NaN for cases with hat = 1, and on some platforms
  not detecting hat = 1 correctly.
  • スタンドアロンの Rmath の Rmath.h が HAVE_WORKING_LOG を記録しておらず、この変数を利用するプラットフォーム上で R_log を利用できませんでした。
  • HoltWinters?() が C コード中でやや不正確な式を利用していました。
  • dir.create() が、パスの末尾のスラッシュ、および Windows のドライブ名を含むパスによって混乱していました。
  • tcl/tkConfig.sh を検索する際、'lib64' ディレクトリより先に 'lib' が検索されていました (/usr/local/lib64 は全く検索していませんでした)。そのため、32-bit、64-bit バージョンの双方が利用できる場合に、32-bit バージョンの方が選択されるかもしれませんでした。
o nlminb() used an uninitialized variable unless bounds were supplied,
  and so failed on 64-bit Solaris.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google
WWW を検索 OKADAJP.ORG を検索
Last-modified: 2015-03-01 (日) 01:15:59 (1720d)