R.rsp(R サーバページ)パッケージ中のオブジェクト一覧

項目説明
FileRspResponseFileRspResponse クラス
HtmlRspLanguageHtmlRspLanguage クラス
HttpDaemonHttpDaemon クラス
HttpDaemonRspResponseHttpDaemonRspResponse クラス
HttpRequestHttpRequest クラス
Non-documented objects非ドキュメントオブジェクト
R.rsp-packageR.rsp パッケージ
RspLanguageRspLanguage クラス
RspPageRspPage クラス
RspResponseRspResponse クラス
appendRootPaths.HttpDaemon既知のルートディレクトリのリストにパスを式追加および挿入
as.character.HttpDaemonHTTP デーモンの簡潔な説明を返す
as.character.HttpRequestHTTP リクエストのの簡潔な説明を返す
browseRsp内部ウェブブラウザを起動し、デフォルトのウェブブラウザで URL を開く
escape.HtmlRspLanguageHTML言語のために文字列を明白にエスケープする
escape.RspLanguage任意の RSP 応答言語のために文字列を明白にエスケープする
flush.FileRspResponseレスポンスバッファのフラッシュ
flush.HttpDaemonRspResponseHttpDaemonRspResponse のレスポンスバッファを HttpDaemon へフラッシュ
flush.RspResponseレスポンスバッファのフラッシュ
getAbsolutePath.FileRspResponseカレントの RSP ファイルに対する絶対パス名を取得する
getAbsolutePath.RspPageカレントの RSP ファイルに対する絶対パス名を取得する
getComment.HtmlRspLanguageHTML 言語のためにコメント文字列を明白に取得する
getComment.RspLanguage任意の RSP 応答言語のためにコメント文字列を明白に取得する
getConfig.HttpDaemonTcl からサーバの’config’構造を見つけ出す
getContentLength.HttpRequestコンテンツの長さの取得
getContentType.HttpRequestリクエストの本体の MIME タイプの取得
getDefaultFilename.HttpDaemonHTTP デーモンがロードしたデフォルトのファイル名の取得
getHttpRequest.HttpDaemonHTTP リクエストの取得
getLanguage.RspLanguage言語文字列の取得
getName.FileRspResponseカレントの RSP ファイルの(ベース)名の取得
getNewline.RspLanguage任意の RSP応答言語のための改行文字列の取得
getOutput.FileRspResponseRSP レスポンスの出力の取得
getParameter.HttpRequestパラメータの取得
getParameters.HttpRequestすべてのパラメータの取得
getPath.FileRspResponseカレントの RSP ファイルのディレクトリパスの取得
getPath.RspPageカレントの RSP ファイルのディレクトリパスの取得
getPort.HttpDaemonHTTP デーモンのソケットポートの取得
getProtocol.HttpRequestこのリクエスト作成に使用したプロトコルの名称とバージョンの取得
getRealPath.HttpRequest任意の URI のファイルシステムパスの取得
getRemoteAddress.HttpRequestリクエストを送ったクライアントの IP アドレスの取得
getRemoteHost.HttpRequestリクエストを送ったクライアントの完全修飾名の取得
getRootPaths.HttpDaemonHTTP デーモンのルートディレクトリ取得
getScheme.HttpRequestこのリクエストを作成するのに用いたスキームの取得
getServerName.HttpRequestリクエストを受信したサーバのホスト名の取得
getServerPort.HttpRequest受信したこのサーバのポート番号の取得
getVerbatim.HtmlRspLanguageHTML 言語のための文字列を明確に逐語的に取得
getVerbatim.RspLanguage任意の RSP 応答言語のための文字列を明確に逐語的に取得
hasParameter.HttpRequestパラメータの有無のチェック
import.RspResponse他の RSP ファイルからの出力のインポート
importRspRSP ファイルのインポート
indexOfNonQuoted二重引用符のついた文字列が内部にない文字列の最初のインデックスを取得
isStarted.HttpDaemonHTTP デーモンの起動の有無のチェック
nbrOfParameters.HttpRequestパラメータ数の取得
openUrl.HttpDaemonHTTP デーモンの開始と特定の URL の立ち上げ
processRsp.HttpDaemonRSP ページの処理
restart.HttpDaemonHTTP デーモンの再スタート
rspToHtmlRSP ファイルを HTML ファイルにコンパイル
setRootPaths.HttpDaemonHTTP デーモンにルートディレクトリのセットを新規に設定
sourceAllRspつ以上の RSP ファイルの処理
sourceRspRSP ファイルを R サーブレットに変換することでこれを処理し、それから与えられる
sourceTcl.HttpDaemonLoads the Tcl source for the HTTP デーモンに対して Tcl ソースを R にロードする
start.HttpDaemonHTTP デーモンを開始する
startHelp.HttpDaemonHTTP デーモンを開始し、ヘルプページを立ち上げる
stop.HttpDaemonHTTP デーモンを停止する
translateRspRSP ファイルを R サーブレットに翻訳
write.FileRspResponseRSP レスポンスを定義済み出力ファイルに書き込む
write.HttpDaemonRspResponseHttpDaemonRspResponse バッファに文字列を書き込む
write.RspResponseRSP レスポンスを定義済み出力ファイルに書き込む
writeResponse.HttpDaemon文字列を HTTP 出力接続に書き込む

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-01 (日) 01:15:59