ArcGIS で R

VBA での利用方法

R(D)COM の ArcGIS 内でのセットアップ

1.R(D)COMのインストール。

2.ArcMap?の起動

3.ArcMap?のVisual Basic Editor の起動

4.「Tools」- 「Refrences」を開く

references.png

5.「References」内の StatConnector? を選ぶ

selstatconn.png

サンプルプログラム1

 1.VBA フォームでボタンを作成し、そこに以下のスクリプトを埋め込む。

Private Sub CommandButton1_Click()
 Dim RLink As StatConnector
 Dim mean As Double
 Dim n As Long
 
 n = 150
 Set RLink = New StatConnector
 RLink.Init ("R")'R の初期化
 RLink.SetSymbol "n", n
 RLink.EvaluateNoReturn ("x <- rnorm(n,5,2)")
 ' mean = RLink.GetSymbol("mean(x)") Incorrect: mean(x) is not a symbol
 RLink.EvaluateNoReturn ("m <- mean(x)")
 mean = RLink.GetSymbol("m")
 RLink.Close
 MsgBox "平均値: " & mean, vbOKOnly, "Powered by R"
End Sub

 2.ボタンを実行する。

サンプルプログラム2

 画像の利用例。

サンプルプログラム3

 コロプレス図

Python からの利用方法

 Python からArcGISとRのそれぞれの機能を呼び出すことができ、両者を組み合わせて、空間回帰などができる。

  • RPyGeo? パッケージ:Python 経由で、R から、ArcGIS の処理を呼び出す
  • Rpy
  • RScript

リンク

 R / Arcgis Repository R(D)COM のStatConnector? とVBAを使った例がある。仕掛け人はあの Bivand先生(6月頃にも来日予定。ユーザ会にも参加?)

利用例

参考


添付ファイル: fileselstatconn.png 1725件 [詳細] filereferences.png 1627件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google
WWW を検索 OKADAJP.ORG を検索
Last-modified: 2015-03-01 (日) 01:15:59 (1727d)