Rserve で R

 最近利用の例の多い Java から R の機能を利用できる Rserve の利用方法について以下に書いていく予定

入手先

  • サーバ:Rserve: 本体CRAN にあり
  • クライアント:jar

インストール

CRAN より Rserve パッケージをダウンロード・インストール

利用方法

  • Rserve の起動
    • Windows
  1. コマンドラインから以下を実行
    r CMD インストール先ディレクトリ\rserve.exe
  1. R に CRAN のパッケージがインストールされている場合
    [R のインストール先のフォルダー]\bin\rserve.exe
    上の"bin"にパスを通していれば
    rserve
    でOK. 実行後は以下のメッセージが表示される。
    Rserve: Ok, ready to answer queries.
  • クライアントの接続
    Rconnection c = new Rconnection(); //create connection instance
  • バージョンチェック
  • 値の受け渡しがなく実行のみ
    c.voidEval("library(maptools)")
  • 値の受け渡し
    c.oidEval()
  • ベクトルの受け渡し
  • リスト処理
  • 接続を閉じる
    c.close();

JRI との比較


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google
WWW を検索 OKADAJP.ORG を検索
Last-modified: 2015-03-01 (日) 01:15:59 (1721d)