インストールしてみました。

* サンプル
次のように記述すれば(一行で書くこと),

 #mimetex( \Large \eps=\Bigsum_{i=1}^{n-1}\frac1{\Del x}\Bigint_{x_i}^{x_{i+1}}\{\frac1{\Del x}[(x_{i+1}-x)y_i^\star+(x-x_i)y_{i+1}^\star]-f(x)\}^2dx )

#mimetex( \Large \eps=\Bigsum_{i=1}^{n-1}\frac1{\Del x}\Bigint_{x_i}^{x_{i+1}}\{\frac1{\Del x}[(x_{i+1}-x)y_i^\star+(x-x_i)y_{i+1}^\star]-f(x)\}^2dx )

のように記されます.

** 正規分布の密度関数 ???

 #mimetex(\Large f(y) = \frac{1}{\sqrt{2 \pi \sigma}} \exp (- \frac{1}{2 \sigma^{2}} (y - \mu)^{2}) )

と書いて
#mimetex(\Large f(y) = \frac{1}{\sqrt{2 \pi \sigma}} \exp (- \frac{1}{2 \sigma^{2}} (y - \mu)^{2}) )

になってしまいます.一方,http://www.forkosh.com/mimetex.html では exponential が表示されます.

**ろくでもない例たち

 #mimetex(\LARGE f(x) = \frac{1}{\sqrt{2\pi}\sigma} exp \{\frac{-(x-\mu)^2}{2 \sigma^2}\} )
#mimetex(\LARGE f(x) = \frac{1}{\sqrt{2\pi}\sigma} exp \{\frac{-(x-\mu)^2}{2 \sigma^2}\} )

 #mimetex(\Large f(y) = \frac{1}{(2 \pi)^{p/2} |\Sigma|^{1/2}} \exp \{ - \frac{1}{2} (y - \mu)^{T} \Sigma^{-1} (y - \mu) \})
#mimetex(\Large f(y) = \frac{1}{(2 \pi)^{p/2} |\Sigma|^{1/2}} \exp \{ - \frac{1}{2} (y - \mu)^{T} \Sigma^{-1} (y - \mu) \})

 #mimetex( \bar{X} = \frac{X_1+X_2+...+X_n}{n} = \frac{\Bigsum_{i=1}^{n}X_{i}}{n} )
#mimetex( \bar{X} = \frac{X_1+X_2+...+X_n}{n} = \frac{\Bigsum_{i=1}^{n}X_{i}}{n} )

 #mimetex( S = (X_1-\bar{X})^2+(X_2-\bar{X})^2+...+(X_n-\bar{X})^2 = \Bigsum_{i=1}^{n}(X_i-\bar{X})^2 )
#mimetex( S = (X_1-\bar{X})^2+(X_2-\bar{X})^2+...+(X_n-\bar{X})^2 = \Bigsum_{i=1}^{n}(X_i-\bar{X})^2 )

 #mimetex( V = \frac{\Bigsum_{i=1}^{n}(X_i-\bar{X})^2}{n} = \frac{S}{n} )
#mimetex( V = \frac{\Bigsum_{i=1}^{n}(X_i-\bar{X})^2}{n} = \frac{S}{n} )

 #mimetex( U = \frac{\Bigsum_{i=1}^{n}(X_i-\bar{X})^2}{n-1}=\frac{S}{n-1} )
#mimetex( U = \frac{\Bigsum_{i=1}^{n}(X_i-\bar{X})^2}{n-1}=\frac{S}{n-1} )

 #mimetex( r_s = 1- \frac{6 \Bigsum_{i=1}^n d_i^2} {n^3-n} )
#mimetex( r_s = 1- \frac{6 \Bigsum_{i=1}^n d_i^2} {n^3-n} )

 #mimetex( r = \frac{\frac{1}{n-1}\Bigsum_{i=1}^n (X_i-\bar{X})(Y_i-\bar{Y})}{\sqrt{\frac{1}{n-1}\Bigsum_{i=1}^n (X_i-\bar{X})^2}\sqrt{\frac{1}{n-1}\Bigsum_{i=1}^n (Y_i-\bar{Y})^2}} )
#mimetex( r = \frac{\frac{1}{n-1}\Bigsum_{i=1}^n (X_i-\bar{X})(Y_i-\bar{Y})}{\sqrt{\frac{1}{n-1}\Bigsum_{i=1}^n (X_i-\bar{X})^2}\sqrt{\frac{1}{n-1}\Bigsum_{i=1}^n (Y_i-\bar{Y})^2}} )

当然,文章の中に埋め込むこともできる。と思ってやってみるが,難物だ。。。~
 重回帰式は,#mimetex( \hat{y} = a_0+a_1 x_1+...+a_p x_p ) と表せる。ここで #mimetex( x_i ) を #mimetex( x^i ) で置き換えれば,多項式回帰ということになる。~
当然,文章の中に埋め込むこともできる。と思ってやってみるが,難物だ。。。~

重回帰式は,
#mimetex( \hat{y} = a_0+a_1 x_1+...+a_p x_p ) 
と表せる。ここで 
#mimetex( x_i )
を 
#mimetex( x^i )
で置き換えれば,多項式回帰ということになる。~

ということのようにしないとうまくいかない(ソース参照)~

LaTeX との相違点
- \関数名 というのは使えないみたい \sin, \exp なんか
- \sum は LaTeX で言えば,\textstyle。\displaystyle にしたければ,代わりに \Bigsum を使う
- \, とか \スペース というような,微妙な空白挿入はできないみたいだ
- \cdots も使えない
- LaTeX を知っていれば,使うのは容易だろう。要するに #mimetex(数式記述) が $数式記述$ に相当するだけだ
- 品質はお世辞にもいいとはいえない。だが,簡便であるので,利用の局面は多いだろう

* リンク
詳細な整形ルールは,以下を参照して下さい.

- [[mimeTeX user's manual:http://www.forkosh.com/mimetex.html]]
- [[PukiWiki/keyの拡張/mimetex:http://www.sato.kuis.kyoto-u.ac.jp/~key/pukiwiki/index.php?%5B%5BPukiWiki%2Fkey%A4%CE%B3%C8%C4%A5%2Fmimetex%5D%5D]]

----
-素晴しい.導入頂き,ありがとうございました. --  &new{2003-08-29 (金) 01:46:07};
-Safari で編集したら,? が ? に化けちゃって,元のサンプルもむちゃくちゃになりました。なおしましたけど,変なところがあったらすみません。Netscapeだとちゃんとできるみたいです。 -- [[青木繁伸]] &new{2004-07-14 (水) 11:51:32};
-できましたら、もっとサンプル例お願いします。1 --  &new{2004-07-14 (水) 19:09:46};
-やはり日本語チュートリアル欲しいですね --  &new{2004-07-14 (水) 19:41:00};


#comment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google
WWW を検索 OKADAJP.ORG を検索