gedit

geditは、GNOMEデスクトップの標準テキストエディタ。キーバインドはWindows風なのでWindowsユーザにもなじみやすい。プラグイン機構によるさまざまな機能拡張が可能であり、R用のプラグインも用意されており、ESSのようにエディタからRコマンドを実行できる。

gedit01.png

特長

  • Rスクリプトのシンタックス強調
  • 自動インデント
  • UTF-8対応
  • 複数の言語のスペルチェック
  • スニペット機能
  • プラグイン機構によるさまざまな機能拡張
  • Rコンソールを表示。異なる複数のRコンソールも表示できる。
  • Rコードを行単位、選択範囲、ブロック単位、ファイル全体で実行できる
  • カスタマイズされたRコードの生成

動作環境

  • GTK2が動作する環境(Windows/MacOSX/Linuxその他)

インストール

  • Windowsユーザは、配布されているWindows用のバイナリをダウンロードしてインストール。さらにrgeditをインストール。
  • MacOSXユーザは、公式サイトにMacOSX用バイナリがあるのでそれをインストールする。MacPorts?ユーザは、geditのportが用意されているので、MacPorts?でインストール。さらにrgeditをインストール。
  • GNOMEを採用しているLinuxでは最初から入っている。ただし、rgeditは追加インストールする必要があるだろう。Ubuntuの場合は、は、gedit-r-pluginパッケージを入れる。GNOME以外のDEやWMを採用しているLinuxディストリビューションでは、それぞれのディストリビューションで用意されているパッケージをインストールする
  • ソースから入れたい人は、gedit-2.30.2.tar.gzからインストール

コメント



添付ファイル: filegedit01.png 828件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google
WWW を検索 OKADAJP.ORG を検索
Last-modified: 2015-03-01 (日) 01:15:59 (1544d)